赤ちゃんの便秘をオリゴ糖で解消!量と飲ませ方は?

赤ちゃんの便秘を心配するお母さんへ。オリゴ糖でその心配を解消してみませんか?天然成分100%のオリゴ糖は赤ちゃんの便秘解消に役立つんです。今日は赤ちゃんの便秘解消のサポートをするオリゴ糖についてお話します。

赤ちゃんの便秘っていつから?

赤ちゃんの便秘を疑う症状

  • 3~5日以上うんちがでていない。
  • ミルクやご飯を食べない。
  • ミルクやご飯を食べても吐いてしまう。
  • 原因がわからない状態で機嫌が悪い。
  • お腹がパンパンに張っている。

赤ちゃんもそれぞれですから目安として考えてくださいね。いつもと違うなと気づくと思いますが、一般的にはこのような症状が出たら便秘を疑うとよいでしょう。

赤ちゃんが便秘をする原因

ミルクを飲む新生児期や乳児期の便秘は体が成長していく中で、排便のペースに変化が出ていることが多いとされています。また、離乳食が始まったあとの便秘には、食べ物の量や質(消化しにくいもの)の影響を受けたり、水分不足などが原因になっていることが多いようです。成長の過程で便秘になる要素がでてくるということですね。

便秘の救世主オリゴ糖

オリゴ糖にはビフィズス菌を増やす働きがあります。このビフィズス菌が増えると腸の働きが活発になり、快便になります。この働きを利用して体内から便秘を改善しようというわけです。ガラクトオリゴ糖・フラクトオリゴ糖・乳化オリゴ糖など様々な成分が含まれているオリゴ糖ですが、ガラクトオリゴ糖は母乳にも含まれる成分ですし、乳化オリゴ糖は整腸作用があったりと、安心な成分とよい働きで赤ちゃんのお腹をサポートできます。

オリゴ糖は赤ちゃんに飲ませられる

天然成分100%のオリゴ糖は生後1ヶ月以上の赤ちゃんに飲ませることができます。天然成分100%なので副作用の心配もいりません。では、どのように飲ませるとよいか見てみましょう。

オリゴ糖の飲ませ方

オリゴ糖には粉末タイプとシロップタイプがありますが、シロップタイプはカロリーを抑える効果を重視しているので腸まで届きにくいです。整腸作用を利用したいのであれば粉末タイプを使うようにしましょう。

オリゴ糖を飲ませる方法は次のとおりです。

  • 天然成分100%のオリゴ糖を使う。
  • 最初は1日1回1gからスタート。
  • 1日に3~4g程度を数回にわけて飲ませる。

オリゴ糖は継続して飲ませると効果が長く続きます。気長に飲ませてみるとよいでしょう。水分補給にもなるので、ミルクや白湯に混ぜてのませたり、味がわかってしまうようであればゼリーに混ぜて食べさせたりと工夫するのもよいですね。オリゴ糖には甘みがあるので、甘さを教えたくないという人は少量を数回に分けて飲ませるとよいでしょう。

マッサージもあわせると効果大

オリゴ糖を飲ませるだけではなく、さらにマッサージもするとよいでしょう。軽くお尻に刺激を与えてあげたり、お腹を「の」の字にさすってあげるとより快便効果が得られるでしょう。また、体を冷やさないようたくさん遊んであげるとよいですね。それでもだめな時は病院に行き先生に診てもらいましょうね。

 

排便周期もチェックしてみよう

赤ちゃんの排便周期は日々の急激な成長に伴いめまぐるしく変わります。大まかでいいので排便周期をチェックしてみるとよいでしょう。排便チェックは、紙に書いていくのもいいですが、毎朝、排便用として決まった数のおむつを用意しておき、寝る前に残りの枚数やゴミの数で数えるなんて方法もわかりやすいですね。

 

赤ちゃんの便秘は、原因がわからず機嫌が悪いなどお母さんが心配してしまうのも無理はありません。でも原因が便秘とわかれば、日々の対応で予防・改善ができることが多いものです。オリゴ糖は自然の物から作られた体にやさしい成分なので使いやすいと思います。お守り代わりに使ってみてはどうですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る