つわりの代表的な種類とその症状まとめ

妊娠すると誰しも通るとも言われているつわり・・。中にはつわりがなかったという人もいますが、出産経験のあるママなどはつらかった経験を思いだす人が多いことでしょう。症状も軽いor重いなどの感じ方も人それぞれです。今回は、そんなつわりはどんなものがあるのか詳しく調べてみました。ぜひ参考にしてみて下さい。

吐きつわり

一番多い症状がこれです。とにかく気持ち悪くて仕方ないのが特徴。眠っている時意外いつも気持ちが悪いパターンや、いきなり気持ち悪くなって嘔吐してしまったり・・。食事をしても気持ち悪いので嘔吐したり。ドラマなどで「ウッ」といったシーンをご覧になった事がありますか?あのシーンは吐きつわりです。想像できますよね!実際に嘔吐しなくてもなんとなく胃の中が気持ち悪いですし、実際に嘔吐してしまうと、今度は脱水症状など他の事も心配になってきます。嘔吐してしまう場合は、のども嘔吐物が通るので粘膜の荒れなども心配になりますし、胃痛など他の症状が出てきてしまう場合もあります。水分補給をできるようなら、飲める物を飲むように心掛けたり、食欲も減退しますので、食べられる時に食べるようにしてください。

食べつわり

代表的な吐きつわりとは、正反対の症状になります。お腹が空いてしまうと気持ちが悪くなるのが特徴です。なので、お腹が空かないように何かを食べているということになります。一日中何かを口に入れていることで、体重増加などが心配にもなってきます。妊娠初期とはいえども、お菓子や甘いものの糖分などは、妊娠高血圧症候群へとつながってしまう可能性もあるのでなるべく避けた方がいいです!3回の食事にプラスして何かを食べることになりますので、1回の食事の量を減らしたて、合間に残りを食べる工夫をしたり、妊娠補助食品なども最近は色々出ていますので、そういったものをバッグなどに忍ばせておくのもいいですよ!気持ち悪いと食事とりたくないと思ってしまいますが、この症状は逆に食べることで、つわりの症状が改善されるのです。

においつわり

言葉通りにおいが敏感になってしまいます。においもその人によってダメなものが違って聞いているとおもしろいくらいです。よく聞くのが、ご飯の炊ける匂いです。普段であったら、臭いをかぐとお腹が空いたな~!って思いませんか?しかし、つわりでダメな人は逆なのです。しかし、日本人はお米をよく食べる習慣がありますので、困ってしまう経験をお持ちの人がたくさんいることでしょう。そのほかには、車の中の臭いや香水の匂いなど。今まで大丈夫だったものが、急に鼻につく・・そんな感覚が出たらきっとそれはにおいつわりです。温かい食事のほんのりにおうあの感じもダメという場合もあります。においつわりは、マスクをしてもなかなか難しいものです。回避できるものは、工夫をしてつわりの時期を過ごすといいでしょう。

よだれつわり

よだれが増える症状です。レモンや梅干しなどを想像すると口の中によだれが増えますよね。あの感じが常にしているのです。普段何気なく生活しているとよだれは飲みこんでいて気づきませんよね。しかし、どんどん増えてくるので気持ち悪くなってしまい、飲み込みのもつらくなってしまうのです。飲み込むことで気持ち悪さを更に拍車をかけてしまうことも。吐きつわりなどと一緒に起こる人もいます。飲み物を飲んで、感覚を他へ向けたり、アメなどを食べたりするのもいいですよ。また、歯磨きがつわり中つらくないのであれば、歯磨きをすることで、口の中がさっぱりし、よだれの感覚も鈍ります。

眠気つわり

とてもおもしろいネーミングですよね!おとぎ話に出てきそうですが、つわりの種類の一つです。程度もさまざまです。夜しっかり寝ても、昼間も眠くて仕方ない。とてつもなく眠くて生活に支障がでてしまうほど睡魔に襲われるなど。仕事をしているのに全く頭に入らないほどの人も。普段家にいて横になれる人は、少し眠ったりしましょう。無理をしなくていいのです!眠気つわりがある人は、車の運転は危ないので控えた方がいいです。自分の体調と相談し気をつけて運転するようにしてくださいね!

最後に

つわりもいろんな種類がありますよね!どれか一つだけというわけではなくて、いくつかの症状が一度に出ることもあります。
ずっと続く訳ではありません。気がつくとつわりの症状がなくなっている!こともありますし、安定期に入ったら赤ちゃんとの時間も楽しむことができます。自分でうまく対策を練って、マタニティライフを快適にお過ごし下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る