赤ちゃんへの影響は大丈夫?妊娠中のカラーやパーマ

最近は、妊娠中もおしゃれでいたいと思う女性が増えています。マタニティ服などもおしゃれでかわいいものがたくさんありますね!
同じ様にヘアスタイルもおしゃれを楽しみたいと思っています。また、赤ちゃんが生まれたらしばらく美容院へ行けなくなるから、出産前に美容院へ行くというのは、よく皆さんが話すことでもあります。しかし、パーマやカラーなどの薬剤が地肌についてしまったりすると、お腹の赤ちゃんによくないのではと心配もでてくることでしょう!マタニティライフを素敵に楽しく過ごすために、妊娠中のカラーやパーマについて色々知っておきましょう。そうすることで、ヘアカラーやパーマをかけたりして気分も変わってウキウキすることでしょう。

妊娠中は避けた方といわれる理由

色々調べてみると、避けた方がいいなんていう事が書いてあることがあります。はたしてほんとうなのでしょうか?避けたほうがいいと言われる理由としては、妊娠中はホルモンバランスが変化します。そういった身体の変化で、カラーが入りにくかったりかゆみが出たりし、
皮膚が敏感なってしまいます。塗料やパーマ液の薬剤で頭皮がかぶれてしまったり、美容院は刺激臭もあります。つわりの時期などはその臭いをきついと感じることもあるでしょう。気持ち悪さを感じてしまったり、ずっと同じ姿勢でいなければいけなかったりしますので、身体への負担が心配されます。こういったことが、妊娠中は避けた方がいいと言われている理由なのです。

カラー剤・パーマ液の影響は?

よくいわれるような妊娠中のカラーやパーマが薬剤など皮膚から吸収されてお腹の赤ちゃんに影響を及ぼすという医学的根拠はないのです。また、毛穴から薬剤が浸透するなどということもありません。皮膚から吸収される物とは、もっともっと分子の細かいものなので、カラーやパーマ程度の分子では心配ありません。もし何かを吸収するというならば、毎日使っているシャンピーやコンディショナー、整髪料なども有害で使えないということになってしまうからです。気分転換を兼ねて安心して大丈夫なのです。ただ、カラー液やパーマ液などの匂いで吐き気がでたり、皮膚が敏感になることでかぶれやすくなることはあります。自分が大丈夫と思っても、臭いなどはその場になってみないとわからないものではありますね。また、自宅で行う市販のカラーリング剤やパーマ剤などは、妊娠中は避けた方がよさそうです。美容室で使用する物と事なって、強い薬剤が使われているので、妊娠中の間だけは、ちょっと贅沢して美容院などがおすすめかもしれませんよ。

まずは専門家に相談!

妊娠中は肌が敏感なので、アレルギーチェックなどもおすすめです。まずはかぶれたりしないように注意することが大切です。あらかじめ伝えておくことで、肌につけないようにしてくれたり、刺激を緩和した、カラー液やパーマ液などを使ってくれることもあります!体調や姿勢なども気にしてくれるので、時間を短くするなどの配慮をしてくれることもあります。また、美容室などで、妊娠していることを事前に伝えておくと、途中で気分が悪くなったり、お腹が張る時には休ませてもらえたりします。寒い季節などはブランケットなどを貸してもらえたりすることもできます。心配であれば、かかりつけのお医者様に相談することも良いでしょう!始める前には、妊娠していることを伝えて、相談した上で不安がなく行って下さい。

最後に

出産するとしばらく美容室へ行ったりする機会も少なくなってしまいます。カラーリングやパーマなども妊娠中にトラブルなく楽しみたいものですよね!妊娠中は予想していなかった様々なトラブルが起こりやすいものです。自分で知っておくことで、美容院へもきちんと伝えることができますね。女性は、美容室へ行くと気分がリフレッシュしたり、ストレスが解消できるものです。楽しくヘアスタイルチェンジしたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る