育児中は要注意!腱鞘炎の治し方と予防法

世のお母さんを悩ます腱鞘炎。腕が痛くても休むことができないお母さんは多いのではないですか?育児中の天敵腱鞘炎の治し方や腱鞘炎にならないための工夫をご紹介します。

腱鞘炎とは?

腱鞘炎とは、腱の周りを覆う腱鞘という部分に起こる炎症のことです。腱鞘炎にならないために、まずは腱鞘炎の症状や原因を見てみましょう。

腱鞘炎の症状は様々

主に手のひら、指、腕などに多く発症します。最初は違和感・凝り・だるさなどの症状で、放っておくと痛みにつながり、最悪の場合日常生活に支障をきたすことがあります。

腱鞘炎になる原因

特定の関節を繰り返し続けて使うことが主な原因です。関節炎などが原因で腱鞘炎になることもあります。

育児と腱鞘炎の関係

育児は本当に手に負担をかけますよね。生まれてすぐから甘えん坊が終わるまでの長い期間子供を抱っこすることは腕や手首に大きな負担をかけます。そのほかにも、お風呂入れて、ミルク飲ませて、おむつ換えてと乳幼児期は休むヒマなんてとてもないのが現実。育児中のお母さんの腱鞘炎は産後すぐが一番多いんですよ。

産後すぐに腱鞘炎になってしまう原因

  • 抱き方に慣れていないため力が入ってしまう。
  • 抱き方に慣れているお母さんは頻繁に片手抱きをしてしまう。
  • 産後すぐの体はホルモンの影響で炎症がおきやすい。

特に、初めて出産をしたお母さんは日々何かを持ち続けることがなかったため、赤ちゃんをあやしたり、寝かせたりと無理をして抱き続けることのダメージが大きいようです。2人目・3人目のお母さんになると、逆に片手で赤ちゃんを抱きながらスマホをみたり、料理をしたりなんてことが負担になって腱鞘炎になってしまうことも少なくありません。育児において腱鞘炎はなりやすいことが多いということです。

腱鞘炎になったとき、腱鞘炎の疑いがあるときの対処法は?

腕や手首など、違和感を感じたときや痛みが出たときは次の方法で早めに対処しましょう。

  • アイシングして痛みを和らげる。
  • 痛みが和らいだら温めながら炎症部分の周りをマッサージする。(炎症部分の直接マッサージはNG)
  • 痛みや違和感がおさまらないときは病院へ。

腱鞘炎は冷やすことで痛みを和らげ、温めてマッサージをすることで血行をよくし凝りをほぐしたりできます。でも、それは症状が軽い時の対処法です。痛みが続いたり、何度も痛くなるときはすぐに病院へ行きましょうね。我慢は禁物ですよ!

腱鞘炎にならないように工夫しよう

腱鞘炎は簡単には治らず長引く傾向にあります。できれば腱鞘炎にならないように工夫することが大事です。

抱っこひもを上手に活用

長時間抱かなければいけないお出かけのときや、寝かしつけの時などは抱っこひも・おんぶひもを活用しましょう。ただし、抱っこひもも長時間継続的に使うと肩や背中の凝りにつながるので気をつけましょう。

ベビーカーやラックを活用

外出時はベビーカー、室内ではラックを活用するのもいいですね。機嫌のいいときはそばにいて話しかけてあげたり、遊んであげたりするとベビーカーやラックの上でも満足してくれることがありますよね。

クッションを活用

授乳時や抱っこひもを使っている時でも使えるのがクッションです。腕の負担が軽くなるよう肘の下や支えにしているとこにクッションを挟むだけでずいぶん楽になるものです。

遊び方も工夫してみよう

小さいうちは歩けないし立てないしで抱っこすることが多いけれど、そんな時は布団遊びもいいでしょう。いっしょに転がって寝ながらギュっと抱きしめてあげてくださいね。

寝かしつけもチャレンジしてみて!

抱っこして寝かせるのもいいけれど、機嫌が良ければ添い寝で寝かしつけてみてもいいかも。最後は抱っこになるかもしれないけれど、添い寝でクールダウンしている分抱いたらすぐに寝てしまうこともあるかもしれませんよ。

お母さんは元気が一番!

一生懸命育児をするお母さん。かわいいわが子の笑顔を見たくて無理していませんか?赤ちゃんが本当にお母さんを必要としたときにお母さんが元気でいられるよう、つらい時は休むこともお母さんの大切なお仕事です。
頑張りすぎず、楽しい子育てをしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る