妊婦さんはお寿司に注意!?妊娠中に食べてはいけないNG寿司ネタ

お腹の赤ちゃんへの栄養は、ママの食べたものから吸収され、赤ちゃんに届けられます!つわりでつらい時などは、さっぱりしたものが食べたいと思います。さっぱりした食べ物とも言えるお寿司は、つわり中のよく言われる「臭い」などもきつくなく食べやすいのでついつい食べたくなるものです。お寿司は、回転寿司などで気軽に食べることが出来て、小さな子供などにも人気のメニューですよね!しかし、妊婦雑誌などでは、妊娠中はお寿司などの生ものは控えましょうと書いてあることがあります。なぜ注意しなくてはならないんでしょうか?妊娠中のお寿司の関係と食べてはいけないネタなどについて調べてみました。

妊娠中はお寿司に気をつけなければいけない理由

妊娠中にお寿司などの生ものを控えた方が良い理由は主に2つあります。水銀などの有害金属を避けるためと、食中毒の予防の2つです。まず、一つ目は、魚のサイズが大きくなるほど、水銀の含有量が高く、胎児の奇形や流産のリスクを高めると言われています。水銀は魚を摂取することで、身体の中へ取りこまれると言われており、日常生活の範囲内であれば、魚の摂取は問題ないと言われていますが、妊娠中は胎児への影響が心配となってくるのです。ママが摂取した分は、きちんと身体の外へ排出されるので、問題ないのですが、胎児はそのまま吸収してしまうので、たくさん摂取してしまうと、発達遅延などの脳の発達に問題が起きてしまうことがあるのです。特に音に対しての反応が遅くなります。そしてもう一つの理由の食中毒は、お寿司について言うなら、お寿司のネタは生魚を使用していることがほとんどです。生魚には多少なりとも細菌が含まれています。中でもリステリア菌は激しい食中毒を引き起こします。妊娠中はどうしても免疫力や抵抗力がダウンしている時なので、普通ならば平気でも妊娠中は下してしまうということも考えられるのです。もう一つの理由の食中毒は、お寿司について言うなら、お寿司のネタは生魚を使用していることがほとんです。生魚には多少なりとも細菌が含まれています。中でもリステリア菌は激しい食中毒を引き起こします。妊娠中はどうしても免疫力や抵抗力がダウンしている時なので、普通ならば平気でも妊娠中は下してしまうということも考えられるのです。

食べてはいけない寿司ネタはどれ?

食べてはいけない寿司ネタは、マグロ、カジキなどの大きな盛んです。マグロなどは、寿司では定番ですので、何個もあっと言う間に食べてしまいがちです。クロマグロなどは、2つ食べただけで水銀量が要注意レベルにまでなってしまうので気をつけましょう。
・マグロ
日本人ではマグロが好きと言う人もとても多いですが、水銀の含有量が多いので、もっとも注意しなければならない寿司ネタと言えます。中でも本マグロとメバチマグロは、摂取量の目安などもありますので、無視して食べると胎児に悪影響が出てしまう可能性があります。
・カジキ
これもマグロ同様に水銀含有量が高いものの一つです。メカジキは1週間に80グラムと言われています。寿司一貫のネタがおよそ15グラムですので、メカジキを4~5貫食べたら摂取量をオーバーしてしまうのです。
・タイ
鯛の押し寿司などによくつかわれるキンメダイやキダイにも水銀が多く含まれています。
・サバ
サバは青魚の一種で、最近では血液をさらさらにし、代謝を上げてくれます。DHAなども豊富で栄養価が高いのですが、生食の場合は注意しましょう。食中毒を起こすと体へのダメージが大きいので、妊娠中は気をつけましょう。

サーモンはOK!食べてもいい寿司ネタ

・サーモン
サーモンは水銀含有量が低いです。蓄積もしにくいので食べてもOKです。産婦人科でも、サーモンは栄養面からもすすめています。たんぱく質もたくさん入っていますので、妊娠中の必要な栄養素が摂れます。女性はサーモン好きな人多いですよね!
・さんま
水銀の心配がない魚です。DHAも含まれており、妊娠中のホルモンバランスの乱れなどにも効果があります。秋になると、脂の乗ったさんまが出回りますので、季節を選んで食べたりするのも楽しいですね!
・エビ
エビなどの甲殻類も水銀の含有量が少ないです。エビも、DHA・EPAやたんぱく質などが含まれていて栄養面からも食べて欲しい食品ですが、お寿司の生エビなどは、トキソプラズマなどが心配なので、ボイルしたエビがおすすめです。
・イクラ
いくらは塩分がちょっと気になるところですが、脂肪分も低めで妊娠中はOKでしょう。塩分の過剰摂取は妊娠中は気をつけたいので、適度に食べて下さいね。
・ウニ
ウニは妊娠中に摂取した葉酸も多く含まれています。水銀の蓄積も少なめなので問題ないです。

そのほかに、食中毒が心配と言う人は、調理済みのネタを選ぶのも一つの方法です。玉子、アナゴなどが良いでしょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?お寿司を毎日食べる人なんていませんね。多くの場合は大丈夫です。妊娠中に、お寿司が食べられないなんて悲しいですよね。あまり深刻にならずに、知識を知っておきながら食べることができれはそれほど影響はないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る