極度の人見知りでもママ友と上手に付き合う方法

最近は、テレビドラマなどでもママ友を題材としたものが放映されたりと、ママ友付き合いというのに様々なイメージを持っている人も多いかと思います。また、実は私人見知りで緊張して話すらもできないなんて人もいるかもしれません。でもママ友ってちょっと欲しいかもと思う瞬間もあることでしょう!今回は、そんな人見知りママでも、上手に付き合うコツをお教えいたします。肩の力を抜いてぜひ参考にしてみて下さいね!

まずは挨拶!良い印象を持ってもらうコツ

人見知りママというのは、自分から話しかけることはとても勇気のいることです。そんなときは、話しかけてもらいやすい雰囲気作りというのもおすすめです。話しやすいなと思う人に話しかけてみたいというのは誰もが思うことです。同じ様な印象を持ったら自分からも笑顔で挨拶してみましょう!挨拶は最初の一歩です。きっと良い印象を持ってもらえることでしょう。また、清潔感のある印象の良いママというのもアピールポイントです!ある日にお話しすることができなくても、後日にまた会う機会があって、印象が残っていると「この間もいらしていましたよね!」といったきっかけからお話しすることもできます。そして、同じママというのは、自分のお子さんを見るように他のお子さんも見ています。しつけもちょっとした良い印象を持ってもらうコツかもしれませんよ。

会話に困ったら子供を褒める!他には?

初めて会って会話を始めるときは誰でも緊張しますし、何を話したらいいかと考えるものです。同じお子さんを持った同士というのは、当たり障りのない話も考え見るとあるものです。相手のお子さんが公園で「どうぞ」の譲り合いができていたら、そんなことをほめてあげるのもいいですよね!自分の子供を褒めてもらって嬉しくないママはいません。また、同じ月齢ぐらいだったら、日中何をして遊んでいるか?とかどんなおもちゃが大好きか?近所の病院情報など、自分から少し質問をしてみたりするのも会話が続くコツです!少し月齢が大きかったりした場合は、こんな時どんな風にしたか?など経験したママだからこそわかるアドバイスなんかを聞いてみるのもいいですよ!

共通点が多いと話題も豊富

近所でお会いする場合は、とても共通点が多いのもママ友の特徴です。子育てサークルなどはどんなところへ行っているか?公園でどこの公園が楽しかったなど、月齢が近いと普段過ごす場所など、やっていることが同じなものです。最初どんなことを話したらいいか?と思いますが、共通点があると話題も豊富になり、会話が弾まなくてもどんどん話せるようになります。またお買い物などもおすすめです。ベビー用品などでこんなものつかってみたらよかったよ!なんていうのもお互い情報交換できたりするのも同じママ同士だからこそできることです。

うまくいかなくても落ち込まないで!

いざ、勇気をふり絞り話しかけてみても、会話がすぐに終わってしまったり、相手の反応がいまいちでも決して落ち込まないでください。中にはもう公園にはいかないなんて内向的になってしまう人もいるかもしれません。育児サークルなどでも人数がたくさんいたら自分だけ孤独感を感じることもあるかもしれないですよね!しかし、ママ友とは自分のお友達とはちょっと関係性が違います。隣には子供もいますから、子供と少し遊んで帰ったりしてもいいですよね!見た目ではわからなくても同じ様に悩んでいる人もきっといます。また次の時には違う出会いがあるかもしれないし、何よりも経験です!会話を重ねていくうちに、うまく会話を続けるコツや話しかけるタイミング、話題の切り替え方などがわかってくる様になります。

最後に

いかがでしたでしょうか?ママ友作りは、様々な考え方があります。お互いの家を行き来したりするほど仲が良いママ友や公園や児童館など外で会って会話をするママ友など。これも出会いです。肩の力が入っていると、その雰囲気が全面にでてしまうこともあります。人見知りママは余計思うかもしれませんが、笑顔と話しかけやすい雰囲気、そして当たり障りのない会話をちょっとだけしてみる!そんなことを心がけるだけで、少しづつでもお話しすることができるかもしれません。無理しないで輪を広げることができるのが一番ですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る