妊娠中期の過ごし方まとめ【5ヶ月~7ヶ月】


妊娠初期とは、妊娠16週~27週までのことを言います。
赤ちゃんもお母さんの体も比較的安定する時期になります。一般的に言われる安定期です。
お腹の中で赤ちゃんはお母さんの声が聞き分けられるようになります。

性別が分かる!お腹の中の赤ちゃんのサイズ

妊娠16週~19週

子宮の大きさ・・・15~18cm
赤ちゃんの身長・・25cm
赤ちゃんの体重・・・300gほど

おなかの中で動きが活発になり始めます。
髪の毛、爪なども出来始めます。

妊娠20週~23週

子宮の大きさ・・・18cm~21cm
赤ちゃんの身長・・・30cm
赤ちゃんの体重・・・600gほど

眉毛やまつげなどが生えてきます。
排泄機能が発達してくるので、羊水を飲んでおしっこをします。

妊娠24週~27週

子宮の大きさ・・・21cm~24cm
赤ちゃんの身長・・・35cm
赤ちゃんの体重・・・1000gほど

鼻や耳、口などの目鼻立ちがはっきりし、耳が聞こえるようになります。
味覚の機能も発達するので、甘味や苦味がわかるようにもなってきます。

ママはお腹が膨らみ、胎動を感じ始める

お母さんは、胎動を感じ始めます。胎動は、早い人で妊娠18週ごろ、遅くても妊娠20週頃には感じるようになり、性別が判明するのもこの頃。
腸のあたりが動く感じがあったら胎動ですよ。
おなかが大きくなってきますので、突き出した姿勢になりがちです。
乳腺も発達し始めて、乳房が大きくなり、乳頭の色も変化してきます。
腰や背中が傷んだり、足に軽いむくみなどが出たりもします。

日常生活上の注意点

この時期の食べ過ぎは要注意!

食欲が出てくるようになりますが、食べ過ぎには注意しましょう。
昔からいわれる「赤ちゃんとふたり分」の食事は、カロリーが塩分の過剰摂取にもつながります。

塩分を控えて貧血を予防すること

赤ちゃんの成長の為、妊娠高血圧症候群、貧血予防などの予防にも、塩分は控えて、たんぱく質・カルシウム、鉄分、ビタミン類をバランスよくとりましょう。
塩分を控えることは貧血予防にもつながります。

姿勢が悪くなりがち!お腹への圧迫に注意

お腹が大きくなって、重心が移動しますので姿勢が悪くなりがちです。正しい姿勢は腰痛予防へとつながります。意識してみましょう。
お腹が張ったときは、無理をせずに休みましょう。
寝るときはとこ向きの姿勢や、枕・クッションなどを利用すると、楽な姿勢をたもつことができます。

適度なセックスなら我慢しなくても大丈夫

比較的、お母さんのからだも肉体的・精神的に余裕がでてきて、安定している時期ですが、子宮も大きくなり、腹部も膨らみも目立ってくるころです。
胎動も始りますので、あまり刺激しないようにして腹部への圧迫はなるべく避けましょう。
あと半年で赤ちゃんが生まれてくる。というこの時期は、お父さんとお母さんが仲良くスキンシップすることは、赤ちゃんにとってもよい影響を与えるとも言われているんですよ。
お母さんの体調を最優先に考えて、お互いの気持ちを尊重しあえたら素敵ですね。
妊娠すると気持ちが変わって、セックスに抵抗感を持ったり、消極的になってしまうこともあるでしょう。
そんなときは、一緒にお風呂に入ってスキンシップをとるだけでも、気持ちの繋がりは違うでしょう!

妊娠中期にやっておくべきこと

安定期に入ったら、痛みなどがなくても歯科の検診や治療を受けておくといいでしょう。
受信時は妊娠していることを必ず伝えましょう。
マタニティヨガも始めるにはいい時期です。
ホルモンバランスの変化や不安などによって精神的なバランスを崩してしまう人もいます。
また、むくみ・腰痛などを解消するにも効果的なのです。
実は、安定期に結婚式をあげるお母さんも多いです。
ご自身の体調と相談しつつ、この時期に結婚式ををすることが一番負担がないので、おすすめです。

妊娠中期は心身ともに健康を意識して過ごそう

安定期に入ると、軽度の運動や旅行などもできるようになります。長時間の外出や旅行などは、
妊娠8ヶ月までがおすすめです。
お腹に負担がかからないように注意しながら、趣味や旅行などを楽しみましょう。
そして、散歩やマタニティヨガなどの軽い運動は安産のための体づくりになりますので、
無理しない程度に身体を動かすと良いでしょう
好きな音楽などを聴きながら、ゆったりとした気持ちで過ごすのもリラックス効果があります。
体調にあわせて、赤ちゃんが生まれる前の妊娠生活を楽しみたいですね。

ページ上部へ戻る