バリエーションも豊富!人気のスリングの使い方と選び方

最近の育児グッズは多種多様で購入するお母さんは本当に迷うと思います。しかし、使うならやっぱり自分が一番使いやすい物を使いたいと思うと思います。抱っこひもやスリングなども同じです。いざ購入しようとするとたくさんのバリエーションに迷うと思います。そしていざ購入しても使いこなせるか?不安になる人もいると思います。今回は、スリングについて調べてみました。赤ちゃんにとってもだき子事が良いと近年人気が高まっています。成長に合わせて抱き方なども変えれるものもあり、生後1カ月~3歳頃までの長期間にわたって使えることも人気の理由です。ぐずったあかちゃんもぐっすり眠ると評判です。それでは、人気のスリングの使い方と選び方について見ていきましょう。

可愛くて実用的!人気のスリングって?

スリングの良さは、多くの赤ちゃんが安心して抱っこされているということです。赤ちゃんを包み込むかのような独特な感覚がお腹の中にいる様にやさしく包み込みます。お母さんの鼓動や呼吸、話声を感じることもできるのです。お母さんに常に密着した状態となりますので、赤ちゃんも安心して安定した状態を保つことができるのです。こうしたことから赤ちゃんを中に入れるとすぐに寝てしまうというのもわかりますね。寝かしつけ用として使っているお母さんもいるほどです。また、お母さんにとっても赤ちゃんの体重が分散されますので、軽く感じることができます。スリングは、肩・背中・腰に当たる布全体で赤ちゃんの体重を支えますので、体重の分散面積が広くなって、抱っこにかかる重みを軽く感じるのです。最近では素材や色、デザインなども豊富で、おしゃれなお母さんが多い現代にとてもぴったりといえるでしょう。

リングあり・なしで違う使い方

スリングにも様々なデザインがあります。その中でも、リングで長さを調節できるものと、調節できないリング無しのものがあります。それぞれの違いと使い方はどうなんでしょうか?
・リング有り
慣れると使い道が広がります。使用する都度に微調整が可能なのでいつも赤ちゃんが心地良い状態と保つことができます。
体格が違う人など(パパ)と兼用できるので、パパママ両方使えます。また贈り物にする場合なども、サイズの心配がありません。布幅が広いのも特徴なので、首の座らない赤ちゃんでも全身をすっぽり覆えて安心感は◎。
逆に、デメリットはというと・・・
コンパクトさに欠けますので、持ち運びが大変に感じる事があります。使うたびにサイズ調整をしなくてはいけないので、それを面倒と感じる人もいます。また洗濯の時に、ネットに入れる必要がある事と、パッドの部分が乾きづらいという点もあります。
・リング無し
なんといってもコンパクトで気軽に持ち運びが出来る点かと思います。装着もより簡単であります。リング有りに比べて商品自体の価格もリーズナブルに抑えてある商品もたくさんあります。リング有りに対してこちらは洗濯の時、ネットに入れる必要なありません。デメリットはというと・・・
サイズ調整ができないので、自分のサイズに合ったものでないと、フィット感が再現しにくいです。他の抱っこ方法(縦抱っこ、横抱っこ)などの臨機応変も無理があるのでちょっと厳しいです。他の人との共有も商品によってはできないと思います。

スリングを選ぶ時のポイント

では、選ぶ時のポイントとは?色々なものがありますので迷ってしまいますよね!まず第一に重視しなくてはならないのは、安全性です。どんなにデザイン性の高いや高価なものでも、赤ちゃんに危険が及ぶものは何の意味もありませんんね。大事なわが子を抱っこするものなので、慎重に選ばなければなりません。リングが有るタイプで調節が出来るものなどは、しっかりと使い方をマスターできるものが一緒に同梱されているか?(DVDなど)自身が使いやすいか?ということもポイントです。また意外と重要となってくるのが、肩パッドの産むです。赤ちゃんとはいえど、体重は数キロあります。その体重が長時間肩にかかってくるとなると、痛みがでてしまったり肩こりしてしまったりすることもあります。肩パッドが入っているものであれば、負担も軽減できますし、対身を防ぐことができるでしょう。スリングは安全性を判断するにあたってわかりやすい基準があります。セーフティスリングマーク(SSまーく)といって日本ベビースリング協会によって定められた安全基準をクリアしたスリングにつけられるマークのことです。少し参考にすると良いスリング選びができることでしょう!

最後に

赤ちゃんがスリングが大好きな理由は、お母さんの子宮の中の環境と似ているからといわれています。包んでくれているお母さんの子宮の中はとても気持ちが良い所という記憶があるため赤ちゃんにとってスリングは居心地の良い場所となるのです。使うからには、お母さんも使いやすい負担の少ないスリングを選びたいものです。素敵なスリング選びが出来るといいですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る