将来の赤ちゃんのためのブライダルチェック

ブライダルチェックって何?

ブライダルチェックとは、将来の妊娠・出産にむけて「妊娠しにくい要素がないか」を事前に検査することです。
結婚を控えた方だけでなく、未婚者・既婚者・男女問わず検査が受けられます。

どんな検査をするの?

女性のブライダルチェックの検査方法はおおまかに次の5種類です。

【問診】
過去の病気の有無・月経周期・生活習慣・行動パターンなどを医師と向かい合って話します。

【内診】
膣内の様子・おりものの状態を調べるために診察台に上がり視診したり綿棒などで径膣の細胞を採取したりします。

【血液検査】
性感染(HIV、クラミジア、カンジダ、梅毒)の有無・風疹抗体の有無・肝炎ウイルス(B型、C型)の有無・血液型の確認をします。

【超音波】
子宮筋腫・内膜症にかかっていないか、また子宮・卵巣の発育状態をみるためにエコーをつかって検査をします。

【尿検査】
腎臓病、糖尿病にかかっていないか検査をします。

男性のブライダルチェックはどんな検査をするの?

男性のブライダルチェックの検査方法はおおまかに次の4種類です。

【問診】
過去の病気の有無・月経周期・生活習慣・行動パターンなどを医師と向かい合って話します。

【血液検査】
性感染(HIV、クラミジア、カンジダ、梅毒)の有無・精子をつくるためのホルモンの値を調べます。

【超音波検査】
前立腺がん・精巣の検査をします。

【精液検査】
精子を採取して、精子の数、運動量、正常形態率を数値や視診で調べます。

ブライダルチェックを行う病院探し

いざ検査をしようと思ってもブライダルチェックをしてもらう病院を探すのは簡単なことではありませんよね。
ブライダルチェックをしてもらう病院探しのポイントをまとめてみました。

【なんと言っても口コミが大事!先輩ママさんに聞いてみよう!】

妊娠・出産を見据えてブライダルチェックをする方はお産までお世話になれる病院を探すのもよいでしょう。親戚や友人、職場にいるママさんに評判のよい病院を聞いてみましょう。
産婦人科は性質上、女性のメンタル面にも配慮されているほうが安心だと思います。実際に利用したことのある人のお話はパンフレットにも載っていない情報が得られます。
また、知り合いにママさんがいない方は、インターネットの口コミを参考にしましょう。

【不妊治療専門病院を探すのもよいでしょう】

特に晩婚の方で、早期の妊娠を希望されている方や、妊娠・出産を考えていなくても婦人科系の病気にかかったことがあるなど不安があるときには不妊治療専門病院を探してみましょう。
普通の婦人科より一歩踏み込んだ治療や指導が期待できます。
ただ、近年は不妊治療を受ける方も増えているので、早めに予約をするとよいでしょう。1~2ヶ月待ちなんてこともよくありますからね。

【通いやすい距離の病院を探すのも大切なことです】

妊娠時にお世話になるときはもちろん急な婦人科系のトラブルなど治療が必要と判断されたときに通いやすい距離の病院をみつけておくことが大切です。
どんなに評判がよくても何時間もかけて通い、何時間も待つなんて大変ですよね。

【利益優先の悪徳クリニックに注意しましょう】
これはまさに口コミしか頼れないのが現状ですが、事前に検査内容や検査費用をしっかり確認することで悪徳クリニックにかかってしまうリスクはへらせると思います。
しっかり情報を収集して自分に合った安心して通える病院をみつけましょうね。

ブライダルチェックを行うメリット

事前に検査を受け、自分の体を知ることで安心感が得られると評判で、検査を受けた方のほぼ100%の方が「受けてよかった」という声が多いブライダルチェック。
異常があった場合でも早期に治療をすることにより完治が期待されます。
健康な生活を考えるよいきっかけとなるだけではなく、事前に自分の体の状態を知り不調があっても妊活前に治療し体調を整えることで安心して妊活にむかっていけるでしょう。
これから妊娠・出産を考えている方だけでなく自分の体を見つめなおしたい方などにはお勧めのブライダルチェック。
ブライダルチェックを受けようかと考えているみなさんの参考になればうれしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る