妊娠検査薬のアレコレ【正確性・薄い線・想像妊娠の場合】

妊娠しているかもしれないと思った時、初めに頼るのは妊娠検査薬ではないでしょうか?
女性が妊娠検査薬を試す時の気持ちって、複雑ですよね!
いざ、妊娠検査薬を使おうと思っても、普段から使っているものではないので、使い方がよく分からないという方も多いのでなないでしょうか?
手軽に使えるようになった、妊娠検査薬の使い方とは?疑問にお応えします。

陽性反応は確実?

妊娠検査薬は、妊娠すると分泌される「hCG」というホルモンに反応する仕組みとなっています。
「hCG」は妊娠中にお腹の赤ちゃんを守り、胎盤を育てる働きを持つホルモンで、分泌されると尿の中にも出てくるものです。
そして、尿の中に含まれる「hCG」を妊娠検査薬が検出すると陽性反応が出るしくみになっているのです。
正しい検査方法であれば、99パーセント以上の確率で妊娠の判定をすることができます。
正しい検査方法とは、フライングなどなく検査した場合のことを言います。
しかし、ごくまれに、流産が原因で妊娠検査薬が陽性反応を示したり、不妊治療などで排卵誘発剤の投与を受けている場合、別の病気が原因で陽性反応が出ることもあるので、そのような場合は一度病院で見てもらうとよいでしょう。

いつから調べられる?

さきほどお話した、「hCG」が尿に出始めるのが、受精卵が着床してかた、3~4日ぐらいですが、きちんと「hCG」ホルモンが増える次の生理予定日の1週間後が目安と言われています。
妊娠検査薬では、この「hCG」ホルモンの濃度が一定以上にならないと調べることができないのです。
また、その濃度まで達するペースにも個人差があるので、覚えておくとよいです。
このような理由を前提に、ほぼ確実に調べることができるのは、「生理開始予定日の1週間後以降」です。

薄い線が出たときはどっち?

妊娠検査薬では判定方法や判定時間などによって、薄い線が出ることがあります。
はたしてこれはどっちなのでしょう。
判断に困ってしまいますね。
いくつかのパターンを紹介します。

色つきの薄い線

妊娠検査薬の説明書通りの色の場合は、薄めのラインでも陽性の可能性があります。
フライングで時期が少し早くhCGの量が少ないと、妊娠検査薬が反応しづらく薄い線となる場合があります。

蒸発線(グレーなどの薄い線)

妊娠検査薬の判定時間内では反応がなかったが、時間をあけたらうっすらとグレーの線が浮き出てくることがあります。
これは「蒸発線」と呼ばれるものです。
妊娠検査薬に染み込んだ水分が蒸発するときに、尿の成分が線状に残ったり誤反応を起こすことで出るラインです。
色も何色か分からないくらいのもので、メーカーによっては、蒸発線が出やすいものと、出にくいものがあります。

薄い線が浮き上がったあと消える

尿の水分が妊娠検査薬に染み込んで行く中で、試薬を仕込んである所に一時的に薄い線が浮き出したように見えることがあります。
しかし、この場合は、所定の判定時間に達した時点で消えるので陽性反応ではありません。

判定時間をすぎて薄い線が出る

hCGがまだ少ない妊娠超初期などに、判定時間をすぎて薄い線が表れることがありますが、基本的には判定時間内に反応がなければ陰性と判断しましょう。

このように、薄い線の状態で妊娠しているかを判断するのは難しいので、再検査するのが最も信頼できる方法です。

想像妊娠でも陽性反応は出る?

想像妊娠とは、実際には妊娠していないのに、妊娠時と同じような症状が現れることを言います。
一見病名には聞こえませんが、英語では“Pseudocyesis”といい、きちんとした病気なのです。
生理の遅れ、つわり、乳房増大、乳首の黒ずみ、腹部の膨大など、妊娠時と同じ症状が現れます。
医師の診断と妊娠検査薬が陰性になることで症状が治まると言われています。

・HCGホルモンの値がが上昇しない
・子宮内に胎児がいない
この2つが大きな違いとなります。
妊娠検査薬で陽性になることはありません。

まとめ

妊娠検査薬は、正確性は高いですが100%ではありません。あくまでも目安でしかありません。
妊娠検査薬の使い方を知った上で、正しく使い落ち着いで使うようにしてくださいね。
陽性が出ても、正常妊娠だとも限らないので、自分で勝手に判断することなく、必ず病院で検査してもらいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る