安定期っていつから?安定期の時期とできるようになること

妊娠がわかってからしばらくは、流産の可能性だったり、つわりになやまされたりする人も多いと思います。不安を抱えていた人も、安定期に入ると一安心することでしょう!つわりも治まり、身体に無理のない範囲で運動などが出来るようになったり、今まで通りの生活を送っているつもりでも、安定期に入ると、ほっとし平穏で全然違う生活だと感じる人もいることでしょう!では、そんな安定期とは、いったいどの時期を示すのでしょうか?調べてみたいと思います。

いつからいつまで?安定期といわれている期間

一般的には、妊娠16週~28週(妊娠5~7か月頃までを安定期と呼びます。ただ、安定期にも個人差がありますので、あくまで目安と考えると良いでしょう。ご自身のつらく感じる症状が改善したと感じる時期が、その人にとってに安定期なのかもしれません。「安定期」という文字通り、体調が安定してくる時期でもあり、妊娠初期の頃に感じていた体調の変化や吐き気、過敏になっていたにおいなど、いわゆるつわりと言われている症状が治まります。人によっては、妊娠後期までずっと体調変化が続き、安定期がないという人も2割ほどいると言われています。

つわりも終了?ママの体に起こる変化

妊娠がわかると、吐き気などの体調不良を伴うつわりがはじまります。全体の50~90%のママになんらかの症状があると言われています。逆につわりがないと言う人も10%程度います。妊娠4週~6週ぐらいから始まって、妊娠12週~16週くらいには落ち着いてくるとも言われています。一番つらいピークは妊娠7~9週ごろの人が多いです。期間も症状もさまざまです。いつもよりムカムカするという程度の軽い人から、寝込んでしまったり、入院になるほど重症になる人もいるのです。そんなつわりが終わると、ママも我慢していたことができたり、体により一層の変化を感じることでしょう!
今まで目立たなかったお腹も徐々にふっくらとしてくる時期でもあり、ママの自覚も一層強まることでしょう。また胎盤が完成してくる時期でもあります。つわりは、胎盤が形成される過程で起こると言われているので、胎盤が完成するとつわりは治まります。今まで、つわりで生活も制限されていたなんてママもいることでしょう。我慢していたことが出来るようにもなります。
・運動
安産のためにも安定期に入ったら、体をうごかしましょう!散歩などでもいいし、マタニティスイミングやヨガなどもいいですね!この機会にチャレンジするなんてのも素敵だと思います。また、出産に必要な筋力作りや呼吸の使い方も身につけられることもあります。
・旅行
安定期の時期に旅行を楽しむ人も、近年は上昇傾向にあります。特に問題がなく体調のいい場合は計画してもいいかもしれません。旅行へ行く場合は、お医者様へ相談することも忘れないようにしましょう。体調がいいといっても、普通の身体ではないので、飛行機などに乗る場合は、リスクなども理解するようにし、くれぐれも無理ない計画を立てましょう。母子手帳は忘れずに持っていきましょう。

そのほかにも、夫婦生活なども、お腹の張りなどがなく体調が良い時は、スキンシップをとるのも夫婦関係を良好に築くためには良いでしょう。また、気分転換にショッピングなどもおすすめです。生まれてくる赤ちゃんのことを考えながら買い物するだけで幸せな気分になりますね。体調がいいこの時期に出産に備えておくのもいいでしょう。

安定期に入ると流産の心配はない?

流産は、妊娠している期間の中でも、つわりが治まるまでの妊娠初期が一番確率が高いと言われています。妊娠初期に流産する確立は約13%と言われていますが、安定期に入ると約1.6%までに下がるのです。妊娠初期が確立が高いですが、安定期に入ってからも流産する確立はゼロではありません。わずかながら残っていますので、安心しきってしまうのは禁物です。安定期に入ってからの流産の場合は、兆候として、出血があげられます。特に大量の出血がある場合は、すぐに救急車や車などで、病院へ駆けつけるようにしましょう。微量の場合でも、万が一のことを考えて、すぐに病院で診察を受けるようにしてください。安定期の流産は、一刻も早い処置が大切となってきます。安定期に入ったからといって、決して無理な生活はしないようにしましょうね。

安定期に気をつけるべきこと

目まぐるしく変わっていく妊娠中の体調変化。安定期に入り、体調も落ち着くと、食欲も増し、アクティブに過ごしたくなりますね!今まで、つわりで思うように動くことができなかった分、遅れを取り戻したい気持ちはわかります。しかし、身体の調子が良くなっても、妊婦さんであるのです。決して無理はしないようにしてくださいね!そして、安定期であっても、このようなことは常に忘れずにご自身の身体をいたわり健康な妊婦生活を送りましょう。
・冷えは禁物
お母さんの身体の冷えは、赤ちゃんにとって命にかかわると言ってもいいくらい、冷えは良くないのです。血流が鈍くなって、血液量が減少することで、血液を必要としている子宮や卵巣に十分な栄養や温度がいきわたらず、正常な機能が出来なくなることもあるのです。身体が冷えるほど女性ホルモン分泌量が減ってしまいます。ママが少し暑いと感じるくらいがお腹の赤ちゃんにとってはベストなのです。
・お腹の張りには注意しましょう
安定期の時期の、お腹の張りは少し横になると治まる場合がほとんどですが、安静にしても治まらなかったり、痛みが強くなったり持続する場合は、すぐに診察を受けるようにしましょう。

最後に

安定期なると、不安な気持ちから解放され、マタニティ生活も楽しめるようになることでしょう。流産の可能性も低くなりますが、妊娠高血圧症候群や切迫早産など心配は最後までつきものです。絶対安心という保証はありませんので、気になることはお医者さんに相談し、不安ない日々を過ごしましょう、また、疲れやすくもなりますので、疲れたらすぐに休んだり、周りのひとに助けてもらったりしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る