内祝いには何を送る?時期はいつ?出産内祝いのマナー

我が子の誕生はもちろんのことですが、まわりのお友達や親戚など、赤ちゃんが誕生するというのは、話を聞くだけでもなんだか嬉しい出来事ですよね。
そこで、今回は、自分がお祝いを頂いた場合に、ありがとうの気持ちを届ける「内祝い」。知らないと今後のお付き合いにも影響してしまうかもしれません。出産内祝いのマナーについてまとめてみました。

出産内祝いの相場は決まっている?

いざ、品物を選ぶ時に、一番のポイントは値段ではないでしょうか?出産内祝いの相場というのは、基本は「半返し」です。
頂いたものも、実際にどのくらいの金額かわからないなんてこともありますので、相場を考えながら、心を込めて選ぶことが大切です。高価なものを頂いたときには、半返しをするととても値段があがってしまうこともあるかと思いますので、そんな時は、3分の1でも大丈夫です。
これとは逆に、失礼がないようにと高価なものを送ったり、ほんの気持ち程度で、3分の1以下にすると相手に不愉快な思いをさせてしまうこともあるので、気をつけましょう。

タイミングはいつ頃がベスト?

では、いつごろ送ったら良いのでしょうか?タイミング的には、生後1ヶ月のお宮参りの頃を目安に贈ると良いと言われています。
また、いつ生まれたんだっけ?と思い出せない程、遅くなってしまったりするのは失礼に当たりますので、遅れてしまっても生後2ヶ月までには贈るようにしましょう!
生後1ヶ月というのは、育児にも少しづつ慣れてくる頃ではありますが、ママが一番体調を崩しやすい時でもあります。睡眠不足などもピークの時期です。
出産前に、ある程度の品物を事前に調べておいたり少しづつ準備すると良いですよ!

贈る際には「のし」が必要!

贈り物をする時には「のし」をつけるという人も多いですよね!出産内祝いも同じく「のし」をつけるのが一般的です。
インターネットなどでも、最近は内祝いを注文することができるようになっています。こういったお店での注文でなくても、もちろんのしはつけることができますので、忘れないようにしてくださいね。
のしは、真ん中に水引というリボンの様な形のものがあります。これを水引といいます。結び切りと蝶結びの二つがありますが、出産内祝いの時には「蝶結び」を選びましょう。これは、蝶結びは何回も結んだりできますよね?何度繰り返しても嬉しい出来事の時に使用するのです。
出産も嬉しい出来事なので、蝶結びの水引を使用しましょう。
・この水引の上には「内祝」と書きます。
・下の部分には赤ちゃんの名前を書きます。もし難しい名前で読みづらい場合などは、ふりがなをつけるといいでしょう。

出産内祝いに人気の品物

では、実際にはどんなものを贈ると良いのでしょうか?
実にこれは、もらった人によって反応は様々でもあります。
雑貨などの、のちのちも残ってしまうものなどは、趣味に合わなかったら嬉しくないという意見も多くあります。
・趣味を知っている人なら・・好きなブランドや趣味にあった物。もらったら嬉しい物
・家族が多い人・・・コーヒーや紅茶、お菓子や調味料、ジュースなどの消耗品
など、その人に合わせて送ったりするのも良いでしょう!
お菓子なども、日頃から好きな人であればたくさんあっても嬉しいですが、消費期限が近かったりすると食べきれなかったもしますよね。
口にするものなら、期限なども気にしたりと細かな気配りもあるとすごく素敵だと思います。
近年の人気では、やはりお菓子、調味料類、洗剤などの日用品、好きなものが選べるカタログギフトなどが人気です。
名前入りのものも、流行っていますが、雑貨などはもらっても名前入りで捨てられないという意見もあります。

最後に

いかがでしたでしょうか?出産は、そう何度もある訳ではありません。わかっている様で知らなかったこともあることでしょう。
きちんとしたマナーを知り、気持ちよく相手にありがとうの気持ちを伝えたいものですよね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る