妊婦さんは温泉に入っても大丈夫?妊娠中の温泉で気をつけること

日本人ならだれでも大好きなのが、温泉ではないでしょうか?体も温まるし、ストレスも発散できますので、癒し旅行として温泉旅行へ行く人も多いと思います。温泉に行くと、禁忌事項として「妊娠中」というのを見かけたことがある人もいますよね?
はたして、本当に妊娠中は温泉に入ってはいけないのでしょうか?妊娠を温泉との関係について調べてみました。

温泉禁止は昔のこと?現在は妊婦さんも入浴OK

妊娠中は温泉に入ってはダメとされているので、今まで行きたいけど行けなくて我慢しているという妊婦さんも多かったんじゃないかと思います。でも、実はこの妊娠中の温泉禁止というのは科学的根拠が全くなかったというニュースもありました。1982年に環境省が定めた温泉施設に刑事する注意書きや効能の内容を32年ぶりに2014年に見直しがされ、現在は妊婦も温泉へ入ることができるのです。環境省でも、なぜ定めたのか調べたがわからないのです。海外の文献や俗説を参考にした可能性があります。

今まで温泉がNGだった理由とは

では、なぜ今まで温泉がNGだったのでしょうか?科学的根拠はなく、なぜだったか過去を調べても出てこないのです。妊娠中というのは、お腹が大きいため足元が見えにくく、バランスを崩しやすいですね。妊婦さんは転倒するだけで大変な事態となる可能性があります。このようなトラブルを施設側は避ける必要がありますよね。もし、自身が提供する施設内で、トラブルが起きてしまった時は、その責任を施設が問われることになりますよね。そうなると、施設は面倒なことになったね・・だけでは済みません。取り返しのつかないトラブルを避けるための対処であったということと、妊娠中は個人差があるとはいえども、皮膚がとても敏感になっています。温泉に入ることで、刺激となり妊娠性痒疹や湿疹ができてしまうこともあるのです。大きくあげて、この2つの点が妊娠中に温泉に入ってはいけないと言われていた理由であるという説が有力です。

転倒や湯あたりに注意!温泉を楽しむポイント

では、妊娠中に温泉に入る場合どのような点に気をつけて温泉を楽しんだら良いのでしょうか?
・入浴は長時間しない
長時間の入浴は基本的にダメです。42度以上の高温は、30度以下の低温では交感神経が刺激されて血圧が上昇してしまいます。妊婦さんの体温が上がると、お腹の赤ちゃんの体温も上がってしまうのです。時間は長くても10分程度とした方が良いです。または、少し休憩してからまた入るなどの繰り返しなどなら楽しんでOKです。普段よりのぼせやすくなっていますので、
過信しないで気をつけることもポイントです。
・刺激の強い温泉は避ける
温泉といっても色々な効能があって、中には硫黄の匂いがきつい温泉場などもあります。硫黄成分が強いと肌がピリピリしてしまいます。温泉浴には、刺激の少ない「単純温泉」がおすすめです。仲でも「弱アルカリ性単純泉」は古い角質を分解し、すべすべのお肌を作る『美肌の湯」とも呼ばれていて良いですよ!額に、刺激の強い硫黄泉・濃い食塩泉やラジウム泉などは避けた方が良いでしょう。

妊娠中だからといって控える必要なないですね!ストレスの溜まり易い時期ですので、日々の心のリフレッシュなどに楽しみましょう!気分転換も妊娠中には必要なことです。
うまく活用していきましょう。

最後に

妊娠中であっても、温泉そのものに危険性はないのです。妊娠中はなにかとストレスがたまるものです。ただ、転倒はやっぱり怖いですね!出来るだけ一人で入らずに付添いの人などがいると心強いですね。旦那様と二人なら、家族風呂や貸切露天風呂などを利用するのもいいですね!入浴後は、水分補給を忘れないようにしてください。温泉旅行はリラックス効果もあることでしょう!マタニティブルーを解消し、ニコニキ楽しい妊婦生活を送ると共に素敵な思いでも作って下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る