先輩ママ激選!新米ママにオススメの哺乳瓶メーカーランキング

哺乳瓶は、ママのおっぱいに代わる大事な役割を果たすものです。
最近では、各メーカーからいろいろな種類の哺乳瓶が発売されています。
正直、どれを使っても間違いではありません。しかし、赤ちゃんとの相性というのがすごく関係する赤ちゃんグッズでもあります。
特に乳首の部分が関係してくるのです。
ママが買ったものが、赤ちゃんには飲みづらかったり、意外と使い始めると悩むのが哺乳瓶選びなのです。
また、ミルクだけでなく、湯冷ましや果汁を飲ませる時にも必要になります。
赤ちゃんの飲む量や飲み方のクセなど、TPOにあわせて2~3本用意しておくといいでしょう。
ここでは、上手な哺乳瓶の選び方のポイントと人気の哺乳瓶ランキングをご紹介したいと思います。

サイズ

哺乳瓶には、容量が50ml~240mlまで数種類あります。赤ちゃんの授乳量に合わせた大きさを選ぶとよいでしょう。
1回の授乳量が100mlほどの新生児なら、120mlか150mlサイズ。
2~3か月を過ぎて飲む量が増えてきたら200mlや240mlサイズ。
50mlは主に湯冷ましや果汁用などと使い分けるのもおすすめです。

素材

ガラス系、プラスチック系があります。
「ガラス」
長所→汚れ落ちが良い、衛生的、耐久性がある
短所→プラスティックに比べると重い
「プラスチック」
長所→軽くて割れにくい、外出時など持ち運びしやすい
短所→傷つきやすい
このようにそれぞれに利点があります。
プラスチック製に比べると、ガラス製はミルクの温度を下げる時間が短くてすみます。

プラスチックなどは、環境ホルモンの流出が心配されているものもあるみたいなので、必ず材質確認をするようにしましょう。
口径3センチ前後の細長いタイプが主流ですが、口径4.5センチ前後の広口タイプのものもあり、広口タイプは、調乳や洗浄がしやすいので便利です。
乳首も、いろんな種類がありますので、素材、穴の形、穴のサイズなども考えて選ぶようにしましょう。
空気穴のあるものとないものがありますが、吸い穴と同じようにキャップのしめ具合でミルクの流量を調整することもできます。
乳首のサイズは、哺乳時間が10~20分を目安に選ぶといいでしょう。

第1位 ピジョン 母乳実感 耐熱ガラス

母乳で育てたいママの圧倒的な支持率NO.1商品で、雑誌などでも頻繁に紹介されています。
空気がもれないようにぴたっと密着させることができます。
赤ちゃんの舌をなめらかに動かすことができやさしくゆっくり飲むことができます。
産院などでの使用率も高いので、退院後も赤ちゃんが嫌がらずに飲んでくれるという意見もとても多いです。
耐熱ガラスですが、思ったよりも軽く、母乳相談室の乳首も使えるのが便利です。
瓶の口も広いので、洗浄を楽に行うことができる。

第2位 ドクターベッタ哺乳びん ブレインシリーズ&乳首

顔を立てたママの状態で授乳ができるような設計になっており特殊な形です。
哺乳瓶も独自のカーブがあり、母乳を飲むのと同じ姿勢になるように作られています。
また、ブレイン乳首は、そしゃくすることの大切さを考えてつくられており、赤ちゃんが吸うとなみなみの部分が伸びて赤ちゃんの口と舌にフィットして、ママの乳首のように
顎を上下に動かして飲めると人気があります。

第3位  ピジョン 母乳実感 プラスチック

第1位の商品のプラスチック製です。
軽くて割れにくいので、外出時など持ち歩きがしやすいとの理由で指示されています。

第4位 ピジョン 桶谷式直接授乳訓練用 母乳相談室 哺乳びん

平乳首・陥没乳首などのトラブルによって一時的に母乳の直接授乳がうまくできない場合や、赤ちゃんが口を大きく開けず、深く乳首をくわえられない場合などにおすすめの哺乳瓶です。
母乳を直接授乳できるように訓練するための哺乳瓶でもあるので、他の哺乳瓶の乳首では飲んでくれなかったのに、
この乳首だと飲んでくれたと、ミルク育児に困ったママの救世主でもある哺乳瓶です。
ピジョンの母乳実感に乳首は付けることができるのも便利との声も。
乳首はSSサイズで、低流量タイプなので、授乳には時間がかかってしまいます。

第5位  ビーンスターク ガラス哺乳瓶

プラスチックと思うほど、軽いガラスで作られていて、持ち運びにも便秘なタイプです。
軽くて丈夫なことが特徴な医療用具にも使われるホウケイ酸ガラスを使用しています。
乳首は、赤ちゃんが母乳を飲むのに近い筋肉の動きでミルクを飲めるように配慮して設計されており、逆さまにしてもミルクが垂れません。
赤ちゃんが自分の口や顎を使わないと飲めないので、慣れるまで時間がかかるのが難点。

まとめ

このように哺乳瓶や乳首にはさまざまな種類がありますので、赤ちゃんの好みや発達にあったものを選んであげましょう。
赤ちゃんのミルクの飲みが良く、短時間で簡単に飲んでしまう乳首は、舌・あごや口のまわりの筋肉をあまり動かさずに
飲んでいることがあるので、赤ちゃんの発達にはあまり良いものではありません。
15分~20分くらいで飲めるものを選ぶのが良いです。
1日に何度も洗い、消毒を繰り返しますので、乳首が硬くなったり、やわらかくなったり、穴が大きくなったりすることがあるので、劣化が見られる前には交換しましょう。
母乳育児が希望だから哺乳瓶は必要ないわと思われるかもしれませんが、白湯をお風呂上がりに飲ませたりもしますので、誰もがいとどは使うであろう哺乳瓶。
最近では、見た目のかわいらしいデザインもたくさんありますが、きちんと基礎知識を知り、赤ちゃんが使いやすい哺乳瓶選びをして下さいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る