マタニティスイミングってなにをするの?その効果と時期

妊娠中の運動の一つで、マタニティスイミングというのがあります。マタニティスイミングは、妊娠中の体力作りはもちろんのこと何かとブルーになりやすい妊娠中の気分なんかも変わったりとメリットもたくさんあるのです。今回はそんなマタニティスイミングについて調べてみました。

マタニティスイミングがもたらす効果

マタニティスイミングとは妊婦行うことが出来るスイミングです。水の中に入ると、なんだか体が軽くなったように感じたりすると思います。これは、水の特徴を利用した浮力によるものです。お腹に赤ちゃんがいる女性も、そういった水の浮力によって、通常の地上で行うよりも動きを軽く感じて、お産に向けての体力を作ったりすることができます。また、腰や骨盤まわりを柔らかくなるので、安産といった効果も期待できるのです。
この他にもたくさんのメリットがあり・・・
・妊娠中感じる特有の症状(腰痛、むくみ、肩こり)を緩和する
・悩む人が多い体重の増加を予防することができる
・リラックス効果を感じる
・ストレス発散
といった効果があります。
最初は大丈夫かな?と思っても、周りもみんな妊婦さんです。こういった環境というのは心強いものです。同じ妊婦さん同士悩みを話したり、ママ友作りができるというメリットもあるのです。また、お水の中は新陳代謝も活発になりますので、お肌もきれいになるという嬉しい効果も感じる人もいます。

マタニティスイミングのレッスン内容

では、どんなことをするのかってとても気になりますよね!内容は、若干違いはありますが、水中ウォーキングや股関節を柔らかくする運動などは共通して行っていることです。またマタニティスイミングの特徴として、スイミングのときの息遣いは出産ととても似ていることから、自然と呼吸法を習得できるのです。水中座禅というのもマタニティスイミングでは多く取り入れてられている内容です。これは、体力勝負といわれる出産時にいきむ力もつけてくれます!水の中というのは、自分が思っている以上の全身運動を行っていますので、体力をつけるという意味でも、妊婦さんにも良い運動の一つです。スイミングといっても、皆さんが思うような「泳ぐ」とイメージではなく、バランスをとったり歩いたりという感じでもありますので、泳げない人でも安心してレッスンを受けられます。泳げないなんて人もそこでやめないでいいんですよ!

いつからいつまで参加できる?

マタニティスイミングは、妊娠初期などは流産のリスクも高まるので妊娠16週以降からが目安です。しかし、いつでも行っていい訳ではありません。当然、体調が良くなければレッスンは受けてはいけません。お腹の張りを感じたり、お医者様から了解が得られなければお休みしましょう。出産間際まで参加しても大丈夫と言われています。マタニティスイミングは、始める前に同意書などを用意しなければならないところもあります。始める前には、かかりつけのお医者様に必ず確認するようにしましょう。またお医者様の中には反対される人もいます。また、スイミングの場所によっては、流産経験がある人は×など独自の制限があるところもあるのでよく確認して下さいね。

マタニティスイミングの注意点

マタニティスイミングを始めるときは、まず第一に安全に参加できることが大切です。きちんと、その場所に助産師などいざ何かあったときにすぐに対応してもらえる環境でないと安心はできないものですね。またマタニティスイミングは通常のスイミングと違って、何かのトラブルなどに迅速に対応できる体制ができています。医師や助産師がきちんと配置されているマタニティスイミングもあります。そして、スイミングを行う前と終わった後にはにはきちんと体調面のチェック(血圧や問診、子宮の状態)などもありますので、安心ができますよね!万が一のために、母子手帳は必ず持参するようにして下さい。また、マタニティスイミングは、免疫力が落ちている妊婦さんが万全の体調で参加できるように、室温、水温なども適した温度になっていなければなりません。室温は30℃、水温は29~30℃が適していると言われていますので、そんなところもご自分で注意してみる必要もあります。

最後に

いかがでしたでしょうか?出産を控えている女性は、やはり出産は安産で産みたいと思うことでしょう。運動は妊娠中でも無理ない範囲で行って良いと言われています。水の浮力、抵抗力などを利用するマタニティスイミングはそういった面からもおすすめの運動の一つです。最近では、専用の運動プログラムを持ち、フォロー体制もしっかりしているところもたくさんあります。何かとストレスもたまりやすい妊娠期間。赤ちゃんのためにも適度な運動いかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る