妊娠中におきやすいめまい・ふらつきの原因と対処法

妊娠中に起こりやすいめまいとふらつき。どんな原因があって、どのような危険性があるのか、また、その対策法、予防法について知っておくと安心ですよね。ここでしっかり説明させていただきます!安心してくださいね。

妊娠中のめまい

つわりの1つでもある妊娠中のめまいは、妊娠初期の頃に多くみられます。妊娠によるホルモンバランスの変化が体に大きな影響を与えているからです。また、つわりによる吐き気に伴ってめまいが起こることもあります。

妊娠中のふらつき

妊娠中のふらつきの原因はほとんどが貧血によるものです。妊娠すると、母体から赤ちゃんへ優先的に栄養を運ぶため、お母さんの体が栄養不足になりやすいのです。そんな状態に加えて、母体の鉄分も赤ちゃんに運んでしまい、鉄分不足が原因の貧血を起こしやすくなってしまうのです。

妊娠中のめまいやふらつきによる危険性

めまいやふらつきで一番心配されることは転倒事故です。妊娠中に転倒すれば、お母さんの体はもちろん、打ちどころによってはおなかの赤ちゃんも危険にさらされてしまいます。また、貧血を放っておくとお産のときの出血に耐えられなくなってしまったり、産後の治りにもよい影響は与えません。それほど妊娠中のめまいやふらつきは気をつけなければならないのです。

めまいや立ちくらみのサインを見逃さないで!

めまいやたちくらみには人それぞれではありますが、次のような体からのサインがあります。おかしいなと思ったらすぐに休みましょうね。

  • 足元がふらついたり、立ち上がれない。
  • 視界が暗くなる。目の前がチカチカする。
  • 動悸・息切れが起こる。頭痛や倦怠感がある。
  • 脂汗をかく。
  • しびれたり手足の感覚に違和感がある。

このような症状が起こったときにはあわてず、歩き回ったりすると転倒する危険があるので座り休みましょう。可能ならば一人で過ごさない方がよいかもしれません。めまいやたちくらみは急に意識を失ってしまうこともあります。何かをしている最中だったとしても一度手をとめ安全な場所で症状が落ち着くのを待ちましょう。

めまいやたちくらみが起こったときの対処法

めまいやたちくらみの症状がでたり、そうじゃなくてもおかしいなと思ったときは次の方法で対処しましょう。

  • 横になり体を休める。
  • 同じ姿勢でいたときはストレッチをしたりする。
  • 足元を高くして寝る。
  • 低血糖の時は甘い飲み物を飲む。
  • ミネラル入りの飲み物を飲む。
  • 頻繁に起こるときは病院へ。

やはり、まずは休むことが大切です。そしてミネラル不足は体がだるくなったり、ばてやすくなったりするので意識して取りましょう。麦茶や薄めたスポーツドリンクがおすすめです。お腹が大きく姿勢が定まらないときは、クッションや布団を丸めたりして寄りかかったりするなどして楽な姿勢をみつけるとよいでしょう。

めまいやふらつきがおこらないよう対策しよう

めまいやふらつきについてわかったところで、最後に対策をまとめました。

  • 楽な服装で体をしめつけない。
  • レバーやいわしなど鉄分をとる。
  • 鉄分を吸収しやすくするビタミンCやたんぱく質をとる。
  • コーヒーや緑茶はほどほどにする。
  • 鉄剤をとる。

お腹が大きくなるほど、胃が圧迫されて苦しくなるものです。なるべく体を締め付けずゆったりとした服装で過ごしましょう。暑さ寒さには気をつかい、厚着すぎず、薄着すぎず程度の良い服で血行不良をおにしましょうね。そして、鉄分は意識してとるようにしましょう。コーヒーや緑茶に含まれるカフェインやカテキンは鉄分の吸収を阻害するので嗜む程度がよさそうです。

妊娠中は気を付けることがたくさんあるように思う人もいるかもしれません。でも基本は一緒ですよ。「無理をしない」「よく食べる」「よく寝る」この基本の3つを意識するとよいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る