妊娠時期でも違う!車を運転する際の注意点

妊娠中の運転は、してはいけないというルールはありませんが、やはり身体の変化も大きいので、普通に運転していても、さまざまなトラブルに遭遇することもあります。
今回は、妊娠中の運転を妊娠時期別に調べてみました。時期によって、注意したいポイントも違ってきます。大事な命も一緒に乗せていますので、ぜひとも参考にしてみて下さいね。

妊娠初期の運転に気をつけたいポイント

妊娠初期というのは、普段の生活でも、女性ホルモンバランスの変化でさまざまなことが身体や気持ちに変化が起こります。
同時につわりも起こりますので、出かける前は体調が悪くても、車の揺れで気持ちが悪くなったり、急な眠気が起こったりすることもあります。
大きな変化などないと自分が思っていても、疲れやすくなったりして、普段よりも運転に集中できなくて、ミラーの確認が遅れたりといったこともありますので、妊娠初期は、帰りが夕方など一日かかって疲れがたまってしまう時や、長時間の運転で眠気を誘発したりする時の運転はおすすめできません。十分に注意し、無用な運転は控えるなどするようにしましょう。

妊娠後期はこんな危険性があります

妊娠もどんどん経過していくと、お腹も大きくなり、座席に乗るだけでもお腹が邪魔をするようにもなります。
妊娠後期は、運転席に座るとお腹がとても前へ出ているように感じます。そのため、いろんな危険性も出てきます。
・お腹が出ていることで、足元が見えなくなってブレーキとアクセルと間違えてしまう可能性がある
・お腹の重みなどが負担となり、急に筋肉がつった痛みを覚えて、運転どころではなくなる
・お腹が大きいが為に、ハンドルをまわしたりするのに肘が邪魔で運転操作を誤る
・急なブレーキなどで、身体がびっくりして破水してしまったり、陣痛が突然始まる可能性もある
・疲れやすいので、運転する集中力などが衰える
といった危険性が出てきます。
車の揺れも、感じていない様で意外と身体は感じています、振動なども伝わりやすいので、出産予定日が近い人は、陣痛の引き金となることも頭にいれておくといざという時にパニックにならないでしょう。

運転免許証の他にも所持するべきなもの

車の運転をすると気には、運転免許証は忘れてはならないものですが、この他にも、運転免許証とセットとで持ち歩いてもいいほど、母子手帳も忘れない様にしてください。
母子手帳には、ご自身の妊娠の経過がすぐにわかるお守り代わりにもなります。いざという時の大切なものです。まだお腹の大きさがわかりづらい妊娠初期などは、余計まわりの人にわかってもらいづらいですから、携帯するようにしましょう!
外出するときは、常に持っているという意識を持っていると忘れないですみますね。

シートベルトは必要?不必要?

妊娠中の女性は、シートベルトの着用義務はありません。どうしてもシートベルトの構造の関係から、お腹の圧迫が全くないとは言えないからです。
しかし、最近ではエアバックなどの普及が多くなったり、シートベルトの構造がよくなったりして着用を推奨する意見も出てきました。
今までの事例などからも、死亡事故などがあったときには、やはりシートベルトをしている人の方が死亡率は低いという調べもあります。
シートベルトをしている方がいざという時の安心面からもいいのかもしれません。
妊婦さんが着用する時には、お腹の上をベルトが這わないようにすることが大切です。圧迫はダメですよ!
肩ベルトは、胸の谷間を通るようにし、下のベルトは、お腹の膨らみの下側を通すようにしてください

最後に

妊娠中でも、何かと買い物に行ったり、検診に行ったりと出かけなくてはなりません。車は大変便利ですが妊娠中は体調面も変化が激しく、さっきまでは体調が良かったのに、急に体調不良になったりすることもあります。
妊娠初期は、とにかく眠気が強い時期ですので、注意してくださいね。後期についても、体型の変化で、思わぬトラブルが起こります。
十分に注意して運転するようにしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る