仕事を休んでいる間、収入はどうなる?育児休暇について

仕事を頑張っている女性が妊娠したら、そのまま家庭に入る。育児休暇をとって仕事に復帰する!様々な道があります。今回は、育児休暇を取得したら?どんな仕組み?いったいいつまで?こういった疑問をまとめてみました。ぜひともご参考にしてみて下さい。

育児休暇中は給料は支払われるの?

育児休暇中というのは、会社からお給料としては支払われません。社会保険に加入している人は、雇用保険から育児休業給付金としてもらうことができるのです。あとでお話ししますが、社会保険も免除となりますので、引かれることもありません。会社からもらうものと思っている人もいるかもしれませんが、ちょっと違うのです!
育児休業給付金は、
休業の開始から180日目までは、お給料の67%
休業の開始から181日目を過ぎると、お給料の50%
が雇用保険から支払われます。

社会保険料と育児休業給付金について

育児休業給付金とは雇用保険で行っている制度です。育児休業給付金が支払われている間は、健康保険と厚生年金などの社会保険料は免除となります。これらの社会保険料は決して安い金額ではないので、負担がないのは嬉しいですね・・ですが、支払っていないからと健康保険証などが使えないといったことはありませんので安心してください。給付金をもらうためには、
・雇用保険に加入していることが条件
・健康保険にも1年以上加入していなければならない
・育児休暇スタートから育児休業終了までに会社を辞めない。
などの条件もありますので、満たしているか確認する必要もあります。

休暇期間はどのくらい取れる?

育児休暇は、まず、取得する前に1年以上の勤務期間がなければ取得することはできません。ですので、転職などで会社が変わったりした人は1年以上の期間があるか確認する必要があるでしょう。派遣社員などでも条件を満たしていれば取得できます。育児休暇は、子供が1歳を迎える日までの期間取得できます。これは男性でも女性でも取得できますが、実情はほとんどが女性です。子供が1歳までですが、会社独自の制度があったりすると3歳まで取得できる会社などもあります。また、保育園へ入所することができないなどの事情があったときは1歳6か月まで延長できることが認められています。

育児休暇取得に必要な手続き

育児休暇を取得する場合は、育児休業を取得する日の一か月前までの申し出が原則です。ただ、妊娠は思っている通りにはいきません。予定日よりも早く出産する場合もあるので、こういったやむを得ない場合などは、1週間前などでも手続きをすることができます。ですが、何よりもご自身が早めの準備をする!これが一番大切なことかと思います。必要書類などは、会社ごとに違いますが「育児休業基本給付金の申請書」「受給資格確認書」の二つが必要かと思います。
健康保険や厚生年金などの社会保険は、会社側で手続きしてくれます。

パパママ同時に育児休暇がとれるって本当?

「パパ・ママ育児休業プラス」という制度があります。これは、パパママ同時または時期をずらして別々に取得できる育児休暇制度です。平成22年6月30日からスタートしました。この制度ももちろん休業中は、手当が支給されます。パパは1年以内の期間。ママは産前産後の期間にプラスして育児休業給付金を受け取れる期間で1年となっています。この制度は子供が1歳2か月まで延長することもできます。ママが一番大変な生後3か月くらいまでは同時にとったりしてもいいですし、1歳の誕生日までママが取得し、入れ替わりでパパが取得するなど、方法もいくつかあるので、ご家庭それぞれで一番良い方法で取得することができます。

最後に

いかがでしたでしょうか?ちょっと難しかったかもしれませんが、育児休業休暇中は、会社からではなく雇用保険から給付金が支払われて、社会保険が免除となるという仕組みはご理解いただけたと思います。妊娠は、予定通りにはいかないので、取得を考えている人は、事前の準備を早めにしておきたいものですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る