産み分けは可能!?産み分けが出来ると噂のグッズ3選

産み分けは可能!?産み分けが出来ると噂のグッズ3選

赤ちゃんが欲しいなと思う時、後継ぎが欲しいから、一人目が男の子だったからなどと
産まれて赤ちゃんの性別と想像するのは自然な事です。
しかし、もし赤ちゃんの性別を選ぶことができたら、悩みが世の中から一つ減りますよね。
では、実際に赤ちゃんの産み分けはできるのでしょうか?
産み分けができると噂のグッズについて調べてみました!

ピンクゼリー

産み分けで女の子を授かりたいなら、ピンクゼリーがおすすめです。
女の子を産み分けるためにイギリスで開発されたゼリーです。
性交前にピンクゼリーを使うことによって、膣や子宮頚管が酸性の環境を作り、女の子が生まれやすい状態と作り上げることができます。
ピンクゼリーを使った産み分けの確率には諸説もありますが、だいたい80%くらいの確率で女の子を産み分けると言われています。
排卵日の2日ほど前に使用するのが一般的です。
通信販売やオークションなどでも販売していますが、産婦人科での指導に従うのが一番安全です。

グリーンゼリー

こちらは名前のとおり、グリーン色をした産み分けで男の子を授かりたい人におすすめのゼリーです。
ピンクゼリーと同じくイギリスで開発されたゼリーです。
性交前にグリーンゼリーを使うことによって、膣や子宮頚管がアルカリ性の環境を作り、男の子が生まれやすい状態を作り上げることができます。
排卵日の1日前~1日後に使用します。グリーン効果に加えて、男の子が生まれやすいタイミングで性交することによって確率を上げるためです。

リンカル(リン酸カルシウム)

リンカルは、微量の鉄分を含んだリン酸カルシウムのことで、簡単に言うと、カルシウム・鉄分・リンを含んだサプリメントのことです。
薬ではなく、サプリメントなので、副作用もなく安心して利用することができます。
もともとは無脳児を予防する為に開発されたものです。その臨床時に産まれた赤ちゃんが全て男の子だった事から出生率の高さが
注目されて、産み分けに利用されることになりました。
なぜ、リンカルの服用で男の子の出生率が上がるのかはいまだ解明されていませんが、
アルカリ食品に相当しますので、膣内をアルカリ性にしやすくすることで、男の子が産まれやすくなるのではと言われています。
一般的なカルシウム剤とリンカルの成分は異なりますので、購入するのであれば、産み分け指導している産婦人科になると思われます。
サプリメントになりますので、毎日飲み続けることが必要です。産み分けにチャレンジする時は、最低2ヶ月飲んでからで
ないと効果がないと言われており、途中で5日以上飲む忘れると完全に効果がなくなるので飲み忘れることのないようにしましょう。

まとめ

妊娠を望む人なら、赤ちゃんの性別に希望を持たれるのは自然なことかもしれません。
しかし、男女の性別を決めるのは、ご両親の気持ちや行動ではないのです。
赤ちゃんは授かるものです。ですから、男女の産み分けに成功も失敗もない事をまずは理解しなくてはなりませんね。
性別よりも、とにかく無事に産まれてきてくれることが何よりも大事なのです。
性別の希望というのは贅沢なことだという事を片隅でもいいので留めておいて欲しいのです。

妊娠し、無事に出産することは簡単なことではありません。実は奇跡に近いことなのですよ。
産み分けは、あくまでも男の子、女の子が産まれる確率を高めるものであるので、
100%性別を決められるものではありません。
80%の確率で産み分けが出来たとしても20%は違う性別の赤ちゃんが産まれてきます。
望んでいた性別とは違う赤ちゃんが産まれたとしても、大切な命に変わりはありません。
深い愛情と思いやりを持って、育ててあげたいものですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る