妊娠したら絶対に卒業しなければいけない10のコト

妊娠がわかったら、今までと同じ日常生活を続けていくことはできません。
しかし、あれもこれもダメと、神経質になるのもストレスになってしまいますね。
初めての妊娠の時などは、わからなくて戸惑ってしまうことも多いはず。
同じ妊娠中の人でも、やっていいのかな?と気になるポイントは違います。
大切な赤ちゃんを元気に育てるためには、どんな風に過ごしたらいいの?と妊娠中の生活は必要以上に不安に感じてしまいます。
では、どんな点に気をつけたらいいんでしょう。調べてみたいと思います。

妊婦の体に害を与える物からの卒業(アルコール、タバコ、強い薬など5つ)

まずは、妊娠がわかったら卒業したいこととはどんなことでしょうか?

1.アルコール
妊娠がわかる前の飲酒については、実際は問題はないと言われていますので、あまり不安になる必要はありません。
しかし、妊娠がわかったらアルコールは控えましょう。
アルコールは、お母さんが飲んだ量がそのまま胎盤を通って赤ちゃんに流れます。
妊娠初期は、細胞分裂が激しくあらゆる器官が作られる時期です。その時期はとても影響が大きく脳の発達に大きな影響があります。

2.たばこ
若い人の喫煙率が上がっている今、妊娠がわかってもたばこがやめられない人が多くいます。
ですが、たばこを吸うとニコチンが血管を収縮させて、血液の流れが悪くなります。すると、
子宮収縮が起こりやすくなり、胎盤の機能が低下して流産、早産、前置胎盤、胎盤早期剥離、発育障害の危険性が高まります。
赤ちゃんに必要な酸素や栄養も行き届かなくなり、低体重児になったり、知能の発達や成長の遅れなどを起こす可能性があります。
たばこの副流煙も、もちろん有害物質が含まれています。
妊娠がわかったら、お母さんはもちろん。周りの人にも禁煙してもらいましょう。

3.薬やサプリメント
妊娠初期、特に妊娠4週~6週は赤ちゃんの体の大事な器官が形成される時で、
絶対過敏期と言われる奇形に関して一番危険な時期なので、薬の服用をする場合は、必ず医師に相談しましょう。
また、妊娠8週から15週頃も薬の影響を受けやすい時期です。
妊娠16週を過ぎると体の器官がほぼ完成するので奇形が起こる可能性は少なくなりますが、
機能の発育に影響はしますので、医師から指示された飲み方や量をきちんと守りましょう。
サプリメントも、薬のように作用するものもありますので、一概に判断はできません。
自己判断は避け、飲みたいものを産婦人科の先生に相談するのが一番安心です。

4.X線
妊娠していると気づかずにX線検査を受けてしまうこともあると思います。
多量の放射線を受けると、お腹の赤ちゃんに影響がありますが、レントゲン検査に使われる放射線の量というのは微量です。
検査で使う放射線の量であれば、まず大丈夫ですが、大事なのは、X線検査した時期と放射線の量この2つです。どういった検査を受けたかです。
妊娠中にレントゲン検査を行う場合は、必要性があるかどうか?医師と相談をしてください。

5.カフェイン
1日1杯~2杯程度のコーヒーや紅茶であれば、特に問題はありません。
しかし、5杯以上ともなるとめまいや頭痛、不眠などの原因になるので、カフェインレスの飲み物やハーブティ、麦茶などを飲むことをおすすめします。

日常生活で卒業すること(ビタミンAの過剰摂取、重いものを持つ、旅行、激しい運動など5つ)

では、日常生活で気をつけたらいいポイントはどんなことでしょうか?

1.運動
妊娠中の運動は基本有酸素運動になりますので、健康で妊娠経過が順調ならば運動しても問題はありません。
しかし、激しい運動は控えるようにしましょう。
適度の運動であれば、運動不足の解消や気分転換、腰痛、便秘の改善などメリットはたくさんあります。
妊娠16週以降安定期に入ってから始めるといいでしょう!

2.重いものを持つ
日常生活では、常識の範囲内で普段持っている重さなどを目安にしましょう。
重いものを持ったくらいで流産することはまずありません。
ですが、荷物を持ち歩く場合などはひとりで持たずに家族に持ってもらったり、転ばないように十分注意しましょう。
また、医師に安静を指示された場合は、重いものを持つことはやめましょう。

3.旅行
妊娠初期は、流産の可能性があったり、つわりなどもあり体調が変化しやすいので避けましょう。
安定期に入る妊娠16週頃から27週以降が最適ですが体調にも個人差がありますので無理のないスケジュールをたてましょう。
妊娠後期に入りますと、お腹などが張りやすくなってきますので、医師に相談すると良いでしょう。

4.ビタミンA
妊娠中も必要なビタミンではありますが、油に溶ける性質を持っており、排出されにくく大量に摂ると
余った分が体内に蓄えられてしまいます。
妊娠3ヶ月頃までに過剰摂取をすると赤ちゃんの耳の形態異常が起きるリスクが高まります。
たくさん摂りすぎると、ビタミンA過剰症になる恐れもありますが、逆にまったく摂らないと
不足による健康障害を引き起こすこともあるので気をつけましょう。

5.車を長時間乗らない
車の運転そのものが妊娠中に害にはなりません。
ですが、妊娠中はホルモンの関係で眠気におそわれたり、とっさの判断力などが散漫になりがちです。
特に、長時間の同じ姿勢での運転や同乗は胎盤のうっ血などを引き起こします。
負担を感じたら、すぐに休憩をとって車から降りて休みむようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?不安は解消されましたでしょうか?
妊婦の体に害があるものもあります。妊娠前から知っておくといいといいですね。
あまり神経質になる必要はありません。最低限の生活ポイントを覚えておくことで、
安心した妊婦マタニティライフが送れることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る