妊婦の喫煙ってどうなの?タバコが赤ちゃんに与える影響

妊娠中の女性がたばこを吸うことは、お腹の赤ちゃんに悪い影響があるとこでよく知られています。でも、実際にどんなことが影響あるのか?詳しく知らない人も多いと思います。妊婦さんの喫煙について今回は詳しく調べてみました。とても大切なお話です。全ての女性の人が参考にして頂けたら嬉しいと思います。

妊娠中、出産時にもこんな悪影響が

タバコというのは、吸うことによって身体に有害物質が入ってきます。ニコチンや一酸化炭素などが知られていますね。血管を収縮させてしまう働きがあると言われるニコチン。ニコチンを吸収するということは、お母さん自身の身体の血流の流れが悪くなるのです。赤ちゃんは、お母さんとへその緒で繋がっていています。血流の流れが悪くなると当然胎盤や子宮へも影響が起こります。流れが悪くなると、赤ちゃんの酸素だったりへその緒から運ばれる栄養などが行き渡りずらくなるのです。こうなると赤ちゃんは心地よいお腹のはずがとても居心地が悪くなってしまいます。全てに影響があるということです。こういった事が、常時続いていると、赤ちゃんの出生時の低体重が心配されるのです。これはタバコの常用性にとても関係あり、本数が多いと影響が大きくなりますので、当然低体重のリスクが高くなります。そして、赤ちゃんが誕生した後も発達面に遅れが出てきたり、多動症などの面があるとの報告もあります。そのほかにも、破水や早産などの危険性も高まりますし、もっと怖いのが胎盤早期剥離や前置胎盤などお母さんさえも危険にさらされるトラブルも起こりうるのです。胎盤早期剥離は、赤ちゃんだけでなく母体(お母さん)の命さえも危険があるものです。流産・早産などは、非喫煙者でもあるトラブルですが、確率が2倍以上にも上がるのです。何もいいことがありませんよね!きちんとお母さんが知っておくことがとても大切なのです。

妊娠初期や、ニコチン量が少なければ喫煙しても大丈夫?

では、タバコのニコチンが少なければ、喫煙をしてもいいのでしょうか?たしかに、1日1箱吸ってしまうのを数本に減らしたら、さきほどお話した胎盤早期剥離などのリスクは確立で言えば多少減るかもしれません。しかし、そういったリスクが全くなくなる訳ではありません。本数を減らしても、赤ちゃんへの影響は変わりませんし、お腹の中で酸素が行き届かない状態で成長しているのです!妊娠初期とタバコの関係ですが、これはもし妊娠がわかるまでタバコを吸っていても、発覚後妊娠初期の間に禁煙することができれば、赤ちゃんの低体重や胎盤早期剥離、流産・早産などのリスクは減り、低体重についてはほとんど影響がなくなります。

吸わない方も注意!副流煙の影響

妊婦さんのまわりで、平気でタバコを吸っている人はいませんか?その煙も良くないのですよ!一見、タバコを吸っていなければ害はないように感じるかもしれませんが、大間違いです。タバコに火をつけている時にずっと出ている煙を「副流煙」といいます。これには、タバコを吸っている人の倍以上の有害物質が含まれているのです。お母さん本人が吸っていなくても、旦那さんが吸っているという家庭とても多いと思います。これも実はリスクが高いので回避したいことです。旦那さんに話をしても、なかなか理解されない事も多いですので、しっかりと副流煙の事を話して、お家の外で吸ってもらったり、車に一緒に乗っている時は
隣でタバコを吸わないなどの配慮が大切です。副流煙にも低体重児のリスクがとても高く、実際の発生率なども高いという報告があります。外を歩いている時に、歩きタバコをしている人の煙が顔のかかった経験ありませんか?あれも副流煙です。

最後に

妊婦さんの身体には、いいことがひとつもないタバコ。悪影響しかなかったと思います。将来赤ちゃんが欲しいと思っている人も、毎日赤ちゃんが来てくれるのを待っている人も全ての人に知ってほしいと思います。喫煙期間が長いほど、禁煙は難しいです。そして、妊娠するとホルモンバランスなども変わりますからわかってから辞めることも大変と感じることでしょう。妊娠がわかった時に、穏やかに赤ちゃんと素敵な時間を過ごすことが出来るように禁煙することも素敵だと思います。お母さん自身だけでなく、赤ちゃんは生まれた時から一生が始まるのです。わが子の人生を素敵なものにしてあげたくないですか?赤ちゃんが生まれた瞬間というのは、言葉では言えなくくらいの幸せを感じます。わが子というのは同じものはない宝物です!想像しながら禁煙をしてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る