早期妊娠検査薬はいつから使える?陽性がでる時期と精度

妊娠しているか調べるための妊娠検査薬。通常より早くわかる早期妊娠検査薬があるのはご存知ですか?今日は通常の妊娠検査薬と早期妊娠検査薬のしくみや違い、陽性判定がわかる時期や精度などを説明したいと思います。検査薬を使うときの参考にしてくださいね。

妊娠検査薬とは

妊娠検査薬とはその名の通り妊娠している可能性があるのかないのかを調べる検査薬のことです。スティック状の検査薬に判定ラインと終了線があるのが一般的で、検査したい人の尿を使って調べます。

どうして妊娠がわかるのか

受精卵が子宮に着床するとHCGというホルモンが排出します。妊娠検査薬は尿に含まれたHCGを検出することで妊娠の可能性を調べるのです。現在の検査薬は正しく使えば99%以上の正確性をもっています。

妊娠検査薬と早期妊娠検査薬の違い

通常の妊娠検査薬は、生理予定日の1週間後から使用できるのに対し、早期妊娠検査薬は生理予定日以降であれば検査ができます。妊娠後、順調にいけば生理予定日でHCGの値は50mlU/mLほどに上昇します。妊娠検査薬は50mlU/mL以上のHCGを検出したとき陽性がでる仕組みになっています。一方、早期妊娠検査薬は25mlU/mLのHCGを検出すると陽性がでる仕組みになっています。これが1週間程度早く検査ができる理由なのです。 早期妊娠検査薬の精度 通常の妊娠検査薬より少ない量のHCGを検出することで早期に妊娠がわかる早期妊娠検査薬ですが、その精度についてはさまざまな諸説があるようです。ネット上においては、生理開始予定日3日前で52%、2日前で70%、1日前で85%とでていることが多いのですが、どのような統計なのか明確ではなく、目安と考えるくらいがよいでしょう。妊娠検査薬は早くに検査するほど精度は低くなります。

妊娠していないのに陽性がでるとき

早期妊娠検査薬、通常の検査薬ともに、検査薬を使う人の環境で間違った結果がでることがあります。

  • 子宮外妊娠の場合
  • 流産・中絶直後
  • HCGを注射した後
  • 糖尿・蛋白尿など尿に不純物質が含まれている場合
  • 閉経時

子宮外妊娠

子宮外に受精卵が着床してしまうことです。陽性がでても子宮での妊娠を確認できません。

流産・中絶直後

流産・中絶直後1週間程度はHCGの数値が下がりきらず陽性反応が出ます。

HCGを注射したあと

不妊治療でHCG注射をした場合は陽性反応がでることがあります。

不純物質

重度の糖尿病を患っている場合など不純物質が尿に混ざっているときに陽性が出ることがあります。

閉経時

閉経を迎えた前後には、HCGと似たホルモンがでるため陽性反応がでることがあります。

陰性が出たのに妊娠していた場合

  • 排卵日がずれた
  • 生理が遅れた
  • フライング検査をした

排卵日がずれた・生理が遅れた

排卵予定日、または生理予定日とはホルモンバランスやストレス、疲れや風邪などの体調変化に大きく影響されます。そういったことで排卵予定日がずれていた場合、また、排卵予定日がずれていることで思っていた生理予定日より遅れた場合は結果的にフライング検査になり陰性とでてしまうことがあります。

フライング検査をした

フライング検査とは、妊娠検査薬で指定されている検査可能日より早く検査をしてしまうことです。正しい日数・方法で検査をすれば99%以上の正確性を持っている妊娠検査薬ですが、使い方を間違えれば正しい結果は得られないことがあります。

早期妊娠検査薬を使うに当たって

早期妊娠検査薬は妊娠を早い段階で知ることができます。妊娠を願う人にとっては妊娠した事実を早く知りたいことでしょう。でも、上記のように正しく使わなければ結果も得られないこともあります。妊娠をしたい気持ちが強いほどその落胆は大きいもの。陽性がでたとしても、妊娠した可能性が高いだけですので、きちんと産婦人科へ行き、自分の目で赤ちゃんを確認するまではおだやかに過ごしている方がよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る