出産でお金がもらえる!出産育児一時金について

妊娠や出産は保険が効かず全額自己負担です。なので、どうしても費用は高額となってしまいます。妊娠したけど、お金がない!なんて人も最近は、出産育児一時金の制度を利用し出産しやすくなりました。始めての出産などの場合は、名称やこういった制度があることは知っているけど、どういうものかよくわからない・・・どうやってもらったらいいのか?わからないと思います。今回はそんな出産育児一時金について調べてみました。

出産育児一時金ってどんな制度?

出産時にかかった費用を補うということが目的です。出産は保険が効きませんよね?そんな高額の費用を一時金として支払うのが、「出産育児一時金」です。健康保険組合から受け取るものですので、子供が生まれた時に加入していなれば受け取ることができません。お子さん一人につき42万円です。双子などの多胎などは×人数となります。参加医療補償制度に加入していない医療機関で出産した場合は、39万円となります。金額は、どこの健康保険組合で申請しても同じですが、この一時金のほかに「付加給付金」がある場合があります。健康保険組合によって違いますし、ある所は少ないですが、聞いて確認してみるのもいいでしょう。

妊婦さんは全員もらえる?支給対象者は?

妊婦さんはこの制度を全員利用できるのでしょうか?
出産を機に退職するママは、退職した会社などで退職後6カ月以内であれば、申請できますし、パパの会社の健康保険からも申請できます。また、国民健康保険に加入している場合は、国民健康保険で請求できます。よって、自分やパパが加入している保険組合のどこか一つへ申請することができるのです。安心しましょう!ただ、妊娠してから4カ月以上(85日)経過していないと、請求はできません。死産や人工妊娠中絶などはできないので覚えておいて下さいね。

支給方法は2種類あります

・直接支払制度
ほとんどの医療機関が利用している制度です。健康保険組合等が、医療機関に直接出産育児一時金を支払います。事前に申請書などを提出する必要はありません。出産前になると、医療機関などから説明があり、書類を提出することが多いです。
この制度は、出産費用が出産育児一時金を上回った場合は、退院時に窓口で差額を支払います。また、逆に出産育児一時金の金額よりも費用が少なくて済んだ場合は、後日、健康保険組合等に申請書類を提出すると差額分が返金されます。

・受取代理制度
事前に申請書を提出しなくてはなりません。また申請書には医師の証明が必要となります。だいたい、出産の2カ月ほど前には提出する必要があります。提出すると、医療機関が健康保険組合等へ出産育児一時金の請求をし、医療機関へ出産育児一時金が支払われます。ただし、この受取代理制度は、現在は一部の医療機関のみで実施されている制度となりますので、事前に確認する必要があります。こちらの制度は出産費用が出産育児一時金よりもかからず差額分が発生した場合は、申請書などは不要で自動で口座に戻ってきます。

手続きは必要?

では、手続きはどうしたら良いのでしょうか?
直接支払制度は、健康保険証を医療機関へ提示(検診などで提示していれは不要)し、出産までに直接支払制度などの説明を医療機関から受け、サインなど書類に必要事項を記入します。基本はこれだけで大丈夫です。あとは医療機関と健康保険組合との間で手続きがなされます。受取代理制度は、出産2カ月ほど前までに、申請書を提出しましょう!医師の証明も必要なので忘れないように。そして申請書を健康保険組合に提出します。こちらも同じく医療機関と健康保険組合との間で提出後手続きがなされます。どちらの方法にするかは、医療機関へ確認したり、自分で決める必要があります。

最後に

少し難しかったでしょうか?最近の出産は、直接支払制度が受取代理制度のどちらかの制度で支払いがなされることがほとんどです。これは、出産する自分たちにとっても出産時にまとまったお金が必要にならなくなったので嬉しい制度ですよね!出産間近になって
慌てることがないように、しっかり制度を理解して、利用したいものですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る