切らないで産みたい!会陰切開なしで産むためのコツ

切らないで産みたい!会陰切開なしで産むためのコツ

出産を控えている妊婦さんは一度は気になること。会陰切開って何?どんなことをするの?
切ると聞いただけで、痛そう。怖いかも。と不安がよぎる事でしょう。
会陰切開は、初産の人の7割~8割の人に行われていると言われています。
ほとんどの女性は会陰が裂けると言います。中には会陰切開の必要もなく、裂けなかったという人がまれに
いるそうですが、ごくごくまれです。
では、本当に会陰切開は必要なのでしょうか?

そもそも会陰切開ってなに?

まず、会陰とは膣の出口と肛門の間のわずか数センチの狭い部分の事を言います。
会陰切開とは、赤ちゃんが出てくる時に、ハサミで会陰部を切ることを言います。

赤ちゃんの頭が産道の出口を抜け出てくる時に、会陰は紙のように薄く引き伸ばされるのですが、
伸びが悪いと自然に裂傷ができてしまったり、肛門や直腸まで裂傷をおこすことがあるのです。
そうした大きな傷をできるのを避けるために切開されます。
そして、胎児の心拍が落ちて、急いで出産する必要があるときなども切開する必要があります。

お産が進み、いきんでいない時でも産道の出口から赤ちゃんが見えるようになった時、
いきんでいる間に切開します。すると、産道の出口が広がって赤ちゃんがするりと出てきます。
赤ちゃんの頭がくぐり抜けられるほど会陰が伸びてくればもちろん切開の必要はありません。
何よりも大切なことは、赤ちゃんが無事で産まれることなのです。
切開や裂傷もせずに出産できるのは、初産で1割、経産婦で3割くらいです。
切開をする時に麻酔を使うかどうかは病院によって違います。
ですが、麻酔を使わなくても陣痛の痛みがきている最中のほんの一瞬の事ですので、
切開の痛みはあまり感じない人が多いです。
切開した傷や自然に裂けてしまった傷は、胎盤が出たあとに縫合します。

切らずに産むために

では、なるべく切らずに産むにはどうしたらいいのでしょうか?

会陰切開をしないお産のほとんどは、リラクゼーションや呼吸法などを行い助産師が赤ちゃんの頭の
下り具合を手でコントロールしながら、会陰が十分にやわらかくなって赤ちゃんが通っても切れないようになるまで
生まれるのを待つなど工夫をしているからです。

会陰切開は医療行為になりますので、助産院や助産師の介助によるお産では、緊急時を除いては切開はしません。
戦前など、昔は、自宅にお産婆さん(現在の助産師)呼び、ハサミや糸などは使わずにお産をするのが普通で、
会陰を保護する技術を持っていて、裂けないように保護してくれたそうです。すごいですね!
このような話から、ハサミや糸を使わなくてもお産はできるということなのです。
フリースタイル出産という言葉を聞いたことがありますか?
フリースタイル出産とは、自由な姿勢で出産できることです。ということは、
産婦さんにつらいことは出来るだけしないようにしましょう!という趣旨ですから、会陰切開を出来るだけしないことにも当たります。
「出産は、フリースタイル出産が出来る所を探しましょう」そうすることで会陰切開を出来るだけしないで出産することが出来ます。
そして、切らずに出産したい場合は、会陰を柔らかくするマッサージや体操など、自分自身でケアすることもできますので、
ぜひやってみてくださいね。

まとめ

以上のように、会陰切開は必要な時に行われるのです。誰もが、出来ることなら会陰切開をしないお産がいいと思っています。
しかし、赤ちゃんも狭い産道を一生懸命通り抜けようとしているのです。
あと一歩のところで赤ちゃんの心音の状態が悪くなってしまい、急いで出してあげないといけない事だってあるのです。
絶対に嫌なんて言っていると赤ちゃんの命に関わることもあります。
陣痛の痛みよりは痛くなく、ほんの一瞬だったという経験者したお母さんの話もよく聞きますね。
何よりも赤ちゃんが無事に産まれてくることが大事なのです。
会陰切開したくない人は、自分で会陰をやわらかくするマッサージもありますから、妊娠中から会陰の伸びをよくしておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る