入院中だけじゃなく家でも便利!マタニティパジャマで快適に

よく、出産する際に参考にするママも多い、出産準備リスト。これを見ると、入院時に用意するパジャマは数枚と記載してあると思います。
マタニティパジャマは、準備するママとしないママと意見が分かれることもあります。そんなマタニティパジャマも、実は入院中だけでなく長い目で見ても、非常に役立つアイテムなのです。今回はそんなマタニティパジャマについて調べてみました。

マタニティパジャマって必要なの?

そもそもマタニティパジャマというのは必要なのでしょうか?家だと、大きいパジャマや旦那さんのものを着ていたりしてもぜんぜん困らなかったという人もいたかもしれません。しかし、いざ出産すると、病院では、一日中パジャマで過ごすことになります。ずっと着ているのなら、やはり着心地が良くて、快適に過ごせるものが良いと思います。
そんな機能性が完備されているのがマタニティパジャマです。入院中は、出産したばかりだと悪露や授乳中などで何かと汚れてしまったり、暑い季節だとお世話するだけで汗をかくものです。入院中は、こうした理由からも2着以上用意しておくと便利なのです。
そして、一番は妊婦さんが着やすい、使いやすいこと!これを一番に考えているのがマタニティパジャマです。授乳は生まれたばかりは一日中している事も多いので、授乳口がついていたり、丈を長くすることで、妊娠中や出産時にとても着やすいということ。こういった妊娠・出産に特化した機能を備えているのがマタニティパジャマです!

マタニティパジャマの特徴

では、具体的にはどんな特徴があるのでしょうか?
・普通の作りに比べてゆったりとしている。
お腹が大きいときにも着られることも考えて作られているので、ゆったりとしていて産後も授乳などで上半身を動かしてもきつくないのです。出産間近の大きいお腹の時期も着ることができます。
・授乳口がついている
これは一番の大きな特徴といってもいいでしょう!産後は、授乳を頻回に行います。授乳口がついているとサッと赤ちゃんに授乳することもできますし、
寒い冬なども、快適です。パーカーなどでも、もちろん授乳はできますが、どうしても胸まわりにファスナーなど余計なものが邪魔になってしまうのです。
・ウエスト調節がついている
妊娠中は臨月時はかなりお腹も大きいので、こういった機能があるのはとても便利です。
産後は、赤ちゃんが産まれてお腹が少し凹んだといっても、やはり妊娠前のようにはいきません。また、帝王切開などで出産した場合は傷口をきつくしめつけてしまうことにもなりますから、ウエスト調節がついていると、その時のちょうど良い大きさでズボンを履くことができます。
・前開きのデザインが多い
これは、出産後に何かと診察などを受けたりするときに前開きである方が便利であるからです。また、マタニティパジャマはズボンがセットになっているものが最近は主流です。夏などであれば、ズボンなしで1枚で着用でき、とても便利です。
前開きに合わせて、丈が長めであるのも特徴です。

選ぶ時にチェックするポイントは?

では、購入時の選ぶポイントとはどんなことなのでしょうか?
・素材は優しいものを選ぶ
常に赤ちゃんが触れるものと同じになりますので、やはり綿素材のものが安心できるでしょう。着心地も良いですし、病院内は、空調管理されていて冬でも暖房がしっかり効いていたりもします、綿素材などの肌さわりや通気性の良いものをおすすめします。
・授乳口がついているかどうか?
一番のポイントです。しっかり確認しましょう。授乳がしやすいことは産後の負担を少なくします。
・サイズもしっかり確認
出産間近の頃はかなりお腹も大きいので、そんな時期もゆったりと着れるものが良いでしょう。ズボンもウエスト調節機能があるものを選びましょう。

マタニティパジャマの丈も長いものが最近は主流です。産後も家でゆったりとルームウェアとしても着用できますので、長い目で使えるものを選ぶことも賢い選び方です。

最後に

マタニティパジャマは、普通のパジャマとは違って、妊娠中、出産時の機能性を重視して作られています。入院中は特に重宝することでしょう!
入院中に使用したいときは、前開きを選ぶととても着やすいです。授乳口付きであるかどうかも、いざその場面になった時に、あって良かった!と思うことでしょう。
とても可愛いデザインのものも多くありますので、出産を経た後もルームウェアとして使い回しできるものを選ぶのも、良い選び方となることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る