妊娠中の体にできた黒ずみケアにオススメしたい3つの対策法

女性は、妊娠、出産で女性ホルモン分泌が変化します。
女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンホルモンが増加します。
特にプロゲステロンホルモンには、メラニン細胞の働きを活発にするという作用があり、色素沈着を起こすメラノサイトが増えるため、脇や乳首が黒ずみを起こしてしまうのです。
特に、ワキや乳首、Vラインなどのデリケートな粘膜はメラニン色素が最初から多い部分なので、濃い色に変化しやすいのです。
また人によっては、シミやそばかすができる人などもいるのです。

この、妊娠中の肌の黒ずみに悩まされている女性はとても多く、普段と変わらない生活をしているのになぜ黒ずみが起きてしまうのか?
出産後には治るものなのだろうか?と悩みを抱えやすいのです。
そんな妊娠中の体にできた黒ずみ。ケアはどんな風に行ったら良いのでしょうか?
対策法はあるのでしょうか?

専用の美白クリームで対策

色素沈着を解消するには、それなりに時間がかかるものですが、
まずは、肌を清潔にすることも大事と言えるでしょう。
清潔を意識して、保湿を続けていくと、黒ずみの解消も早くできます。
専用の美白クリームを使用するのも一つの手です。黒ずみで悩んでいる人におすすめしたい商品をご紹介します。

ピューレパール

ピューレパールは黒ずみ解消用の美白クリームとして、クチコミなどでも評価が高い、おすすめしたい商品です。
黒ずみに悩んでいる女性の利用率が最も高い実績豊富な美白クリームなのです。
黒ずみを解消し白くする効果は抜群です。脇や乳首など、妊娠中の女性が悩んでいる箇所はもちろんのこと、ひじ、ひざ、Vラインなどの黒ずみにも使えて使い勝手は抜群です。
ニオイ解消効果もになっているので、一石二鳥のクリームと言えます。
脇や乳首の黒ずみに悩んでいる方にはぜひお試し頂きたいクリームです。
保湿兼美白の解消の効果を担っているので、黒ずみと乾燥を対策できますよ。

ゆるい下着に替えて摩擦を対策

黒ずみは下着の摩擦や締めつけ、下着や衣類による摩擦、汗の蒸れなどが原因で起こることがあります。
そういったこすれる部分がぼんやりと茶褐色のようになってしまうと、とても気になりますよね。
皮膚の中にあるメラノサイトというメラニン色素の黒い素が刺激で活性されてしまうのが原因です。
妊娠中は更に色素沈着が起こりやすいので、下着の摩擦や締めつけなどがあまりしないようにするとよいでしょう。
ナイロンの化学繊維の素材は摩擦や起こりやすいのでおすすめできません。

お風呂上りのマッサージで対策

妊娠中は10ヶ月かけて少しずつお腹が大きくなりますね。当然お腹の皮も伸びます。
出産をするとその伸びた皮膚がよってシワシワになり黒っぽく見えます。
この黒ずみは、皮膚を傷つけないようにやさしく洗って見てください。
お風呂での体がぽかぽかとしている時に、保湿クリームなどを塗ってマッサージをすると、徐々に黒ずみがポロポロと落ちてくるようになります。
そして、お風呂上がりの柔らかくなった肌に保湿クリームなどで保湿をすることで皮膚の新陳代謝を高めます。新陳代謝は温めると活発になります。
このお風呂上がりのマッサージは、皮膚の生まれ変わりを大いに助けてくれるのです。
もしかしたら妊娠前のお腹の肌よりもきれいになるかもしれません。

まとめ

妊娠すると、急にワキなどが黒ずんで驚く人もいることでしょう。「私だけ?」と思い込んでショックを受けてしまう女性も多いです。
こういったデリケートな悩みは、なかなか周りに離せないものですよね。
適度な、対策方法は必要かもしれませんが、あまり気にしないことも大切です。
妊娠中は、女性ホルモンの分泌が変化しますので、黒ずみが起こりますが、出産・授乳期が終わると、個人差はありますが、徐々に元の色素にもどっていくので、それほど心配する必要はありません。
あくまで妊娠中の一時的な黒ずみと考えてもいいくらいです。
神経質にならず、のんびりとした気持ちで妊娠時期を過ごし、体調よくまずは過ごしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る