妊娠すると痔になりやすい?痔の治し方と予防策

多くの女性が悩んでいる不快な痔の症状。痔について知ることにより妊娠中はもちろん産後も痔にならないよう予防することができます。人には相談しにくい痔の症状や原因、予防策について解説します。

痔ってどんな病気?

痔には大きく分けて3種類あります。

  1. いぼ痔~直腸にできる内痔核と肛門付近の皮膚にできる外痔核。
  2. 切れ痔~排便時に肛門が切れる。
  3. その他の痔

今回は女性にもともと多く、妊娠するとよりなりやすい「いぼ痔」と「切れ痔」の症状と対策についてまとめてみます。

なぜ痔になるのか

痔を自覚している妊婦さんは全体の50パーセント、自覚していない妊婦さんもあわせると、なんと妊娠している人の80パーセントもの人がかかっている痔。妊娠中はなぜ痔になりやすいのか。痔になる主な原因は次のとおりです。

  • 胎児の成長に伴い子宮が大きくなる→肛門や直腸を圧迫することで血行不良に→うっ血する→痔
  • ホルモンバランスの変化により腸の動きが鈍くなる→便が硬くなる→痔
  • 妊娠していることもあり、運動不足になることで直腸周辺の血行不良が起こる→うっ血する→痔
  • 妊娠前からもっていた痔が悪化する。
  • 便秘や下痢などの排便異常。
  • 冷えからくる血行不良。
  • 排便時に力みすぎる。

 

痔にならないための対策を考えよう

痔になる原因とされるものは「妊娠中の体調変化」「便秘」「運動不足」からくる血行不良による排便異常やストレスなど様々な原因と症状がからみあって起こっているということがわかりますね。主な原因がわかったところで、今度は妊娠中や産後に向けて痔にならないようにする対策をまとめてみました。

<便秘をしない>

  • 体を冷やさない。
  • 食生活を見直し、水分や食物繊維を意識してとる(便をやわらかくして排便しやすくする)。
  • 時間がないときでもトイレを我慢しない。
  • 規則的な排便習慣をつける。
  • ヨーグルトなどでビフィズス菌を積極的に取り込む(腸の働きを活発にする)。
  • 刺激物をとりすぎない(排便異常の原因)。
  • 排便時に力みすぎない。

<血行をよくする>

  • 長時間立ったり座ったりしない(うっ血の元)。
  • ぬるま湯にじっくり浸かって体を温める。
  • カイロや腹巻などで下半身を温める。
  • 肛門にシャワーをあて肛門周辺の血行をよくする(うっ血対策)。
  • 夏場だとエアコン対策などをして体をひやさないようにする。

<ストレスをためない>

  • 朝日を浴び、1日1回は外に出るようにする。
  • 前向きで明るい気持ちをもつようにする。
  • パートナーと仲良くする。
  • ウォーキングやスイミングなど適度なスポーツで体を動かす。
  • 趣味をみつけ楽しむ。
  • 生活のリズムを整える。
  • 睡眠をしっかりとる。

それでも痔になってしまったときは

いくら対策をとって実行していても、もともとの体質や妊娠したことによる体質の変化で痔になってしまうこともあります。

そんなときは早めに産婦人科へ行くのがよいでしょう。ひどくなる前に受診することが大切になってきます。

<痔になった時、なりそうなときのサイン>

  • 排便時に出血する。
  • 排便のときに痛みを感じる。
  • 肛門の周りにいぼのような塊がある。
  • 排便で力んだときに肛門からいぼのようなものがでて違和感がある。
  • 排便をしたあとも残便感がある。
  • 肛門周辺に違和感や痛みがある。

このような症状が出たら早めに産婦人科を受診しましょう。早いうちであれば軟膏や漢方で対処出来ることが多いです。悪化してしまうと外科的手術になる場合もあるので、薬で治るうちに治したほうが体への負担が少なくてすみますよね。

妊娠したときだけではなく多くの女性を悩ます痔の症状ですが、デリケートな部分の不快感であるがゆえに我慢し悪化してしまう人も多いようです。でも、早めに受診し治療することで早期回復が見込まれます。不安なことがあれば早いうちに産婦人科で受診しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る