妊活で人気のマカは夫婦一緒に飲めるって本当?

マカってご存知ですか?マカは夫婦が仲良くするときのアシスタントとしての役割を果たせるとっても頼もしい薬用ハーブなんです。では、さっそくマカについてみてみましょう。

マカとは

マカは南米のペルーで育つ植物です。根っこの部分は薬用ハーブとして使います。マカそのものをペルーから持ち出すことが禁止されているほど、マカはペルーで貴重なものとされているのです。

マカの効果

マカは「天然の精力剤」と呼ばれ、夫婦生活を豊かにするための効果がたくさんあります。マカのさまざまな働きをまとめました!

血流をよくする

血流がよくなることで代謝が上がり、仕事や運動、そして夜の生活も元気に活動することができます。妊活には体が元気いっぱいであることが大切です。

16種類のアミノ酸の働き

マカには16種類のアミノ酸が含まれています。アミノ酸とは体内では生成されない成分で、免疫力をつけたり、体力の向上など体の調子を整えてくれます。マカに含まれるアミノ酸の働きで健康維持はもちろんのこと、老化予防にも効果があります。さらに老化予防の効果があるということは、体内環境を若く維持するということで、妊活に必要な体の中から元気であることを実現してしまうのです。実は、美肌効果に加え生活習慣病の予防や改善にもなるのですよ。

成長ホルモンの向上

10台でピークを迎える成長ホルモンは30代では著しく低下していきます。成長ホルモンが低下するということは老化が進むことにつながります。そんな成長ホルモンを活発にする働きもマカには含まれています。

精力増強へのサポート

マカに含まれる亜鉛やアルギニンは精子の量をふやしたり、精子を活発させ、さらに勃起に必要な成分の生成を助けます。また、アルカロイド、デキストリンなど、男性ホルモンを活性化させる成分もマカには含まれているのです。多方面から男性の体のサポートをするマカは妊活時には強い味方となるでしょう。

妊娠しやすい体づくりにも

男性だけではありません。マカに含まれるリジンは受胎する能力をあげる効果があります。血流をよくする効果も合わせて妊娠しやすい体を作るときに役立ちますね。さらにマカには女性ホルモンの分泌を落ち着かせる効果があります。これにより、生理の周期も整います。生理の周期が整うことで妊娠しやすいタイミングを測りやすくなりますよね。こういうふうに女性にとっても役立つ働きを持っているのがマカなのです。

マカの飲み方

さて、マカの主な働きや効果がわかったところで、次は飲み方です。マカは基本的にいつ飲んでも大丈夫ですが、効果が最大限に発揮する飲むタイミングを知っていると、より妊活での役に立ちますね。

マカの効果を引き出す飲み方

  • 1日の摂取量を守る。
  • 常温の水で飲む。
  • 男性用のマカドリンクは性行為の1時間~1時間半くらい前に飲むとよい。
  • 筋肉増強目的・美肌目的の服用は運動前30分、運動後30分あたりで飲むとよい。

マカはお茶に含まれるカテキンやコーヒーに含まれるカフェインで効果が薄れる場合があります。そのためお水で飲むのが一番効果的といえるでしょう。そして、使用目的に合わせて飲む時間を変えてあげるとよいでしょう。

マカの役割

マカは「天然の精力剤」と呼ばれていますが、それはただ単に興奮させるものではありません。男性の体を内側から整え活発な精子を作り出すサポートをし、また、女性の体も内側から整え妊娠しやすい子宮づくりをサポートをする妊活をしている人の体づくりをするのです。血流をよくする効果など、自律神経のバランスを整え、体も心も穏やかにする力も持ち合わせていますので、妊活しているカップルにおすすめのハーブです。お守り代わりに試してみてはいかがですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る