いつからいつまでが正解?マタニティヨガをする時期

妊娠すると、身体を動かしたりするのもどこまでいいのか?これって大丈夫かな?って気になりますよね!そんな中おすすめなのが、マタニティヨガです!マタニティヨガは、妊娠中の女性が対象なので、無理しないで出来るポーズや動きの中で身体を動かします。ハードな動きなどはなく、ゆったりとしたポーズで行われます。その他にもリラックス効果などもあります。家の中などでも出来ますので、自分で予定を組んで取りくむことができます。妊娠中は何かと運動不足を気にする人も多いと思います。今回はマタニティヨガを始めるにあたっての時期について今回は調べてみました。

マタニティヨガはいつから始めて大丈夫?

妊娠初期は、全妊娠期間中の中でも大事にした方がいい時期です。マタニティヨガも無理しないで出来る動きとはいえども、やっぱり運動にはなってしまいますので、始める時は、安定期と言われて16週以降がおすすめです。これはあくまで平均的な時期ですので、人それぞれ違います。ご自分の体調と相談して始める時期を決めたり、主治医の先生に聞いたりするのが一番です。また、切迫流産などで体調面が優れていない時は控えた方がいいですね!ヨガってやったことないけど、自分にもできるかな?などと思われてしまうかもしれませんが、マタニティヨガは、妊婦さんが対象になりますので、始めての人でも安心して運動することができます。まわりもみんな同じマタニティママばかりです。もしかしたらママ友作りの場などになるかもしれませんね!

マタニティヨガを辞めるべき時期はいつ頃?

では、反対に辞める時期ですが・・・これははっきりしたことは言えません。人によって時期が違います。出産間近までやっている人もいますし、臨月などになるとかなりお腹が大きくなりますので、呼吸の乱れや動きがポーズが苦しいを感じて少し前に辞める人もいるからです。ご自分がリラックスして出来る時期までが良いでしょう!主治医などから、出産が近くなると「たくさん動きましょう!」と言われる事が多いです。安産にもなると言われていますし、体調が良い時は続けてもいいかもしれませんよね!
妊娠後期などは、手足のむくみや血圧の上昇などもあるママがいますので、ちょっとつらいなと思ったら無理しないで身体を休めることも忘れないで下さい。

無理は禁物!注意するべきこと

マタニティヨガをやる上で気をつけることがあるのでしょうか?
やっぱり、ご自分の体調と相談して決して無理して行うことは止めましょう!人それぞれ妊娠期間中の体調は違います。他の人が元気にマタニティヨガをしているからって決して無理しないで下さいね。マタニティヨガはリラックス効果も期待できますので、逆にストレスを抱えてしまってはもったいないですよね!また、安定期に入ったからといっても自分がやりづらいなと思うポーズなどはやらなくていいのですよ!自分のペースで、出来ることだけでも効果はあります。大丈夫ですよ!それに、毎日行う必要もありません。これも、自分のペースでいいのです。お教室などに通っていれば、帰ってきてからなど過度にしてしまうと、リラックス効果もなくなってしまいます。世の中には、通常のヨガなどたくさんのお教室がありますが、マタニティヨガと言われているものを行うようにしてください。産婦人科などの病院で開催している場合もあります。

最後に

マタニティヨガもせっかくやるなら、効果を実感したいですよね。出産は、体力を使うことはもちろんですが、股関節などの筋肉も意外と使うのです。マタニティヨガはそういった筋肉も柔軟にしたり、安産へとつながるメリットがたくさんあります。普段の生活では使わない筋肉なども使いますので、少しだけ取り入れるのも素敵です!始める時期とやめる時期も、ご自分の身体の体調と相談することが何よりです。ぜひ参考にして取り入れてみて下さいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る