子供の名付けに気をつけるべき5つのポイント

赤ちゃんが産まれたら、親が名前をつけます。そして、その名前を子供は一生使い続けるのです。
名付けをする際に、どんなことを優先するかは人それぞれ違いますね。
しかし、思うのは本人も他人も使いやすいということが一番大切なのかなと思います。
近年、携帯電話やパソコンなどで名前を漢字変換する機会が増えてきました。
漢字変換が難しくない方がいいですよね!
名付け本や育児雑誌などで、さまざまな名前が紹介されていますが、参考程度にし良い名前をつけてあげましょう!
では、名付けをするときに気をつけることとはどんな事なのでしょう。

縦割れの名前に気をつける

縦書きにした時に、姓名を構成している字が左右に分かれてしまうことを、タテワリの名前といいます。
横書きだと気づきにくいのですが、縦書きにすると左と右がバラバラの印象を与えてしまうのです。

姓にピッタリの名前を

名字が画数が多い場合、名前も画数の多いややカタイ名前をつけてしまうと字画が多くなってしまい、字に隙間がなく重苦しい印象を与えてしまいます。そんなときは、できる限りあっさりした名前にすると全体のバランスが良くなります。
例えば、姓の画数の合計が10画未満の場合は画数としては少ないので、名前の画数を15~20画台ぐらいにし、姓の画数の合計が30画以上の場合は、名前の画数を10~20画台にするなどバランスと考えるとよいでしょう。

部首の重複は避けましょう。

例えば、「沢」「江」と「村」「松」などは部首が重複しています。こういった字を全て使ってしまうと見栄えが悪くなってしまいますので気をつけましょう。例えば、「きへん」などは植物系の姓で多いです。名前を植物系の名前にするならば、「くさかんむり」やひらがななどを使うと見栄えがいいなどがあります。

濁点が多くなり過ぎないこと

濁点が重なりすぎてしまうと、濁った音になってしまいます。
できれば、姓名全体で濁点は2文字までにすると響きがいいでしょう。

縁起の悪い文字

漢字には、実は内包的にあまりよくないことががあるのです。
あまり気に留める必要もありませんが、候補が決まったら辞典などで詳しい意味を調べるといいです。

読めない漢字・ふりがなにしない

このような漢字やふりがなは漢字として適当ではありません。
漢字とあっていないふりがなも名前とはあまり言えません。名前として不便になってしまいます。
最近は、当て字やキラキラネームなどが流行っているようですが、インパクトがあっても中身がないという
ことが多く、名前の意味もわからないままになってしまいます。

漢字ばかりに気を取られてしまい、肝心の読み方で失敗なんてことがあります。
感じで書くと素敵ですが、読むと失敗な感じになってしまうこともありますので注意しましよう。
つけたい名前が出てきたら、書いてみることと同じく口に出して読み上げてみることも大切ですね。
耳から入る響きというのも大事なのです。

まとめ

名前は親が子供に送る一生に一度の大切な贈る物です。
将来名前で子供がつらい思いをしないように考えて名前をつけることが大切です。
子供の将来や幸せを期待してしまい、その思いと無理に漢字にしてしまい、間違った読み方で名前をつけてしまうと、その間違った読み方で一生呼ばれるのはつらいことです。

キラキラネームも親だけがわかる深い意味があっても、子供がこれから出会うであろうたくさんの人たちに、毎回名前の意味を伝えることはできないですよね。親だけでなく周りにも愛され、親しまれるような名前をつけましょう!
親が思う名前が一番でありますが、子供はかわいい赤ちゃんのままではなく、これから大人へと成長し、歳をとっていく存在です。ぜひ素敵な名付けをしてあげましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る