出産が怖い!不安な気持ちをラクにする3つのコツ

出産を控えるママにとって、一番怖いと感じているものは出産とも言われています。出産が近くなってくると期待と不安で胸がいっぱいになる人も多いことでしょう!お腹の中の赤ちゃんに会いたいという気持ちの反面、出産はとんな痛みなのだろうかという気持ちが入り混じり、お産の前は複雑な気持ちとなります、初産であれば、未知なる世界でもあり想像が出来ないので、出産が怖いと感じます。今回は、そんな出産が怖いと感じているママに、不安な気持ちをラクにするコツをお伝えしたいと思います!

ソフロロジーでイメージトレーニング

ソフロロジーという言葉を聞いたことがありますか?ソフロロジーというのは、出産などを前向きな気持ちで心身をリラックスさせながら自然な形で赤ちゃんの誕生を迎えるという出産方法の一つです。陣痛の痛みも赤ちゃん誕生の過程だと思うことで、恐怖を取り除いて痛みを受け入れながら、楽な気持ちで出産に挑めるようにトレーニングを行うのです。トレーニングは、心身ともにリラックスしている時に行います。陣痛を乗り越えてお産が進んでいく様子や、赤ちゃんが誕生する瞬間や初めての対面などをイメージします。こういった疑似体験をすることによって、実際のお産でもリラックスできるのです。
こういったトレーニングをすると・・
・陣痛や出産への不安や恐怖心が和らぎます
不安定だった心が落ち着きます。出産してからの生活が待ち遠しく思え、幸せなことに思えるようになります。
・出産時の体力の消耗をおさえることができます。
心身共にリラックスした状態になると、恐怖心で強張っていた全身の筋肉もほぐれて、お産がスムーズに進むようになります。また、いきみのタイミングなども合うようになります。
・強い痛みを感じにくくなります。
前向きな気持ちで心が満たされることで、不安感が少しずつなくなっていきます。

トレーニングをすることでこういう気持ちに変化していきます。
途中で気分が良くなって眠ってしまうこともありますが、それは心身が解放されてリラックスしている証拠なので大丈夫です。このソフロロジーのトレーニングは、人間の無意識の精神に働きかけるものなので、少しやったからといってすぐに身につくものではないです。トレーニングを続けて行くことで、自身を持って出産に臨めるという訳です。

先輩ママやお母さんに相談してみる

出産を経験したママやお母さんに相談してみるという方法もあります。経験した人の話というのは、現実味もありイメージしやすいものでもあります。そして、母は強し!という言葉があります。出産はたしかに痛いです。ですが、女性の身体はこの痛みに耐えられるようにできているのです。どんなに不安な人でも、必ず乗り越えられることができます!周りの人に相談してみましょう!きっと安心することができるはずです。

無痛分娩という選択肢も

それでも、不安だという人は、無痛分娩という選択肢もあります。欧米などでは普及率が高いですが、近年では日本でも少しずつ無痛分娩が普及されつつあります。あくまで痛みを緩和する分娩方法なので、完全に無痛と言う訳ではありませんが、ママの身体と心の負担を軽減できるはずです。無痛分娩にはそういうメリットと同時にリスクもありますので、お医者様と相談して決めるようにしましょう。一番大切なのは、ママが安心して出産に臨めるということですよ・・。怖いというストレスに悩んでいるのあれば、考えてみるのもいいかもしれません。

最後に

出産は、経験したことのあるママでも不安で怖いと言います。怖い気持ちがあっても良いと思います。たしかに痛いですが、最後は、感動的な瞬間が待っていることは間違いないのです。そして、無事に会えた時の安堵感もものすごくあることでしょう!出産は、ママ一人だけのものではありません。お腹の赤ちゃんは、ママ以上につらい思いをして外に出ようとしているのです。頑張って産まれてくるのです。赤ちゃんも一緒だということを忘れないようにしてみて下さい・・・。赤ちゃんと一緒なら出産はきっと乗り越えられるはずです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る