胎教には何がいいの?効果とおすすめの方法

お腹の赤ちゃんは、お腹の中でママの声がわかるなんて言いますよね!生まれたら、ママが話しかけると泣き止んでいたのがピタッととまるなんていうのも、もしかしたらこういった過程があるからこそ?とも思ってしまいます。日々大きくなるお腹を見ていると、会いたい気持ちも高まりますね。まだ産まれていなくても胎教は、ママにとってもお腹の赤ちゃんにとっても良いと言われています。今回は、その中でもおすすめの胎教を調べてみました。

ママの気持ちが大切?胎教の効果とは

お腹の赤ちゃんが、はたして耳が聞こえるようになって音がわかったりするのはいつごろからなのでしょうか?お腹の中で、ママの声などが聞こえるのが早くて5ヶ月頃~です。だいたい妊娠5ヶ月~7ヶ月くらいと言われています。こんなことを聞いたら、胎教をしたいと思う人もいるかと思います。話しかけてあげたり、コミュニケーションをとることは、お腹の赤ちゃんの脳を刺激するとも言われています。他にも、安産になった、情緒が安定して育てやすい、夜泣きが少ないなどの効果もあります。胎教をしなくてはいけない訳ではありませんが、ママが日頃からリラックスして、コミュニケーションをとったり、お腹をなでて話しかけてあげたりすることは、少なからず赤ちゃんに良い影響を与えてくれることでしょう!では、胎教とは具体的にどんなことをしたら良いのでしょうか?

胎教といえばモーツァルト?胎教と音楽

胎教に良い音楽といって、思いつくのはモーツァルトなどのクラシック音楽ではないでしょうか?病院などでもクラシック音楽は勧められるほどです。リラックスを目的とし、穏やかに落ち着いた気持ちでいられることが胎教には大切です。ママがクラシック音楽などを聞いてリラックスすると赤ちゃんもリラックスしてお腹の中でとても快適に過ごしているのです。ママが悲しくて落ち込んでいたりするとお腹の赤ちゃんにも伝わってしまいます。クラシック音楽の中でもモーツァルトは「ゆらぎ」という、人間が聞いたらわからないほどの川のせせらぎやそよ風などの自然のなかで聞こえる音に似た周波数が多く含まれていると言われているのです。別名「α波」とも呼ばれます。これが、聞いた人にリラックス効果やストレスの軽減をもたらし、つわりの時期などはつわりの症状を軽くすることなどの効果があります。ママが日頃聞いているポップな音楽などを流しても、お腹の赤ちゃんは聞こえないと言われています。要は、ママが音楽を聞くことによりリラックス効果があるかどうか?ここがポイントなのです。

胎教に絵本の読み聞かせが効果的?

胎教の一つとして、絵本の読み聞かせというのもあります。これは、お腹の赤ちゃんに物語を読んであげても内容はわかりませんよね。お腹にいる赤ちゃんにママの声で語りかけてあげることで、脳の発達やコミュニケーションの一つとして読んであげるのです。胎教はリラックスすることが一番大切です。ママの声をお腹の中にいる時から聞いていると、生まれてきた後も、情緒不安定がないなどの効果もあるのです。ママが読んでいて楽しい気持ち、優しい気持ちになることで、お腹の赤ちゃんへも伝わります。お腹に直接話しかけることが恥ずかしいななんて思う人は、自分も楽しむつもりでぜひとも読み聞かせをしてあげてくださいね!
[おすすめの本]
・「ずーっとずっとだいすきだよ」
こちらは、小学校の授業などでも取り上げられるほど、人の心を感じることができる温まる本です。主人公の男の子と犬のエルフィーの物語。エルフィーがおじいさんとなり、ある朝死んでしまいます。しかし、そのときは悲しい気持ちを理解できません。気持ちを言葉にすることの大切さ、愛とはどういうものか?大人も立ち止まって考えてしまうほどぐっとくる絵本です。「ずーっとずっとだいすきだよ」このセリフが印象的な絵本です。読んでいるとママもきっと心が癒され温かい気持ちになることでしょう。赤ちゃんが大きくなっても読んであげたい1冊です。

最後に

いかがでしたでしょうか?胎教と聞くと難しいイメージがあるかもしれませんが、何も難しいことではありません。日頃からリラックスして楽しい気持ちでいることでも十分な胎教の効果があるのです。ちょうど、妊娠5ヶ月から7ヶ月頃というのは、ママも安定期で体調も良い時です。読んでみたいなと思う絵本を本屋さんへ探しに行ってみたり、音楽を聞いたりする時間を作ってみるのもいいですね!無理なくやってみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る