学資保険は目的で選ぼう!加入前に知っておくべき貯蓄型と保障型の違い

みなさん、学資保険には「貯蓄型」と「保障型」という2つの種類があるのをご存知ですか?
同じ学資保険とは言えども、もう敵を異にするため、しっかりと違いと把握し、ご自分の目的を決めて加入するようにしましょう。
では、これら2つはどういった違いがあるのでしょうか?

1.貯蓄型

小学、中学、高校、大学の入学時の資金を目的とします。
貯蓄性をより重視した保険になります。
積み立てて金利を上乗せしていくので、トータルで支払った掛金の合計よりも満期時の払い戻し金額がプラスになるのが特徴です。

2.保障型

教育資金の積み立てもしつつ、親の死亡保障や子供の医療保障等もついている保険です。
子供の生命保険や医療保険がついているタイプと親の生命保険がついているものがあります。
親に万が一のことがあった時の補償は、特約として付帯するものがほとんどです。

こういった違いがわかったら、次はそれぞれのメリットなどを知り、特徴と違いを理解し自分がどちらの保険を求めているのかを理解しましょう。

小学、中学、高校、大学の入学時の資金に備えたい人は貯蓄型

貯蓄型は貯蓄性をより重視した保険であるので、契約者や子供に万が一のことがあった場合の、入院や死亡保障は最低限となっています。

~貯蓄型のメリット~

貯蓄型の最大のメリットは、返戻率が高いということです。
返戻率とは、支払った保険料に田する満期の際に受け取ることができるお金の割合のこと。
また、金利固定タイプの場合は、元金は保証されます。
しかし、親などに万が一のことがあった場合は、それ以降の掛金が免除になり、満期金額やお祝いインなどは受け取ることができます。
何もなくても学費を積み立てることができるので、自力で蓄えることができない人にはおすすめと言えます。

~貯蓄型のデメリット~

子供や親への医療保障や死亡保障がつかないということです。
金利変動タイプの場合は、支払った保険料の合計額よりも、満期時の金額の合計額が低くなり元本割れすることがあります。

万が一のケガや死亡に備えたい人は保障型

貯蓄型の学資保険と比べると、入院した時や死亡の際の保障が多くついているのが特徴です。

~保障型のメリット~

入院した時や死亡の際の保障が付きます。保障内容は学資保険ごとに異なりますが、

・子供の入院に関する保障
・入院1日あたりの給付金
・手術、通院1回あたりの給付金
・親の死亡に関する保障 などです。

お金を貯めつつ、万一のことに備えることができますね。
こうした病気や万が一のことに備えるための保障がついているのが、保障型のメリットといえるでしょう。

~保障型のデメリット~

保障型の学資保険は、こういった入院、死亡などの保障も重視したい場合には良いのですが、
返戻率が下がり、貯蓄型と比べると格段に悪くなることです。
一般的に、支払った保険料の合計額よりも、満期時の金額の合計は低くなります。

まとめ

お分かりになりましたでしょうか?「貯蓄型」と「保障型」では、それぞれメリットとデメリットが裏返しとなっているのです。
そのため、どちらを選んでよいかは、教育資金を貯めたいのか、子供に対する保障を重視したいかによって変わってくると思います。
近年、学資保険にはいろいろな種類があります。昔は郵便局で扱われているものだけでしたが、種類も豊富になり、扱っているところも多くなってきました。
内容もタイプによって違います、自分たちのライフスタイルや、子供の進学、家計の状況などによって、自分に必要なタイプを選ばないと損をしてしまうこともあります。
家計の負担にならないように、自分たちが何の目的のために学資保険を必要としているのかを把握し加入しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る