可愛くて実用的?妊婦帯・マタニティガードルの選び方

妊娠すると、お腹は妊娠5カ月頃からどんどんふくらんで目立つようにもなってきます。そして、お腹がふくらんでくると、どうしてもお腹をかばう歩き方になってしまいます。そうなると、妊婦さんの腰の負担はかなり大きいものとなります。経験したママなどの話を聞いたりすると、安産祈願をしてから妊婦帯・マタニティガードルを使い始める人が多いのです。では、実際使いたいと思って、選ぼうとすると何を選んでいいかわからなくて、戸惑う人もいると思います。最近は、素材や特徴、色、柄などのバリエーションが豊富で、用途や好みで選ぶことができるので、プレママにとっては嬉しいですね!そんな妊婦帯・マタニティガードルの選び方とは?ご参考になれば幸いです。

妊婦帯はどうして付けるの?

本格的にお腹が目立ち始めてくる妊娠5カ月ことになると、ママも身体のバランスを保つために、自然と状態をそらすようになると言われています。常に背中が反っている状態となりますので、腰への負担は想像するだけでもおわかりになると思います。そのため、腰痛になるプレママは多いのです。そんなプレママの腰や背中をサポートするのが妊婦帯と言われています。妊婦帯には様々な役割があります。・下腹部を下からしっかりサポートすることで、プレママの腰をまっすぐに保ち、赤ちゃんを正しい位置に安定させ体への負担を軽減する。
・体のバランスを整え、腰痛対策をしっかり行うことができる。
・お腹の表面を覆うことで赤ちゃんへの衝撃を和らげるとともに、お腹の冷えを防ぎます。
・妊婦帯をつけることで、お腹へと意識を向かせ、母親としての自覚を持つことへのサポート。
こういったことが言われています。
しかし、腹帯は強く締めすぎてはいけません。血流を滞らせてしまい、赤ちゃんが栄養不足になる可能性などもあるのです。妊婦帯を着用する時は、骨盤の下をしっかりしめるもので、おへその上を締め付けないものを選ぶようにしましょう!

実は豊富!妊婦帯の種類と選び方

最近は、種類もとても豊富です。素材や特徴などで選ぶこともできますし、色や柄などの見た目を重視して選ぶこともできます。締め付けすぎも良くないし、サイズの緩すぎるものもお腹をしっかり支えることができないので、ご自分のサイズをしっかりと測るようにしてくださいね!
では、そんなものがあるのでしょうか?
(1)妊婦帯
・腹巻タイプ
主流となっている腹帯の一つです。腹巻のような筒型で、なんといっても脱ぎ着が楽です!マジックテープで締め付け具合を調節できるものもありますので、使いやすくトイレの回数が多くなっても便利です!お家でリラックスしたいときや、就寝時にもおすすめです。
・ささえ帯タイプ
お腹の大きさや角度に合わせて装着できて、幅の細いものです。着脱しやすくずれにくいのも特徴の一つです。ショーツの下につけると、トイレでいちいち取り外す手間もなくなります。
(2)ガードル
ガードルタイプの妊婦帯は、働いている方などにおすすめです。パンツスタイルとの相性も良いですよ!妊娠中期から使用できます。ヒップをしっかりシェイプして足口がシンプルなものが多く、アウターにひびきにくいショートタイプや、ワンタッチ着脱の全面パネルをおろすだけで、さっとお腹が出せる、検診時などにおすすめのフロントオープンタイプ。すぱっつのようなはき心地で、体の動きにフィットするロングタイプなどがあります。

最後に

妊婦帯には、それぞれに特徴があります。かわいいのに実用的なものもたくさん販売されています。自分の生活スタイルや体に合うものを選ぶようにしましょう!妊婦帯は、購入する時に試着できないことがほとんどです。購入するときは、自分の体のサイズを正しくはかり、これから大きくなるお腹のことも考えて購入するようにして下さいね。最初は1枚だけ購入いて着用してみるといいと思います。季節に合わせて素材を選んだり、楽しく選んで下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る