いつから塗る? 妊娠線予防クリームが必要な理由

どんどん大きくなっていくお腹・・・赤ちゃんの成長をとても嬉しく思いますよね!実感できる喜びなんじゃないかなと思います。そんなすくすくと成長するわが子が入っているお腹を見て、ふとこの線なんだろう?と思った事ありませんか?そうです!耳にしたことがあるんじゃないでしょうか?「妊娠線」です。毎日忘れずにクリームを塗っていたのに、妊娠線が出来てしまったなんて先輩ママもいます。出来てしまった妊娠線というのは、消えないのです。頑張った証とも言えますが女性としてはちょっと切ないですよね。赤ちゃんが無事に生まれてからも、ペタンコのお腹に線がある!なんてことがないように妊娠線対策はちゃんと行っておきたいものです。なかなか消えることがない妊娠線を残さないために、妊娠線と妊娠線予防クリームについて知っておくときっと役にたつことでしょうましょう!詳しく調べてみました。

妊娠線ができる理由

では、妊娠線ができてしまうのはなぜか?知っていますか?
線と言っても、細い線ではなく、お肌に紫色に近いピンク色した線ができます。雷みたいな感じのイメージでしょう!
・体重の増加による出現
妊娠中は、お腹もすくし食べてしまいがちですよね!最近では、体重の制限が厳しい病院なども多くありますが、どうしても妊娠後期あたりになると体重がぐっと増加してしまうママなども多いです。この体重の増加も急に増えてしまったりすると、もちろん身体には脂肪がつきますし、皮膚の表面は引っ張られても、内側の組織は、そのひっぱりに耐えることができず裂けてしまうので、結果妊娠線ができてしまうのです。
・ホルモンの変化による影響
妊娠するとママの身体は様々な変化をもたらします。ホルモンバランスの変化はよく知られていますね。コルチコステロイドと呼ぶホルモンが妊娠中は多く分泌しています。このホルモンは、通常のお肌のターンオーバーの働きを衰えさせる働きがあるので、どうしてもお肌の弾力がなくなってしまいがちです。代謝の力が減退してしまうのです。代謝ができないお肌というのは、もちろんハリなどもなくなってしまうので、内側の組織が裂けやすくなってしまっているのです。

妊娠線予防クリームの効果とは?

妊娠線予防クリームは、塗るのが早い時期であれば一層効果があると言われています。妊娠中というのは、さきほどお話したホルモンバランスの変化などもありますので、普段よりも乾燥肌を感じるママも少なくないのです。クリームの効果を感じる為には、とても保湿が大切!少し普段よりも意識的に保湿することを心掛けてみると良いですよ。妊娠線予防クリームを塗るメリット・・・クリームを塗ると、肌が柔らかくなるんです!柔らかくなるということは、皮膚の内側の組織を裂けにくくすることへもつながります。そして、妊娠線予防クリームはシラノール誘導体という成分を配合しているものが多くあります。この成分は、保湿性も高く皮膚の奥深くまで浸透していきます。よって内側の組織が裂けてしまっていたりする傷ついている所を改善してくれることになります。塗らないよりは塗った方がいいことたくさんありそうですよね!

いつから塗り始めるといいの?

早ければ早いだけ良い!でしょう。とはいっても、妊娠してすぐはまだお腹の大きさもさほど変化はありませんので、目安は、妊娠してお腹が大きくなってきたと感じる安定期あたりからでしょう。だいたい5カ月くらいでしょうか?その頃には始めておくことをおすすめします。お腹が大きくなると、もちろん皮膚はひっぱられ始めているのです。ということは、妊娠線ができやすい状態なのです。一度、妊娠線は出来てしまうと消えないし、良くすることはとても難しいです。先輩ママたちで、使い始めが一番多いのはやはり5カ月頃です。その反面、妊娠線が出現してしまったママの多くは、成長がめざましい8カ月以降でありました。出産するまではちゃんと忘れずに塗り続けることが大切でしょう!1日塗らないだけで出来てしまったなんて話も聞くので、油断はできませんね!

ここに注目!選び方のポイント

妊娠線予防クリームを選ぶ時には、いくつかのポイントもあります。
また成分なども、あまりおすすめできないものもあるんですよ!よく化粧水などに使われているパラベンは避けた方がいいです。
まず大切なのは、お腹は赤ちゃんがいる場所の近くなので、クリームによって成分が赤ちゃんに吸収されてしまうことがあります。ほとんど影響がないと言われているものでもママは心配になってしまうものです。成分は、無添加のものが良いですね。お肌が弱いママにも赤ちゃんのためにもおすすめ致します。次に、保湿成分です。お肌の内側まで浸透するものは、予防へもつながりますので、塗りやすい保湿効果の高いものを選ぶようにしましょう!夏場などは、べたつかないものが良いと思います。もし、インターネットなどで注文する場合は口コミなどもとても参考になりますよね!また、短い妊娠期間とは言えども、数か月塗り続けますので、コスパも大切です。価格も高くないものを選ぶようにしましょう。せっかく塗っていても途中でやめてしまってはもったいないです!

最後に

ついうっかり出来てしまった!なんて事がないように、ちゃんと効果を知り自分の目で確かなものを選びたいものです。出産後は、またペタンコのお腹に戻ります。妊娠線は出産の証かもしれませんが、やっぱり後のないきれいなお腹でいたいですね。妊娠線は、お腹だけと思いがちですが、太ももやヒップ、胸など妊娠すると変化が現れる所にも出来やすいので、見えない所は旦那様などに見てもらってもいいかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る