妊娠中のイライラは赤ちゃんに悪影響?ママのストレスの影響とは

妊娠中のイライラってお腹の赤ちゃんに影響があるのか気になりませんか?どうして妊娠中ってこんなにイライラするのでしょう。妊娠中のイライラとお腹の赤ちゃんへの影響について解説いたします!

そもそも妊娠中ってイライラしやすいのかな?

妊娠中はいつもよりイライラしやすいと感じる人は多いようですね。妊娠中にイライラしてしまうことにはきちんと原因があるんです。

妊娠初期の主なイライラ原因

  • ホルモンバランスの急激な変化
  • 妊娠したことによる環境の変化
  • 子供を育てていく上での将来的な不安など

妊娠初期には、体の変化やつわりなどの体調不良に加え、休職や退職などお母さんの身辺にも大きな変化が起こります。このことで将来の不安を持つ人も多く、パートナーになかなか気持ちが伝わらないジレンマでイライラしてしまうことも。

妊娠後期のイライラ原因

  • 大きいお腹による体の負担
  • お産の不安
  • お産に向けてのホルモン量の変化

妊娠後期にはお腹の重さによって腰痛が起こったり、睡眠時の体制がとれず眠れなかったりと体にかかる負担は決して軽いものではありません。また、お産に向けての不安から気持ちが乱れやすくもなります。

このようにイライラ期は主に妊娠初期と妊娠後期にくることが多いようです。イライラとしっかり向き合い、上手に付き合っていきましょう。

ストレスが赤ちゃんに与える影響

「ストレスの影響はあるのか?」

お母さんの一番の心配事ですよね。ストレスがたまると血管が収縮し、血圧が上昇します。もちろん胎盤周辺の血管も収縮するわけですから、酸素や栄養分が赤ちゃんに運びにくくなることも考えられます。でも大丈夫!おなかの赤ちゃんを信じてください。一生懸命生きようとしています。そしてお母さんの体はそんな赤ちゃんを必死で守ろうとしています。一般的にストレスの影響を受けて赤ちゃんに何か起こるということはほぼありません。赤ちゃんを心配しすぎてストレスをさらにためこんでしまうことより、ストレスと上手に発散する方法を考えましょう。急がば回れですよ!

ストレスを解消しよう

パートナーと仲良しが一番のストレスフリー

ストレス解消をするには、まずはパートナーとよく話しましょう。「つわりで辛いからイライラしてしまう」「お腹が重くてつらい」など自分の気持ちを伝えましょう。どうしてイライラしているのかがわかればパートナーも受けとめやすいですよね。パートナーとよい関係が築けることが一番のストレス発散になります。

人と会おう

イライラして家に引きこもっていては、イライラは募るばかり。少し無理してでも実家に遊びに行ったり、お友達に会いに行ったりと人に会いましょう。笑顔が笑顔を呼びます。沢山お話をしてスッキリするのもよいでしょう。また、愚痴を聞いてもらうことだってストレス解消になります。先輩ママさんに聞いてもらうと、意外とおもしろ愚痴合戦になるかもしれませんよ。

外に出よう

ブラブラとあてもなく買いものに行くのもよいですね。ドラッグストアーやホームセンターなどじっくり見て回ると素敵なお宝発見することもありますよ!普段通らないコーナーをなんとなく見て回ってはどうでしょう?買い物は無理!今月買い物したくないなんて思ってる時には図書館が最高の場所です。なんとなく行ったときこそ普段見つけられない発見ができるものです。外の空気を吸ってリフレッシュしてみてくださいね。

眠れるときに寝よう

妊娠すると、眠れないことが多々あるものです。昼間でも休める時は休んで体調を整えましょう。

こんな風にストレスを上手に解消してみてくださいね。妊娠期間は長くても10か月。体の辛さはお腹の赤ちゃんが元気に育っている証拠です。そんな風に考えて乗り切ってほしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る