市販の風邪薬はダメ?妊娠中の風邪の治し方

妊娠すると簡単にお薬を飲めないと思う人が多いと思います。妊娠中=薬×というイメージですよね。でも、冬の寒い時期などはどうしても風邪がひきやすくなってしまいます。妊娠中は薬が飲めないから大変だよね・・という声も良く聞きます。風邪をひいたら、こじらせないことが大切です。では、風邪をひいてしまったら風邪薬も飲まずに我慢しなくてはならないのでしょうか?
妊婦さんは不安になってしまいますね。また市販の風邪薬なども自己判断で服用してしまうのも危険ですね。妊娠中であっても飲めるお薬はあります。そんな妊娠中の風邪の直し方と風邪薬について調べてみたいと思います。

市販薬はNG!くすりはお医者さんに相談を

妊娠中、風邪薬は飲んではいけないと我慢してもっとひどくなってしまうと、お腹の赤ちゃんにも悪影響を与えてしまう可能性もあります。風邪薬などのお薬の影響が出やすいのは妊娠初期と言われています。特に、つわりがひどい時期は、赤ちゃんの身体が作られる大切な時期でもあります。そして、くすりの影響が出やすいので一番気にしなくてはなりません。妊娠4週~15週の安定期に入るまでで、その中でも特につわりがひどい妊娠4週~7週が一番影響が出てしまいます。考えられる影響は、催奇形性という、胎児に奇形が出る可能性です。心室中隔欠損症といった心臓への奇形や手足の欠損なども考えられます。そのほかにも、口蓋裂や口唇裂、女性外性器の男性化などといった例もあります。お薬と言ってもたくさんあり、胎児の催奇性があるといわれる薬は、全医薬品のうちほんの一部とも言います。風邪薬は基本的には対処療法でもあります。風邪をひいたときに、妊娠中、全期間通じて使えるのはアセトアミノフェンと言われています。しかし、注意を要するのは、NSAIDと言われる薬で、胎児の動脈管を収縮させるため、妊娠後期は、使ってはいけません。ロキソニンなどは妊娠中期までは使用可能とも言われますが、ボルタレンは
妊娠中は禁忌です。せき止めなどでは、メジコンが安全と言われています。去痰剤のムコダインも、使用できます。抗がん剤、特殊なホルモン系の薬、放射性医薬品など一部の医療用の薬などが危険度が高いと言われています。飲まないにこしたことはありませんが、やっぱり重症化するのは避けたいものです。一番は、通院している産婦人科などお医者さんに相談することが安全です!

風邪のひきはじめに葛根湯を飲むのはあり?

ほとんどの病院、産婦人科では、妊婦さんが風邪をひいたというと葛根湯を処方することでしょう。葛根湯は、漢方になりますので、体質的に合わない人もいますので、もしも風邪薬として処方してもらう時には、お医者さんに相談して処方してもらうと良いでしょう。葛根湯は、葛根のエキスが鎮痛作用や発汗作用があり、首筋の凝りをとる作用なんかもあるのです。免疫力を高め、身体を温めますので、穏やかな効き目で風邪の初期の妊婦さんなどにも効果があります。特に、風邪の初期、熱の上がり始めなどに効果があり、熱が上がってしまってからではあまり効果がありません。市販でも、葛根湯は発売されていますが、市販のものは葛根以外の成分の含有量が多かったりしますので、病院で処方されるものを服用するのが安心です。

心配しすぎず休むのが治すポイント

妊娠中風邪をひいてしまったら、できるだけ身体を休めることが大切です。妊娠中はまとまった睡眠がなかなかとれませんが、身体をゆっくり休められる環境作りをぜひとも作るようにしてください。
手洗い、うがいの徹底、湿度を適度に保つ、早く寝る、外出時はマスクをするなどの予防も一緒に行うと、これから先妊娠中に風邪をひいたというときにも症状が軽く済むかもしれませんね!また、民間療法としてお薬に頼らない方法もいくつかご紹介しますね!風邪をひいてしまったら試してみてくださいね。
・はちみつ大根
大根の皮をむいて、角切りにします。それを、タッパーや瓶にいれて、はちみつをいれます。大根6センチほどにたいして、ハチミツ大さじ5杯を目安にしてください。準備ができたら、入れて、ふたをして3時間程度置きましょう!置いておくことで大根から汁が出ます。はちみつと混ぜて、大根汁をお湯で溶いて飲みます。
・梅干し
梅干しを焼いて食べるのもおすすめです。梅干しを焼くことで、「ムメフラール」という成分が生まれて、これが風邪に効果があります。そのまま食べてもいいし、しょうが湯などにいれて飲んでも良いです。梅干しは黒くなるまで焼くのがいいですよ!

風邪をひいてしまったら、ママもつらいし重症化するとお腹のあかちゃんもつらいです。心配せずにまずはゆっくりと休むことを心掛けて下さい。

最後に

いかがでしたか?妊娠中は免疫も低下しますので、風邪をひきやすいという人も多いです。
自然治癒で治ればいいのですが、ひどくなったりいつもと様子が違う場合は医療機関へ早めの受診をするようにしましょう。
妊娠中でも安心して飲める風邪薬も最近は多くありますので、上手に活用しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る