あなたは育児ノイローゼになっていませんか? 症状と対処方を確認

楽しいはずだった育児が、いつの間にか、いつも笑って子供に接することができなかったり、イライラしてばかりだったりしませんか?
育児ノイローゼは、子供を生んだお母さんは誰しも陥る可能性のあるものなのです。そこで、育児ノイローゼについて調べてみました。子供にとってもお母さんにとっても早めのシグナルに気づくことが大切です。

体の調子が悪いと思ったら、それは育児ノイローゼかも

自分が感じている体の不調・・・もしかしたらそれは育児ノイローゼかもしれません。ホルモンバランスもとても関係が深く、妊娠中のホルモンバランスの変化、そして出産後もホルモンバランスは崩しやすく、心身面に大きく影響しているのです。
こんな症状はありませんか?
・常にイライラしている、人にあたってしまう
・子育て、家事などやらなければならないのに出来ない
・過食、食欲の低下、食べ物が美味しく感じない
・不眠
・楽しんだりといった気持ちが出ず無感情である
・訳もなく涙が出てくる
・孤独感を感じてしまう
こういった症状が当てはまったら育児ノイローゼかもしれません。生まれたばかりは、頻回な授乳や抱っこやオムツ換えなど常にお世話で、自分の時間などはほとんどありませんよね。毎日頑張っていたらいつしか育児ノイローゼになっていることも少なくありません。
こういった症状を自分で気づくことも大切ですが、周りも気づかずに悪化してしまうと、入院をしてしまうケースもあり、子供を虐待してしまうという最悪の事態に陥ってしまうこともあるのです。

育児ノイローゼになってしまう原因

では、育児ノイローゼの原因はどんな事が当てはまるのでしょうか?
〇ホルモンバランスの変化によるもの
女性の体というのは、妊娠中からホルモンバランスが変化しています。出産すると、その変化が元に戻ろうと働きかけます。しかし、お母さんが子供と一緒に生活を始めた時から、不眠不休の状態で赤ちゃんのお世話をしています。すると当然ストレスなどもかかりますから、ホルモンバランスは乱れていく一方なのです。精神的なことから自律神経の乱れや、肌荒れ、乱れることによる生理不順など体の症状なども出てきてしまいます。
〇核家族化による育児
最近は、「核家族」という言葉もだいぶ浸透してきましたよね。こういった環境の中で、育児を頑張るお母さんも最近は増えてきています。毎日、家の中で赤ちゃんと二人でいると、寂しさもありますし、困った時、ちょっと相談したいなと思った時に頼る相手がいません。また、様々な事情から身寄りのいない土地で生活している人もいますよね。そうすると、どんどん一人で抱え込んでしまうことになるのです。
〇お父さんからの協力が得られない
仕事をして疲れて帰ってくると、お父さんも頑張って育児に参加したくてもうまく出来ないこともあります。そうするとお母さんは一人で育児をすることになりますよね。日中大変なことがあっても、なかなか理解してもらう事ができない。話をしても聞いてもらえない。こういったささいな出来事がさらに悪化させてしまうのです。
〇責任感が強すぎる
一人目の育児などだと、お母さんも頑張らなきゃ!と思う人もいるかも思います。また、悩みに直面した時にうまく解決できなかったりすると、どうして?と自分を責めがちになります。理想通りにいかないのが子育てです。完璧にしようと責任感が強いと陥る事も多いのです。

育児ノイローゼから解放される対処法

では、どのように対処していったらいいのでしょうか?
・頑張りすぎはダメ!
ほどよく手抜きしてもいいんです!赤ちゃんがいなくても家事は大変ですよね。そんな中に育児も増えたのですから大変なのは当たりまえです。
食事などもたまには買ってきてもらったりして手抜きしてみましょう。
・どんどん周りに頼りましょう
周りに頼る人がいない人も、例えば住んでいる市区町村の電話相談に相談してみたり、少し大きくなったら保育園などの一時保育もいいと思います。身内が近くにいる人は、少しだけお世話を見ていてもらうだけでも少し気持ちが楽になりませんか?周りに頼っていいのです。
児童館なども、いきずらいといった印象が最初はあるかもしれませんが、スタッフは子育ての先輩だったりしますので、顔を出してみるのもおすすめです。
・一人の時間を作るのも◎
毎日、赤ちゃんと二人っきりの時間というのがつらくなってきたという場合は、お父さんなどに休日に少しだけ赤ちゃんを見ててもらって、一人の時間を作ることも良いです。息抜きをすると、少し気持ちにゆとりを持つこともできるようになります。リラックスすることでストレス発散へも繋がることでしょう。

最後に

いかがでしたか?子育ては想像以上に大変なことも多く、お母さんはいつも頑張っています。それだけに育児ノイローゼというのは誰しも陥りやすいものなのです。周りの人が少しだけ気にかけてあげることで、お母さんの気持ちはぐっと楽になるのです。また、お母さんも一人では決して抱え込まずに、周りを頼ってもいいのです。そうすることで、また笑顔で子供に接することができるでしょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る