妊婦さんがエステをしても大丈夫?

妊娠してもエステを受けたいなんて思うことないですか?妊娠中というのは、女性ホルモンのバランスによって気持ちが沈んでしまったりすることもあります。そんなときに、ちょっと気分転換をしたりするのもいいと思います。最近では、マタニティエステというのがあります。女性はどんな時でもきれいでいたいと思うものです。そんな妊婦さんとエステの関係について今回は調べてみました。

フェイシャルエステなら施術可能です

エステと一言にいっても、様々なコースや内容があります。ほとんどのエステサロンは妊娠中と伝えるとNGというところがほとんどでもあります。ですが、妊娠中でも受けられる内容のものもあるのです。エステというと超音波などの機械を使用するものが多いですよね。どうしてもこういった痩身エステなどの超音波マシンを使用するものは、お腹の赤ちゃんの影響などからも妊娠中はうけることができません。しかし、ハンドで行うフェイシャルエステなどは、妊娠中でも安心して施術を受けることができるのです。また顔の産毛なども妊娠中はシェービングをしてくれたりと気を使ってくれるサロンもあります。

妊娠中にできるメニュー、できないメニュー

では、具体的にはどんなメニューがOKで、反対にNGのメニューとは・・・。妊娠中に受ける場合は、基本的に手で行う施術ならできるます。しかし強い力で行うものはダメです。
・できるメニュー
妊娠中は、血流の流れなどもスムーズではなくなってむくみを感じる人も多くいます。検診などでむくみを指摘されたりするもの嫌ですよね。老廃物をしっかりと流すマッサージなら受けることができます。ハンドマッサージです。他には、パックなどの毛穴をきれいにする施術もOKです。
・できないメニュー
簡単に言うと、マシンを使った施術です。超音波マシンなどは、お腹の赤ちゃんへの影響を考えると受けることができません。エステサロンに導入されているマシンのほとんどは、細胞などを破壊するために超音波を使用しています。ラジオ波や超音波は、流産のリスクが上がってしまったり、赤ちゃんへストレスがかかってしまったりするからです。また、強い力で脂肪をもみほぐすのもダメです。一般的にはスリミングマッサージと呼んでいますが、これも行うことが出来ません。そのほかには、脱毛もダメです。妊娠すると、女性ホルモンバランスの変化で体毛にも変化が現れ、それを濃く感じることもありますが、妊娠中はほとんど効果が出ないので、妊娠前に通っていても、いったんお休みするケースが多いですです。また、妊娠・授乳が終わってから再開します。

エステを受けられる時期は?

エステを受けるのに適している時期は、安定期を過ぎてから8か月ぐらいまでが一番おすすめです。妊娠初期は、体の変化が激しい時期でもあり、つわりもつらいです。無理してうけるのはやめましょう。安定期を過ぎると体調もおちついてきますので、リラックスして施術をうけることができます。産後などは、赤ちゃんのお世話で忙しくなったりしますので、この時期に行っておくのもリフレッシュもできますし、お肌の調子が良いのは嬉しいですね。

マタニティエステとは?

マタニティエステとは、妊婦さんが受けられる内容に最初からなっているのが特徴。イメージはゆったりと受けて頂くということです。例えば、むくみをとるためにゆったりとリラクゼーション効果を感じながら施術を受けたり、心身共に気持ち良いと感じることができるものです。妊娠中は、とにかく精神的にも不安定でもありストレスも多いです。こんな時に受けられたら格段に気持ち良いと感じることでしょう。使用するオイルなども妊婦さんが使用しても大丈夫なものを使っていたりと細かいところまで配慮が行き届いているので安心感も◎。エステサロンでも、大手のサロンやちゃんとマタニティサロンのメニューがあるところをおすすめいたします。

最後に

いかがでしたでしょうか?妊娠中のエステは、普段のエステよりもリラックス効果も高いと言われています。痩身メニューなどといったことではなく、リラックスをしてゆったりと受けることができるのが嬉しいですよね。足などは、妊娠中はむくみやすいですから、そういったことをケアするだけでもストレスを解消することができますね。ハンドマッサージというのは想像しているよりもとても気持ちが良いものですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る