職場に妊娠報告するタイミングはいつ?

妊娠がわかったら、どのタイミングで職場に話しますか?
お腹に赤ちゃんが宿ったなんて、とても素敵なことですよね。誰かに報告するたびに
自分がママになったという実感が宿ってくるものです。
しかし、働いている女性のオメデタ報告は、ただ「おめでとう!」と言ってもらうだけでは
終わりません。
特に、正社員でフルタイムとして勤務している場合などは、仕事は続けるのか?育児休暇はどうするのか?
など会社と話し合わなければならないことが多くあります。
そして、責任のある仕事をしている場合は、言い出しにくいものではありますが、早めに報告を
して引き継ぎをしっかりとすることなども大事となってきます。
では、どういったタイミングがベストなのでしょうか?

誰よりも先に直属の上司に報告をしましょう。

噂が上司の耳に入ってしまうと、上司はいいい気持ちはしないものです。しかし、とても勇気のいることですね。
早めに上司に報告するのが礼儀です。
特に、つわりなどで体調が思わしくない。業務内容や業務量を変更してほしいといった場合などはできる限り早めに伝えて相談に乗って
もらうようにした方がいいでしょう。

職場の同僚への報告

同じ組織の人へいつ、どのようなタイミングで報告するかは、上司の考え方もあるため、相談して判断を仰ぐのもいいかもしれません。
職場の同僚への報告は、大切な人から順番に、あまり時間を空けずに報告することがベストです。
その際、キーパーソンとなる同僚などへは、ランチやお茶などに誘ったり、個別にメールをするなどして報告するのもいいですね。

親しい同僚への報告

親しい同僚とは言っても、万一のことが起こる場合もあるかもしれません。
不本意で噂でひろがる場合もあります。親しい間柄でも、職場の仲間の場合は、やはり上司への報告後、安定期に入ってからなどの方が望ましいでしょう!

いずれも場合も、伝え方は慎重に行いましょう。職場にはさまざまな価値観を持った人がいます。
中には、女性は子供を産んだら仕事を辞めるべきといった考えの人もいるかもしれません。
何年も不妊治療を続けていながら、子宝に恵まれず、人知れず悩んでいる人ももしかしたらいるかもしれません。
仕事を辞めるか続けるかにもよりますが、「早めに報告する」場合と「安定期にはいってから報告」の二つで考え方も違うので、
自分のスタイルに合わせて、順番も考えましょう。

早すぎる報告はNG!なぜなら…

妊娠初期は、つわりやマイナートラブルなどで体調不良が起こりやすい時期でもあります。
そして、妊娠12週ごろまでの時期は、染色体異常や感染症による受精卵の生命力が不足などのために起こる流産の可能性が高いので、、
万が一の場合、周りの人に気を使わせないように、早めの報告は避けるといいでしょう。
タイミングを見つつ、妊娠12週以降のなるべく早い時期に報告するのがベストです。
または、安定期までは何があるかわからないので、安定期に入ってから報告という考え方もあります。

まとめ

会社の社風、職場の雰囲気、上司の価値観などによって、妊娠報告の受け止められ方はさまざまです。
そして、いろいろな考え、価値観を持った人がいることをふまえて、できる限り相手に配慮した伝え方をすることが大事です。
新しい命を授かることは大きな喜びでしょう。しかし、浮かれ気分で「私、幸せです!」といったオーラ全開な態度での報告はNGです。
職場には多少なりとも迷惑をかけてしまうことは確かです。ギリギリまできっちり働こうと思っていても体調を崩してしまうことがあるかもしれません。誠実な態度が大切です。
職場の人にとっても、大事な仲間の出産はきっと喜ばしいものです。
妊娠報告の仕方で好感度アップを目指しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る