妊婦さんに必須の栄養素!葉酸のヒミツ

「葉酸」女性なら一度は耳にしたり目にしたりしたことがあると思います。この葉酸は健康維持の面からも妊娠していない人も摂取をすすめられている栄養素でもあります。この栄養素・・日本人はどのくらい摂取できているのでしょうか?実は推奨する摂取量を取れていない人がとても多い栄養素なのです。妊娠したらさらに必須な栄養素ですので、葉酸のことをよく知り積極的に摂取しましょう!

葉酸が妊婦さんや赤ちゃんに与える影響

妊娠すると病院では、「葉酸をしっかり摂って下さいね」と言われることがあると思います。葉酸とはビタミンB群の一種で、水溶性で溶けやすいという性質を持っています。葉酸というと、ほうれんそうなどとイメージする人も多いかと思います。お腹に赤ちゃんが宿ると、お母さんは赤ちゃんを育てなければなりません。この赤ちゃんの成長過程に葉酸はとても大切なものとなるのです。妊娠の初期、超初期にはお腹の中で赤ちゃんがすさまじいスピードで細胞分裂を行い、様々な器官を作ります。この時には、赤血球も必要とし、この葉酸が発育に必要不可欠になってくるのです。葉酸が不足すると、先天性疾患として二分脊椎という脊髄が脊髄管の外にでてしまう病気が起こります。これは、神経管という人間の中枢神経とかかわりの深い組織がきちんと作られない為に起こります。こういった神経管閉鎖障害が葉酸不足によりリスクが上がり、そしてこの現象が上半身から上の部分に発症すると「無脳症」という脳が欠損している奇形も起こりうるのです。無脳症は、妊娠中にわかると、出生後も生存率が低いため、人工中絶をする人がほとんどです。

葉酸を摂取する時期はいつからいつまで?

では、葉酸はどのように妊娠中に摂取していったらいいのでしょうか?本来は、妊娠を予定していたら、妊娠をする前から摂取した方がのぞましいと言われていますが、なかなか難しいと思います。ですので、妊娠がわかったらすぐに葉酸は意識して摂取するようにしてくださいね。特に、妊娠細胞分裂が激しい、妊娠3か月頃までは特に気を付けて摂取するようにしましょう!神経管閉鎖障害のリスクを下げることができます。日本人は、もともと葉酸の摂取量が少ないと言われていますから・・。その後も、妊娠中は赤ちゃんに栄養を送るのにお母さんも栄養素が必要です。妊娠中期と後期も必要と言われていますので、飲み続けているとお母さんの健康管理の面からも安心することができます。

葉酸が多く含まれる食べ物は?

普段の食事で葉酸を積極的にとるにはどうしたらよいのでしょうか?色の濃い食べ物に葉酸が多く含まれているイメージがありますね!
ほうれん草(4株で250μg)
いちご(5粒で70μg)
ブロッコリー(2房で100μg)
グリーンアスパラガス(3本で115μg)
サラダ菜(2枚で50μg)
納豆(1パックで60μg)
きなこ(大さじ1杯で18μg)
などがとても豊富に含まれています。
しかし、葉酸はとても溶けやすい性質を持っているために、実際に目安となる量を摂取してもその通りの摂取は難しいのが現状です。多めに摂取しても良いほどです。このほかにも、動物性食品で、豚や鶏レバーなどもありますが、ビタミンAの過剰摂取が心配でもありますので植物性食品のものを食べるほうが安心できることでしょう!

気軽に摂取したいならサプリがおすすめ

さきほどお話しした通り、なかなか食事では、1日の摂取量を摂ることができません。ほうれん草などは、特に溶けやすくて1日に7束以上も食べるなんてちょっと難しいですよね。そんな時にはサプリを利用すると気軽に葉酸を摂取することができるのです。最近では、サプリもすごくたくさん出回っています。鉄分なども一緒にとれるものなどもあります。食事にプラスして葉酸サプリを飲むのがおすすめです!粒なので、負担にならずつわりでつらい時期なども摂取することができますよね。赤ちゃんの発育・健康はお母さんが頼りです!

最後に

いかがでしたでしょうか?葉酸の大切さを感じて頂けたと思います。妊娠超初期は、お腹の中で赤ちゃんが目まぐるしく細胞分裂をし、様々な器官を作っています。もちろん栄養素もたくさん必要なのです。特に超初期は必要ですが、妊娠期を通して葉酸は必要と言われていますのでサプリなどをうまく利用して、食事もバランスよく摂り元気に赤ちゃんを産みたいものですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る