妊婦の大敵!貧血にならないための鉄分情報

妊娠すると、鉄分をよく摂取しましょう!と病院で言われたりします。貧血なども妊娠中にもなりやすのです。女性はもともと貧血ぎみという人も多く、妊娠している人に限らず女性は気をつけている人も多くいます。今回は、そんな貧血にならないためのポイントや鉄分などの栄養面など様々な鉄分についての情報をお伝えしたいと思います。

妊娠中は鉄分が不足しがち!それはどうして?

お腹に赤ちゃんが宿り、成長するためには、ママの血液から栄養分をもらいます。血液から栄養が送られますので、ママの身体の中の血液量というのは基本的には増えることにはなるのです。血液量が増えるなら何も問題ないんじゃないかな?と思いますよね!血液が増えるのと一緒に赤血球や白血球などの成分も一緒に増えれば問題がないのですが、増える時は、こういった成分は増えずに血しょうというこれらの成分が入っていない血液が妊娠を継続するためにたくさん増えます。赤血球は、ヘモグロビンの成分が主です。ヘモグロビンは鉄分を作るためにとても大切な成分ですので、赤血球が減ってしまうのは問題です。成分が増えないということは、血液量が増えてもその中の成分は少ないままなので、血液が薄くなって増えているということにもなってしまうのです。妊娠中というのは、鉄分がとても大切です。赤ちゃんの栄養分としてママの鉄分を送りますので、結果、鉄分が不足ということになります。さらに、妊娠中というのは、鉄分が妊娠していない時に比べて、約3倍必要とも言われています。こういったことから、妊娠中は、意識して鉄分を補う必要ができてしまうのです。

鉄分不足のデメリットとは

では、妊娠中に鉄分が少なくなってしまうとどうなってしまうのでしょうか?どんなデメリットがあるのでしょうか?鉄分不足になると、ママの体に変化としては、まず貧血になってしまいます。これはマタニティライフを過ごす上でもとてもつらいですね。特に妊娠初期は、お腹の赤ちゃんの骨格を形成する大切な時期ですので、この時期に貧血がひどくなってしまい鉄分が不足してしまうと、赤ちゃんの成長に影響が出ます。妊娠初期の妊婦健診で、必ず血液検査を行い貧血の数値を見ますが、こういった意味も含まれているのですね!また、赤ちゃんに対しては、赤ちゃんに必要な栄養を送ることができなくなってしまいます。血液によって身体が形成し赤ちゃんの血液もママの血液から作られるのです!また赤ちゃんはお腹の中では、生まれてから私たちが普段何気なくしている肺呼吸なんかもできません。酸素を送ることで生命を保つことができるのです。こういった酸素も送られなくなってしまうのです。

貧血に予防に必要なこと

貧血を起こさないことが大切なことおわかり頂けましたでしょうか?予防できることはあるのでしょうか?ひどい貧血でなければ、食生活から改善することが出来ます。栄養バランスのとれた食事を常に心掛けるようにしましょう。また食事のサポートとして、薬局などで売られている鉄分補助食品と書いてあるものもおすすめです!鉄分に特化しているので、効果的に摂取することができます。また飲み物でも、コーヒーやお茶などは鉄分の吸収を邪魔すると言われているタンニンが含まれていますので、飲まないなどの、ひとときの我慢も・・。
麦茶などのカフェインの入っていない飲み物に変えてみるのも予防につながりますね!

鉄分が多く含まれるおすすめ食材

鉄分というのは吸収率があまり良くありません。また、鉄分には種類が2つあり、「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」というのがあります。ヘム鉄はお肉や魚などの主食の原料となるものの動物性食品に多く含まれていて、非ヘム鉄というのは野菜や大豆製品、あさりなどの貝類などにも多く含まれています。ヘム鉄の方が吸収率が良いと言われていますが、お肉や魚などなので、そんなにたくさん食べるという訳にはいかないですよね。レバーなどもヘム鉄になりますが、ビタミンAなども豊富なので、過剰摂取が気になるところです。ですので、非ヘム鉄なら、たくさん食べても過剰摂取などの面では心配があまりありません。吸収率が悪いと言われる鉄分ですが、非ヘム鉄が豊富が食材は昔ながらの食材がたくさんおすすめされていますので、参考に摂取してみて下さい。また、鉄分だけに気をとられることなく、一緒にビタミンCやビタミンB12も摂取しましょう!たんぱく質も一緒に摂ると吸収率もアップするんですよ!
・豊富な食材(非ヘム鉄)
こうや豆腐、油揚げ、切干大根、納豆、ホウレンソウ、あさり(水煮やつくだ煮などもOK)、かき、ひじき、小松菜

過剰摂取にも注意!

さきほど、過剰摂取について少しお話しましたが、鉄分を摂取しようとしたり、貧血予防などを思う時に、真っ先にレバーを思い浮かべる人も少なくありません。ですが、レバーは、鉄分ももちろん豊富ですが、ビタミンAも多く含まれているのです。過剰摂取してしまうと、骨格の奇形などのリスクが高くなりますので、気をつけましょう!少しの量で、ビタミンAの過剰摂取と言われる量を摂取してしまいます。なんでも食べ過ぎなど過度なことはよくありません。こういったことから、動物性食品ではなく、非ヘム鉄と言われている食材を摂取するとこういった過剰摂取の予防へとつながります。

最後に

いかがでしたでしょうか?ご自分の生活一つで、もしかしたらお腹の赤ちゃんが元気でないかもなんて思ったら、心配でたまりませんよね。元気な赤ちゃんに会えるまでは長い様で短い期間です。もし、自分自身が貧血だったらこの機会に改善できるかもしれません。
鉄分についてよく知り、赤ちゃんもママも元気に健康に過ごしたいものですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る