ラマーズ法ってなに?基本の呼吸と練習方法をおさらい

出産するイメージとして、お母さんがとても苦しそうにいきんでいたり、呼吸をしているところをイメージする人も多いですよね!実際、ドラマなどでもヒッヒッフー!」などといった呼吸での出産シーンもよく見かけます。出産をするときには呼吸法が実は痛みととても関係が深く、呼吸法を正しく行うだけで精神的緊張などや痛みを軽減して安産へもつながるのです。今回は、そんな呼吸法の一つ。昔からよく聞くラマーズ法について調べてみました。ぜひともご参考にしてみてくださいね。

呼吸で何が違う?ラマーズ法の効果

出産の痛みは経験した女性しか味わえないものです。この出産の時の呼吸でどんなことが違ってくるのでしょうか?ラマーズ法は、フランスの医師が広めたと言われている呼吸法で、日本でも昔から多くの産院などで取り入れられている呼吸法です。初めての出産などでは、恐怖さえも覚えてしまう女性なども多いと言われています。この呼吸法行うことにより、筋肉や心の緊張をほぐしたりし、不安や恐怖などを和らげる効果があります。精神的なリラックス効果も言われています。お母さんが緊張や不安などからしっかり呼吸ができないと赤ちゃんに酸素が送れなくなってしまい、同時に赤ちゃんも苦しくなってしまうのです。
酸素が足りなくなってしまうと、生まれてきた時元気がなかったりと赤ちゃんへのリスクも心配となってくるのです。

陣痛開始~出産までのラマーズ法

ラマーズ法の呼吸は基本は、「吸って」「吐く」の繰り返しです。鼻から吸って口から吐き出します。しかし、早いリズムで行うと呼吸自体がハードで苦しくなってしまいますから、なるべく、長い時間をかけてゆっくりと行うようにしてください。この呼吸法は陣痛が始まってから終わりまでずっと同じペースではありません。出産の進み方や痛みの強さの度合いなどで変わってきます。
・陣痛開始~子宮口3センチ
まだまだ会話などもできる程度の痛みが強くないときです。ゆっくりと鼻から吸い、口から吐き出します。それぞれ3秒ほどかけてゆっくりと行います。痛いなと感じても、大きく息を吐くだけでも痛みを和らげることができます。深呼吸をすることで、自然と身体の緊張がほどけます。
・陣痛が強くなっている時(子宮口3センチ~8センチ)
いきみたいという感覚はもう少し先です。子宮の収縮が激しいときなので、鼻からしっかりと息を吸います。その後は、「ヒッ・フー」と吐きます。うまく出来なかったら「ヒッ・ヒッ・フー」と短めに息を吐きましょう。最後の「フー」は残っているものを全部出すように深く長めに吐きましょう。あまりの痛みに呼吸することを忘れてしまい止めてしまう人もいますが、これは赤ちゃんも苦しくなってしまいますので、常に「吐く」ことを意識できると痛みを逃すこともできます。
・子宮口全開、いきみたい感覚が出てきたら(子宮口8センチ~10センチ)
もう少しです!ここまでお産が進むと、痛みというよりはいきむことが強くなります。産院によっては、隣で一緒に呼吸法を行ってくれる場合もあったりします。子宮の収縮に合わせて、息を止めていきみます。最後のふと踏ん張りといったところです。出てこないときは、先ほどの「ヒッ・ヒッ・フー」そして
「ハッハッハー」といったリズミカルに吐いたりすることで、いきみたい感覚を逃したり痛みを軽減します。

ラマーズ法の練習方法って?

産院で開催されている母親教室などで、呼吸法を教えてくれるところが多いので、ご自分が通院している病院に確認してみるのもいいですね!呼吸法は「ヒ」と「フ」の口の形で息を吐くように行います。出産前には、息を鼻から吸って口から吐き出すということを練習しておくといいかもしれません。長めにそして深く吐くことがキーポイントともなりますので、深呼吸などを利用して出産前に少しでも出来るようになっておくと、安産へも近づけますし、本番であわてなくてすみますね!

最後に

出産に伴う痛み「陣痛」は通らなくてはならない道のりです。あまりの痛みでパニックで呼吸法なんて練習してもできなかったなんて人もいます。しかし、呼吸法を少しでもできるだけで、あの痛みも軽減できますし、何よりもご自分が多少なりともリラックスできるのです。赤ちゃんも元気に生まれてくるように、お母さんもしっかりと呼吸をし、酸素を送りましょう!二人で頑張ったあとは感動が待っています。うまくできなくても、深呼吸をするだけでも随分と違います。ぜひとも頑張って下さいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る