妊娠後期の過ごし方まとめ【8~10ヶ月】


妊娠後期とは、妊娠28週~39週までのことを言います。
妊娠後期は赤ちゃんの成長がとても早い時期です。
なので、お母さんの体への負担も大きくなります。動機がしたり食欲不振になったりしがちです。
お産へ備えてリラックスしましょう。

妊娠28週~31週

子宮の大きさ・・・24~27センチ
赤ちゃんの身長・・40センチメートル
赤ちゃんの体重・・・1700グラムほど

骨格がほとんど完成してきて、筋肉や神経の働きが活発になってきます。
外の音にも反応するようになり、子宮の中での位置がほぼ決まるのもこの時期です。

妊娠32週~35週

子宮の大きさ・・・27センチ~30センチ
赤ちゃんの身長・・・45センチメートル
赤ちゃんの体重・・・2400グラムほど

皮膚にも張りがでてくるようになり、赤ちゃんらしく体がふっくらしてきます。
爪や髪の毛が伸びてくる。

妊娠36週~39週

子宮の大きさ・・・30センチ~33センチ
赤ちゃんの身長・・・48センチメートル~50センチメートル
赤ちゃんの体重・・・3000グラム~3200グラムほど

いつ生まれても心配ないところまで成長します。
手足の筋肉も更に発達し、内臓機能や神経系の働きも成熟してきます。

妊娠線が現れやすい時期です。クリームなどを使い保護をするとよいでしょう。
子宮がみぞおちくらいまで大きくなるので、胃や心臓、肺が圧迫されて疲れや動機を感じやすくなります。
胸やけも感じることでしょう。しかし、妊娠後期の最後には、子宮が少し下がるので、
胃や心臓への圧迫感が少なくなり、食欲が増してきます。
おしるし、前駆陣痛、破水といったお産のサインがあらわれる時期です。

妊娠後期にやっておくべきこと

急な入院に備え、入院用品の準備をはじめましょう。そして、1ヶ所にまとめておき家族の人にもわかるようにすると慌てなくてすみます。
乳輪・乳頭のお手入れを積極的にすると、産後の母乳育児に役立つことでしょう。
産休も、労働基準法で定められていますので、申請により、出産予定日の前6週間から取得できます。
働いているお母さんは、手続きも勧めましょう。

日常生活上の注意点

体重が増えやすい時期でもあるので、1週刊単位で体重をチェックし、500グラム以上増えるなら気をつけたほうがいいでしょう。
胃や心臓、肺が圧迫されますので、一度にたくさん食べられなくなります。何回かに分けて食べたり、
消化の良いものを食べるのをおすすめします。
また、大きくなった子宮が血管も圧迫し、血流が悪くなる為、息苦しさを感じたり、熟睡できないことが多くなってきます。
そんなときは昼寝などで補うようにしましょう。
朝から顔や手がむくんでいたりすると、妊娠高血圧症候群の心配があるので、妊婦検診を待たずに医療機関へ行ってくださいね。
お腹がさらに大きくなり、足元が見えづらくなってきます。階段や段差には注意し、風呂場の掃除なども無理しないように行いましょう。

セックスの注意点

妊娠後期のセックスは、妊娠初期と同じような注意が必要となってきます。
出産に備えて、お母さんの膣や子宮もやわらかくなっていて、破水なども起こりやすいのです。
妊娠32週から36週は、子宮主祝が起きやすく早産の可能性があるので、控えて方がいいでしょう。
妊娠37週になると大丈夫な時期ではありますが、感染症の予防でコンドームを使用したり挿入は浅めにするのが基本となってきます。
できれば、妊娠32週を過ぎたら、他の方法で二人のスキンシップをとることをおすすめします。
コミュニケーションの方法はいろいろあります。残り少ない2人きりの時間を大切に過ごして下さいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
妊娠後期になると、妊娠期間って意外と短かったなと感じるお母さんも多いのです。
もうすぐ赤ちゃんに会える・・・と思うと、不安や喜びが入り混じりますが、
精神的なストレスを抱え込まないように、わずかなマタニティ生活を楽しみたいものです。
臨月になると動くのがおっくうになったり、不安で家にこもりっきりという話も聞きますが、
お産は思っている以上に体力を使います。しっかりと体力と補うため。そして、気分転換にもなりますので、
出来るだけ体は動かすようにしましょう!
体は疲れやすくなりますので、昼寝を少しでもすると体の疲れが緩和されます。そして夜はよく眠れるようになります。
そういった意味でも散歩はとてもおすすめですよ!

ページ上部へ戻る