妊娠する確率ってどのくらい?時期別の確率をチェック

近い将来妊娠をしたいと考えている方、今はまだ妊娠をしないと避妊を考える方にも参考にしてもらいたい《妊娠する確率》。様々な状況と環境によっての妊娠する確率と妊娠しやすい環境をまとめてみました。婚活のとき・避妊のときの参考にしてみてください。

妊娠する確率を知ろう

<排卵日の自然妊娠する確率>

健康な若い男性と女性が排卵日に避妊をせず性行為をしたとき、妊娠をする確率はおよそ20~25%といわれています。

<年齢ごとに変わる自然妊娠する確率>

年齢ごとにみた自然妊娠をする確率は次のようになっています。

  1. 25~30代前半  およそ25~30%
  2. 30代後半    およそ18%
  3. 40代前半    およそ5%
  4. 40代後半    およそ1%

たとえ体が健康であっても年齢が増すと妊娠しにくい状態になっていきます。また、高齢になるほど染色体異常の発生する確率・流産を発生する確率が増えていくこともデータ上確認できています。

<避妊をしても妊娠することがある!避妊しているときの妊娠する確率>

避妊をしているから絶対妊娠をしないとはいえません。正しい避妊をしているから絶対大丈夫とはいえない避妊時のセックスによる妊娠の確率を見てみましょう。

  1. 膣外射精(外だし)を1年間したとき     およそ4~18%
  2. コンドームを正しく使っているとき      およそ2~3%
  3. コンドームを間違った使い方をしているとき  およそ12~15%
  4. ピルを1年間使用したとき           およそ0.1%

妊娠しやすい体ってどんな状態?

一般的な妊娠の確率がわかったところで、どのようなことをするとさらに妊娠しやすくなるか「妊娠しやすい体作り」は次のようになっています。

<妊娠しやすい年齢>

妊娠しやすい年齢は20代です。「今は仕事が大事」と後回しにせず、可能であるならこの年代で妊活に取り組むとよいでしょう。

<婦人科系の病気はしっかり治療しましょう>

子宮や卵巣に病気があっては妊娠の確率は下がってしまいます。症状の有無に関わらずしっかり治療して体調を整えましょう。妊娠を望んでいる場合にはブライダルチェックがおすすめです。

<体型を見直そう>

極端にやせすぎていたり、太りすぎていたりすると排卵や月経が不順になって妊娠しにくくなります。もし妊娠してもその後の妊婦生活も疲れやすくなってしまったりお産のときに辛い状態にもなりかねません。健康的な生活環境で元気な体をつくりましょう。

<嗜好品もほどほどに>

喫煙には血管を縮めたり、体温を下げてしまう効果があるため喫煙している人より喫煙していない人の方がが妊娠しやすいと言えます。これも妊娠したときによい影響を与えるものではないので妊娠を考えたらその機会に見直してみるとよいでしょう。

<ストレス発散方法をみつけよう>

ストレスは妊娠においてかなり影響を受けるものです。ストレスをゼロにとは難しいですが、運動や趣味などストレスの発散方法を見つけてストレスと上手に付き合えるほうがよいでしょう。気持ちを明るく持てると生活も楽しくなります。

<体を温めよう>

妊活でも妊娠中でも大切なことですが季節に関わらず体を冷やさないようにしましょう。体温が下がってしまうと排卵日での性行為でも妊娠する確率が下がるといわれています。適度な運動やお風呂、さらには食事を見直し体の中から温めましょうね。

排卵日を確認しよう

妊娠したいときや避妊をしたいときにも重要となってくる排卵日。排卵日は生理が終わってからおよそ14日目前後にあたります。妊娠しやすい時期は排卵日前後の5日間ほどです。さらに排卵日前後の2日間は最も妊娠しやすいとされている「危険日」です。しかし、女性の体はそう簡単なものではありません。疲れやストレスなどの環境により周期が乱れることも多いです。排卵日をより正確に割り出すためには毎日基礎体温をつけ正確な生理の周期をだすことが大切となってきます。

妊娠を望む方にも避妊をしたい方にも知っていてもらいたい妊娠する確率ですが、まずは体調を整え、規則的な生理のもと計算して排卵日をみつけましょう。参考にしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る