妊娠中の過剰な体重増加を防ぐ5つの方法

妊娠中の過剰な体重増加を防ぐ5つの方法

妊娠中の赤ちゃんの栄養は、食べたものがそのまま赤ちゃんに行く訳ではありません。
お母さんの体に一度蓄えられて、必要なものだけが胎盤を通って赤ちゃんに届くのです。
赤ちゃんの分まで食べなさいね。なんて言われることがありますが、これは昔の話です。
最近では、食べ過ぎ、太り過ぎはダメなんです。赤ちゃんに悪影響を及ぼすことだってあるのです。
体重増加がダメな理由を知って、理想的な体重増加を目指しましょう。

大幅な体重増加がなぜダメなの?

では、なぜ大幅な体重増加がダメなのでしょうか?最近では、理想的な体重増加は、上限で約10kgと言われています。
しかし妊娠中に太りやすいことは身体の仕組みとも関係があるのです。
女性は、妊娠するとホルモンの働きが変わります。栄養を蓄えようとして脂肪が蓄積されやすく、
妊娠中はお腹の赤ちゃんのことを考えて安静も必要な為、運動不足になりがちなことなども
体重増加の原因でもあります。
妊娠中に体重管理を行うことは、赤ちゃんにとっても妊娠中のお母さんにとっても大切なことなのです。
体重が増えすぎてしまうと、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病になりやすかったりして母子ともにリスクが生じます。
また、妊娠中は腰痛を訴える妊婦さんも多いです。腰痛や膝痛を引き起こす原因にもなります。

自宅でできる体重増加を防ぐ

ならば、自宅でできる体重増加を防ぐ方法はあるのでしょうか?

1.毎日体重計に乗ってみましょう
毎日体重計に乗って、体重を計ることで、食事の管理もしやすくなります。一気に大樹が増えると体に負担もかかるので、
毎日計ることでなだらかに体重を増加させること管理しやすくなりますね。

2.食事の記録を残しておきましょう。
妊娠中に食欲が増すのも、分泌されるホルモンが食欲中枢を刺激するためなんだそうです。
毎日の食事の記録を残していると、何を食べているか、栄養はちゃんととっているかを知るためにもおすすめです。

3.運動を心がけてみる
妊娠中の体重増加を防ぐ方法の一つとして挙げられるのが運動です。
妊娠中は、活動量が減り代謝も落ちやすくなりますので、ウォーキングやストレッチなどの
運動を日々の生活の中に取り入れていくといいでしょう!
身体を動かしてカロリーを消費することはリラックス効果もあり、ストレスの発散にもなりますので母子ともに健康に良いと言えます。

4.便秘にならないようにする。
体重増加を便秘ってとても繋がりがありますよね。食物繊維の多い食べ物を食べたり、便秘がちの人は、お料理にオリゴ糖などを
使うと良いですよ。例えば、ヨーグルトなどにオリゴ糖を少しだけたらして食べてみるのもおすすめ。
けれど、オリゴ糖もカロリーは低くないのでとりすぎには気をつけてください。

5.ノンカロリーの食品を上手に利用する
昆布、わかめなどの海藻類や、こんにゃくなどといった食品が代表的ですよね。
きのこ料理でボリュームを出して、カロリーダウンさせたり、お腹がすいた時などに、
ノンカロリーのゼリーやヨーグルトドリンクなどをおやつにしたりとうまく利用して体重増加を防ぎましょう!
ノンカロリーのドレッシングなども最近では美味しいものがたくさん出ています。

まとめ

妊娠中の体重は増えすぎてしまっても、そして減りすぎてしまっても様々なリスクが伴います。
必要以上に体重増加を気にするのもストレスになってしまいます。
体重管理の基本はかず食事からはじめてみるのもいいでしょう!
塩分を控えめで栄養がきちんととれる食事をとりながら、健康な食生活を送ることを心がけてみて下さい。
そして、リラックスした気持ちで、無理のない運動を取り入れてみましょう。
妊娠前からの健康なからだづくりも大切です。妊娠したら、元気な赤ちゃんを産むためにも、
体重増加は適正にコントロールすることがとても大切なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る