妊活に年齢制限がある?高齢出産について

妊活をしたいなと思って、ふと自分の年齢を考えて、これって遅かったのかな?と思ったり、妊活をする年齢って実は気になるものです。
近年は、結婚自体も晩婚傾向にあり、妊活を始める年齢も上がりつつあります。今回は、妊活そして高齢出産について詳しく調べてみました。
妊活にも年齢制限はあるのでしょうか?

何才からの出産が高齢出産と呼ばれるの?

現代社会では、晩婚化も関係し、年々出産する平均年齢も上がってきています。5人に1人が高齢出産であるとも言われているのです。一昔前では、20代に出産することが当たり前の時代でしたが、今は30代で初めての出産などはよく見かけられるようになりました。
では、いったい何才からの出産が高齢出産と呼ばれるのでしょうか?
これは、初めての出産か、二度目以降の出産かでも若干年齢が変わってきます。
・初産婦は35才
・経産婦は40才
これが、高齢出産と呼ばれるボーダーラインです。
なぜ違うのかというと、経産婦は、出産経験があることで子宮や産道が柔らかく、出産時間も短い傾向があります。反して初産婦は、赤ちゃんがなかなか下りてこなくて難産になって体力の消耗が激しかったりするのです。こういった事から、高齢出産と呼ばれる年齢も若干の違いがありますが、やはり30代後半になるとどちらの場合も高齢出産という認識を持つことは大切なのかもしれません。

年齢にともなう体の変化と妊娠率

では、年齢に対しての妊娠率はどうなのでしょうか?女性の体は、年齢を重ねると共に、妊娠はしにくくなります。
一生に作られる卵子というのは、産まれた時から決まっているとも言われています。
妊娠する確率の高い日に、夫婦生活を行った場合の妊娠率は、
25才~30代前半・・・25%~30%
30代後半・・・18%
40代前半・・・5%
40代後半・・・1%
と言われています。年齢と共に、妊娠率の低下がおわかりになることでしょう。30代後半になると、大幅な低下が見えますね。
妊娠することも、簡単そうに見えますが、実はそうではないのです。妊娠の奇跡を感じることでしょう。

高齢出産のリスクや危険性?

妊娠率がやはり下がっても、高齢出産と言われる年齢で妊娠ができない訳ではありません。
しかし、どうしても高齢出産にはリスクや危険性がついてまわります。妊娠率の低下はもちろん避けては通れません。その他にも妊娠中の、妊娠高血圧症候群なども発症しやすくなります。また発症すると合併症が起こってしまったり重症化してしまい入院などといった事もあります。
他には
・ダウン症や先天性の障害や先天性疾患
・流産、早産
などの、リスクも高まります。
もちろん高齢出産には、経済的なゆとりがある状態で出産できたり、精神的余裕のある子育てができるなどのメリットもありますが、高齢出産には、危険性もあることも十分に理解しなくてはなりません。また、体への負担も大きいのです。

妊娠が可能な年齢は何才まで?

では、何歳までは妊娠が可能なのでしょうか?自然妊娠は先ほどもお話しました様に若い年代でも確率で言えば、とても低かったと思います。女性は、月経がある限り妊娠はできます。50才などで妊娠、出産した例もあります。しかし、何才までということを言うのならば、初めての出産の場合は、35才までの出産がまずは目標と言えるでしょう。ですので、妊活を行っている人は、年齢を逆算して計画的に進めることがとても大切です。

最後に

高齢出産は、最近では当たり前の様に感じますが、妊娠率の低下や高齢出産のリスクを考えると、妊娠を望んでいる人は、妊活の時期というのをじっくり考える必要がありますよね!
そして、妊娠は誰でもできるものと思ってしまいがちですが、そうではなく妊娠率が低いこともおわかりになって頂けたと思います。高齢出産も様々なリスクも伴いますので、妊活ではしっかりと計画を立てたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る