産後の腰痛対策に!トコちゃんベルトってなに?

妊娠中~産後に、女性は腰痛を訴える人がとても多いです。妊娠すると、体重が増加したり、大きくなったお腹を支えるために腰に負担がかかります。また、産後は、体も元に戻らないうちになれない育児に睡眠不足、しゃがんで赤ちゃんを抱っこしたり、腰に負担がかかることがとても多くなります。「リラキシン」というホルモンが妊娠中に分泌され、それが骨盤を緩めるとも言われています。こういった作用で、骨盤を支えているじん帯がゆるみ、骨盤がぐらぐらになってきたところに、負担がかかるので、全く腰痛知らずだった人ですら痛みを訴えるのです。そんな腰痛予防に効果的といわれているのが、トコちゃんベルトです。名前を聞いたことがある人もいらっしゃるかと思います。産院などで推奨しているところもあり、すすめられた人もいるかもしれませんね!今回は、そんなトコちゃんベルトについて調べてみました。

トコちゃんベルトは妊娠中の骨盤ケアにぴったり

最近の女性は、骨盤周りの筋肉やじん帯が鍛えられていない人が多くいます。鍛えられていないことで緩み更には凝りへと変化している女性すらもいるほどです。そうなると、妊娠して骨盤を緩めるホルモンが分泌されると、更に骨盤はどんどん緩んでいってしまいます。この緩みは、妊娠や出産という女性機能を全うするための正常は変化ですが、赤ちゃんと胎盤と羊水に加えて、大きくなった子宮や血液からの負担も大きく骨盤はとてもゆがみやすくなります。日に日に大きくなるお腹を支えるために、姿勢もわるくなり、背中や腰にも負担がかかるのです。妊娠中~産後は、緩んだ骨盤の後ろ側(おしり側)を支えて腰を安定させることが大切です。この安定とサポートしてくれるのが、トコちゃんベルトなのです!腰の下半分はしっかり締めながら、腰骨の張っている所は強く締めません。おへその下のお腹は軽く支え、おへそより上は締めない。ものです。骨盤を正しい位置に保つことは、腰痛はもちろんですが、早産の改善にもつながります。妊娠初期から使用出来、腰痛、産後の出血などの軽減にも効果がありますので、様々な効果があると言ってよいでしょう!

腹帯・マタニティーガードルとの違いは?

妊娠中は、ホルモンの影響もあり、骨盤が緩み、子宮が大きくなってくるとお尻が大きく越しまわりにも贅肉がつきやすくなったりもします。トコちゃんベルトのように骨盤を支えるものは、骨盤を外側から支えて、ゆるみすぎないようにすることで、腰痛対策、骨盤のゆがみ、体型の崩れに歯止めをかけてくれます。つけていると、腰がしゃんとしお腹や背中、頭の位置バランスが整うので、抜群に歩きやすくなります。しゃがんだりするときの腰の負担の軽減を感じる人もたくさんいます。では、逆に、腹帯・マタニティガードルはどうなのでしょうか?これらは、お腹自体のサポートや衝撃を和らげるという意味があります。つけることによってうまくバランスをとれるようになったり、大きなお腹や胎児に与える衝撃を緩和することが出来るのです。ガードルタイプもありますが、これは足の付け根のことろが痛くなってしまったり、トイレに行くたびに上げたり差へ足りするのが面倒に感じることもあるでしょう。妊娠中に締めるのは、お腹よりも骨盤です。

最後に

トコちゃんベルトは、効果を実感するには個人差があるのかもしれません。また使い慣れるまでは、食い込んだち、ずれてしまったし、痛いと感じたりすることもありますが、正しい着用法を身につけたら、効果は抜群です。まずは正しい着用法を知ることがポイントです。骨盤が緩んでいる時は、前に倒れそうにもなります。そんな態勢を身体は腰や肩の筋肉などで必死に頑張っています。そうなると、腰痛や肩こりなども伴ってしまいます。健康な赤ちゃんを産むためにも骨盤はとても大事です。産後の骨盤を正しい位置に整えることできれいなボディケアを保てるようにしたいものですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る