妊娠中は禁酒するべき?妊娠とアルコールの関係

アルコールは男女問わず、日頃の楽しみとして飲んでいる人も少なくありません。この普段何気なく飲んでいるお酒。妊娠とどのくらい関係があるのでしょうか?妊娠をしたらアルコールは控えましょう。とよく聞くと思います。今回は妊娠中とアルコールの関係について調べてみました。

妊娠中のアルコールが赤ちゃんに与える影響

妊娠すると、お母さんの胎盤を通じて赤ちゃんは栄養を摂取します。ともなると赤ちゃんとお母さんは一心同体ですよね!アルコールは、産婦人科の先生などは摂取をしないようにすすめることが多いです。それはどんな理由なのでしょうか?アルコールというのは、お母さんが飲むと、栄養をもらうべき胎盤からそのまま赤ちゃんにも運ばれてしまいます。赤ちゃんの体内でもアルコールは、お母さんと同じ様に体内で分解しなくてはなりませんが、まだ内臓器官が発達していません。なので、ちゃんと分解できずに体内に残ってしまうのです。このような症状になると「胎児性アルコール症候群」という先天性疾患として、脳の発育や中枢神経などが発達しなかったり、奇形を持って生まれてきたりといったことが起こってしまうのです。

妊娠後の飲酒は何週目くらいから危険?

かといっても、妊娠がわかる前までは普通に飲酒をしていて、妊娠に気づいて急に不安になったりする人もいることでしょう。しかし、妊娠がわかる前などはあまり神経質に考えなくても良いでしょう。全く影響がないとは言えませんが、大量の摂取などでなければ大丈夫のことがほとんどです。ではいったいいつ頃から影響があるのでしょうか?妊娠初期(妊娠4週~15週)といわれる時期はとても大切で影響を考えなければならない時期です。妊娠していることにも気づいて、アルコールを控える人が多いですよね!この時期は、赤ちゃんの内臓器官などさまざまな器官が作られる時です。奇形などのリスクをあげないためにも、アルコールは飲むのをやめましょう!胎盤が作られて、赤ちゃんへ栄養が運ばれる妊娠4ヶ月頃~は飲まないことが絶対です。ですので、生理が遅れて妊娠に気づいたら、まずはアルコールはやめると安心できることでしょう!

妊娠中の飲酒はまったくダメなの?

では、妊娠中は1滴もアルコールは飲んではいけないのでしょうか?産婦人科の先生などは、妊娠したらまずお酒はやめましょうと言われると思います。しかし、少量程度なら、医学的にも安全であるということが証明されている訳ではありませんが問題ないとも言われています。お酒が大好き!なんて女性がいきなり禁酒生活というのは逆にストレスもたまってしまいますよね。ストレスはなるべくためたくないものです。量が大切なのです。1週間に1日くらい、ほんの1杯程度なら影響はないので、どうしても飲みたい人は先生などに相談したりするのも良いと思います。大量の飲酒は、当然のごとく、胎児性アルコール症候群のリスクが増えますので、少量にするなど、適量を楽しむ程度にしてくださいね。

ノンアルコールなら飲んでもOK?料理酒は?

近年は、アルコール飲料でないの?と間違えてしまうほど、ノンアルコール飲料も美味しく雰囲気を味わえるものがたくさん出回っています。ノンアルコールであるということから、妊娠中に飲酒の気分を味わえて人気があります。しかし、ノンアルコール印象にもごく微量ではありますがアルコールが含まれていることもあるのです。他にも、成分表示をみると、香料やカラメル色素など、普段の食生活ではなくてもいい成分なども入っていますから、たくさんの摂取はすこし気をつけた方がいいでしょう。他にも、料理酒なども「酒」の文字が入っていますし、ニオイを嗅ぐとアルコールのニオイがしますよね!しかしこれは、火を通すことでアルコールが飛びますので安心して大丈夫です。

最後に

いかがでしたでしょうか?妊娠とアルコールは比較的認識が高い事ですが、詳しくいつごろに影響があるのか?アルコールによりどんなリスクが高まるのか?
ノンアルコール飲料についてなど知らなかった人もいることでしょう。妊娠初期の赤ちゃんの器官が作られる時期は、一番影響があるときなので避けましょう!一番は、摂取しない事ですが、ストレスをためてしまっては赤ちゃんにもよくありませんから、無理なく長いようで短い妊娠期間を過ごして下さいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る