へその緒が取れた時はどうしたらいいの?対処と保管方法

へその緒は、つながっていて、赤ちゃんはへその緒を通して酸素や栄養をもらって成長します。そして、ママと赤ちゃんがつながっていた証でもあるのです。ママは、赤ちゃんのへその緒がとれるまでは、おなかあたりを恐る恐る触りながら沐浴や身体を拭いたりしていることと思います。今回はそのへその緒が取れた後の対処方法やケア、保管方法などについてまとめてみました。

へその緒が取れた後の対処法

へその緒は、病院で誕生すると出生後は、3センチほど赤ちゃんのお腹に残して切断されます。退院までに取れることもありますが、そのまま取れない場合も多くあります。通常は生後1~2週間かけてだんだんと乾いていき、茶色になって固くなり自然にポロリと取れます。
しかし、3週間たってもとれない場合でも、特に赤ちゃんに変わった様子がなければあまり心配ないでしょう。昔は頻繁に消毒するのが一般的だったへその緒ですが、最近ではアルコール消毒よりも自然乾燥させる時間を長くするように推奨する病院などもあってまちまちです。ですので、出産した病院でやり方を教えてもらうのがいいでしょう。
へその緒はいわば、傷口のようなものです。根元は肌の表面に出ているのではなく、奥に引っ込んでいるので乾燥しずらいのです。なので、その根元部分にバイ菌などがつくと炎症を起こしやすくなってしまい、痛みやかゆみなどが出てしまうことがあります。しっかり乾燥させて消毒してあげましょう!へその緒が取れたあとは、おへその奥で隠れている部分に汚れがある場合があるので、赤ちゃんを仰向けで寝ている時に、ママの人差し指と中指で赤ちゃんのおへそをゆっくり広げて、ベビーオイルや水をつけた面棒で汚れをふやかしたりしてお手入れしましょう。取れた後は、じゅくじゅくした汁が出て湿っていることがありますが、だんだんと乾燥してきます。しかし、しばらくたってもじゅくじゅくが続いている場合は、病院を受診するようにしましょう。また赤みや変なにおいがある時も同じです。
へその緒には血管が通っています。そのため、取れたばかりの時や完全に塞がっていなかったり乾ききっていないと、血管から少し出血することがありますが、少量ですぐに止まるのであれば、あまり心配しなくて大丈夫です。

保管におすすめなへその緒ケース

日本では昔からへその緒を大切に保管する風習があります。桐の箱に入った自分のへその緒を見た事があるなんて人も多いでしょう。
へその緒は、妊娠中に赤ちゃんとママがつながっていた証でもあります。大切に保管しておきたいものです。少しでも長く保管しておくためには正しい保管をすることをおすすめします。最近では、オーソドックスは木製の物のほかに、プラスチック製、布製、など様々なものがあります。通気性や高級感から、昔からの風習のまま木製のものが人気です!
保管をする際には、通気性のいいものがまず良いでしょう。通気性が悪いと、湿気がでやすいのでカビが繁殖しやすくなります。せっかくのへその緒にカビが生えてしまったらとても悲しいです。桐製の箱は、昔からへその緒ケースとして使用されていて、桐は湿度を低いまま一定に保つことができる「恒湿性」という作用があります。中に保管しているものが腐りにくいという特徴があります。へその緒ケースが決まったら、乾燥させてから入れましょう!
1.しっかりと乾燥させます。
2.ガーゼなどの通気性のいい布で包んで、数日置いて乾燥させます。乾燥が足りないとカビや腐敗の原因になってしまいます。
3.十分乾燥させたら、ケースに入れて保管しましょう。
こういったケアをしてから保管すると長く保管できるので行ってから入れると良いですよ。

最後に

取れたへその緒を保管しておくという風習は、日本以外では珍しいそうで海外ではほとんど見かけません。日本の風習というのは不思議とつづくものだと感じます。いつか赤ちゃんが大きくなったときに思いでの品として見せてあげることもできますね!正しい方法で大切に保管したいものです。またほとんどのママがへその緒のケアは慣れない為、不安なこともありますが、知識を知ることで正しくケアしてあげられますね!赤ちゃんのお腹を健康で清潔な状態に保ってあげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る